小6算数「速さ」指導アイデア

関連タグ

執筆/神奈川県公立小学校教諭・小畠政博
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、島根県立大学教授・齊藤一弥

小6算数「速さ」指導アイデア メイン
写真AC

本時のねらいと評価規準

本時の位置 1/11

ねらい

異種の2つの量の割合として捉えられる数量の関係に着目し、速さをどのように比べるかを考えることができる。

評価規準

速さを距離(長さ)と時間の2つの量の関係に着目して考えている。

問題

AとBの電車は、どちらが速いでしょうか。

まっすぐに走っているAの電車の方が、速いと思います。

映像だと、Bの方が勢いがあるので、Bの電車が速い。

瞬間的には、Bの電車の方が速いと思います。

映像の感じだと、ビューンと速い感じがします。

Aの電車は、形が風の抵抗を受けにくそうなので、Aの電車の方が速いと思います。

速さって、どうやって比べたらよいのでしょうか。

本時の学習のねらい

「速さ」をどのように比べたらよいかを考え、説明しよう。

見通し

感覚的に速い・遅いというものだと比べられないので、何かの量を使って考えたらよいと思う。(方法の見通し)

運動会では、100m走で足が速いと言えるのは、ゴールに先に着いた方だから、時間で決めていると思う。(解決の見通し)

自力解決

A つまずいている子
感覚的に判断してしまい、イメージに執着してしまっている。

B 素朴に解いている子
100m走のときのように、時間が短ければ速いと捉え、時間に着目している。

C ねらい通りに解いている子
混み具合のときと同じように、2つの量に着目し、速さを時間と距離で考えている。

学び合いの計画

つまずいている子供に対しては、感覚的なものでは、一人ひとり速さに対する受け取り方が異なることを確認し、数や量を使って比べられる方法がないか、混み具合の学習を想起させて考えさせることが大切です。

感覚的に捉えている「速い」「遅い」ということについて、2つの量を用いて「速さ」を捉えることができることに、子供自らに気付かせることを大切にします。日常の中にある「速さ」は、例えば、「ゆっくり歩いたり、走ったりした結果、1時間で5km進んだ」となるが、ある距離(長さ)を一定の速さで走っていると捉え、算数の舞台にのせて考えることを大切にしていきましょう。

本時のノート例

本時のノート例
クリックすると別ウィンドウで開きます。

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

C1
「速い」というのは、時間がかからないことだから、時間がどれくらいかかるかで比べられると思います。駅までにかかった時間で比べます。

C2
運動会の100m走のとき、先にゴールに着いた方が「速い」となります。100mという決まった距離と時間の2つの量を使って、比べられると思います。

AとBの電車の「速さ」は、どのように比べたらよいでしょうか。

電車の形では、Aの方が速そうですが、映像で見る限り、Bの方に勢いがあるので、どうしても正しい判断をできない気がします。

運動会の100m走を思い出して考えました。10秒より9秒の方が速いので、時間で比べられると思います。駅までの時間はどれくらいですか。

速さを時間で比べるということですね。駅に着くまで、Aは5分間、Bは4分間かかりました。

時間が短い方が速いので、Bが速いと言えます。

確かに時間だけでみれば、そうかもしれませんが、AとBの電車が同じ距離(長さ)を走っているとは限らないので、距離が知りたいです。

速さを表すには、時間と距離の2つの量が必要だということですね。Aは7km、Bは5kmです。

でも、線路にもカーブがあったり減速したりと、状況によって速さが変わると思います。

平均の学習と同じように、ならして一定だと捉えないと、算数で「速さ」を表せないと思います。

なるほど。あとは、一方をそろえれば比べられますね。

評価問題
AとBの電車の速さを、1分当たりに進んだ距離(長さ)で比べてみましょう。

子供に期待する解答の具体例
A:7÷5=1.4 1分当たり1.4km
B:5÷4=1.2 1分当たり1.2km
Aの方が、1分当たり進んでいる距離が長いので、Aの方が速い。

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿
単位量当たりの大きさの学習を生かして想起し、1分当たりの比べ方ができる。その時、進んだ距離が長い方が速いと判断できる。

感想例

・今まで「速い」とか「遅い」を感覚で捉えていましたが、距離(長さ)と時間の2つの量で表現できると知り、ボールの速さなどの「時速160キロ」と言うのも、時間と距離が関係しているのかなと思いました。

・「速さ」も込み具合の学習と同じように考えて、2つの量の関係で捉えることができるとわかりました。

・自分の足の速さなど、いろいろな速さを調べてみたいと思いました。

イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』 2019年10月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号