小5理科「天気の変化」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校教諭・尾上大悟
編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、福岡県公立小学校校長・藤井創一

小5理科「天気の変化」指導アイデア
写真AC

単元のねらい

雲の量や動きに着目して、それらと天気の変化とを関係付けて天気の変化の仕方を調べる活動を通して、それらについての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、天気の変化の仕方と雲の量や動きとの関係についての予想や仮説を基に、解決の方法を発想する力や、主体的に問題解決しようとする態度を育成する。

単元の流れ(二次 総時数 9時間)

第一次 天気と雲の関係を調べる(5時間)

① 雲と天気の様子について、気付いたことを話し合う。
② 天気と雲にはどのような関係があるのかを調べる方法について考え、計画を立てる。
③~⑤ 雲の様子と天気の変化の関係を調べる。

第二次 天気の変わり方について調べる(4時間)

① 天気の変わり方を調べる方法について考え、計画を立てる。

本単元では、「①普段何気なく見ている雲の様子と天気とを関係付けて考えること」と「②学校周辺の狭い範囲と日本全体という広い範囲での雲の様子と天気の変化の仕方を関係付けて考えること」の2つがポイントです。この2つのポイントを踏まえて、より生活に根ざした身近な自然現象として捉えられるようにしましょう。

② 気象情報を集め、天気の変化の規則性について話し合う。

第一次では、同地点でも「時間が変わる」と、雲の様子と天気が変わる、第二次では、同時刻でも「学校周辺の狭い範囲」と「日本全国という広い範囲」のように「場所が変わる」と雲の様子と天気が変わる、というように、時間的・空間的な見方・考え方を働かせながら問題を解決できるように展開します。

③ 学習したことを基に、明日の天気を予想する。
④ 学習のまとめをする。

注意!
雲を野外で観察するときは、荒天時を避けるとともに、太陽を直接見ないように指導しましょう。

単元の導入

同日・同時点の時刻が異なる写真を比較する

① 2枚の写真を比較して出てきた子供達の気付きを、共通点と差異点を基に整理していきます。

・共通点→同日、同地点
・差異点→時刻、天気、雲の量や色、動きなど

雲は動いてきたのかな?

天気と雲って関係があるのかな?

上記のように子供が疑問をもてるようにします。

空を実際に観察する

② 「今日は晴れているけど、空の様子はどうなっているかな?」
と子供達に問いかけてから観察をすることで、子供の問題解決への気持ちを高めるようにします。

活動アイディア
~資質・能力の育成を目指して~

第二次の導入は、学校周辺だけでなく他の地域の雲と天気の様子を撮影した画像を提示します。また、同時刻の日本全体の雲画像やアメダス情報の画像を提示するという手立てで授業を行います。「さらに複数日間の観察記録や、同日同時刻の雲画像・アメダスの資料を集めて調べたら、自分の予想や仮説を確かめられそうだ」という、解決の方法を発想する力を育成できるようにしましょう。

授業の展開例

第二次
① 天気の変わり方を調べる方法について考え、計画を立てる

指導のポイント

北九州市と東京都の2地点の天気の様子を提示することで、時間の経過とともに何が原因で天気が変化しているかを考えるようにします。

北九州市と東京都の2地点の天気の様子

さらに、雲画像やアメダス画像を提示することで、それぞれの地点(点)から日本全体という広い範囲(面)で見ようとする時間的・空間的な見方を働かせられるようにします。

自然事象への関わり

日本列島の雲画像・アメダス画像

北九州市は雲が多いときに雨になっているね。

4月□日の東京都の天気はどうなっているのだろう?もっと情報が欲しいな。

問題
天気は、時間とともにどのように変わっていくのだろうか。

予想
天気は時間とともに変わると思う。なぜなら、雲の量や動きで天気は変わったから。

解決方法の立案

ア 同時刻での学校周辺や他の地点での天気を調べる。
イ 同時刻での日本全体の雲画像やアメダス画像を集める。
ウ アとイの情報を3日分集める。

第二次
② 気象情報を集め、天気の変化の規則性について話し合う

解決方法のア、イについて、「学校周辺の天気」は実際に観察して記録します。「他の地点の天気」は新聞やインターネット等の映像資料を活用します。可能であるならば、パソコンのオンラインを活用して全国の5年生と情報交換する方法もあります。

観察、実験

雲画像とアメダスを見ると、雲が多いときには、どの地域も雨が降っているよ。

雨を降らせる雲は西から東に動いているね。

西の地域の天気が、時間がたつと東の地域の天気になっているよ。

結果

・天気は、時間とともに変わる。
・雲は西から東に動く。
・雲が動くと天気が変わる。

考察

雲の量が多い所で雨が降っている。雲が動くと、雨の地点も変わっていく。雲が西から東へ動くと、天気も西から東へと変わる。

結論
天気は、時間とともに西から東へと変わる。
天気の変化には、雲の量や動きが関係している。

日本全体(広い範囲)での雲の量や動きと天気の変化について結論を出した後、「他の地点の天気の様子、日本全体の雲画像やアメダス画像」と「自分の学校周辺の天気や雲の様子」を関係付けることで、より身近な自然現象だと捉えることができるようにします。

アメダス画像と学校周辺の天気の様子を関連付ける

イラスト/佐藤雅枝、横井智美

『教育技術 小五小六』2020年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号