• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【表紙の絵本画家リレーエッセー】メグ ホソキさん

2019/4/21

雑誌『教育技術  小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本画家に表紙用イラストの作画をお願いしています。本コーナーでは、その絵本画家さんに、小学生の頃の思い出を綴っていただきます。2019年5月号で運動会の様子を1枚の絵に描いてくださった、メグ ホソキさんの思い出です。

5月号表紙。1枚の絵を部分的に使用して、ガラッと違った表紙にしています。

私の子ども時代の運動会

私が子どもの頃は、運動会はたいがい10月10日体育の日というのが決まっていて、運動会の朝、少しひんやりとした空気の秋空が青く晴れていると、ちょっと面倒くさい気持ちと、なんとなく晴れがましい気持ちを交互に感じながら、玄関で運動靴の紐をギュッと結んで学校に向かったのを思い出します。

現代の子どもたちがどんな競技をするのか? よくは知りませんが、私の子ども時代は一学年揃っての男子は組み体操、女子はダンスが運動会のクライマックスだったような気がします。

その日に向けて、着々と練習を重ねて、完成に近づけていくのですが、今になれば、それは社会性を培うひとつの訓練だったことが分かるのですが、私にとっては自分の欠点を見つける時間だったと思い当たります。つまり、社会性の乏しさに気が付く時間でした。

ダンスでキマリワルイ思いをもちながら

そんな、ぼんやりしたモヤモヤを抱えながら、当時流行っていたポール・モーリアの「エーゲ海の真珠」なんて自分に似合わない曲に合わせてダンスするキマリノワルイ私の気持ちもつゆ知らず……母はどかどかとやって来て、私の目の前の人垣の間からチラチラと現れて(母はとても背が小さいので見えたり隠れたりがせせこましいのです)、これまた流行していたコダックのコンパクトカメラをこちらに向けてくるのです。

それでも、一生懸命な母の気持ちを鬱陶しくも嬉しく思ったりもしながら女子総勢130 人ほどの中の一人として、私はダンスしました。

そんなおもしろい母も亡くなって、今はもう、それも、これも、懐かしく、よい記憶です。

メグ ホソキさんが描いたもとの絵

メグ ホソキ
東京生まれのイラストレーター、絵本作家。雑誌オズマガジンの表紙イラストレーションを長年担当。女性誌・広告の分野で活躍。絵本では、柔らかな色彩と女性らしいファッショナブルな線が特徴。近著に『12 つきのおくりもの』(文・石井睦美 監修・西本鶏介 フレーベル館)がある。

『教育技術』2019年5月号より

関連する記事

その他記事一覧

保護者会で信頼を得る話の聴き方、進め方

小学校の保護者会で、相手のことを思いやるあまり援助的・指導的な話し方になると、かえって自分の話をしっかり聴いてもらっていないと保護者は感じてしまいます。個人面談…

2019/7/16

おじぎ 分離礼
正式な礼の仕方「分離礼」を指導しましょう

一学期が終わるころ、4月から始まった新しい学級はシステムが定着し、安定してくる時期です。高学年は、委員会活動、クラブ活動や異年齢交流活動など、学級の外で頑張るこ…

夏の研修会
ベテラン教師直伝!夏の研修会200%活用術

夏休み期間は、各地で「研修会」が目白押し。どの研修会に行き、どのように学び、どう活用すればよいのか、そのハウツーをご紹介します。

2019/7/13

プラスチック色鉛筆 自由課題
想像力と創造力を鍛える自由課題「色鉛筆ドロップス」

「プラスチック色鉛筆」は、ちょっとした空き時間と相性抜群の文房具です。芯が折れにくい、手が汚れにくい、などの特長があり、片付けも容易。机の中に常駐させ、いつでも…

2019/7/12

映画『風をつかまえた少年』で、学びの本質を考える

学校にも行けず、食べるものもない。アフリカの貧しい地域での過酷な状況の中、14歳の少年が一冊の本と出会い、独学で作り上げた風力発電で飢饉から村を救い未来を切り開…

2019/7/11

中野信子
「キレる」をスキルに!戦略的活用でコミュニケーションに活かそう!

「キレる」という感情は、人間にそもそも備わっているものーーそう語るのは『「キレる!」脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』の著者である脳科学者の中野…

この夏、注目の研究会(2019年7月下旬から4本)

まもなく夏季休業、教師力アップのために有効に使いたいですね。7、8月は研究会も多数開催されるので、参加して自らの学びにつなげてはいかがでしょうか。そこで7月下旬…

2019/7/3

菊池先生と林先生
この夏、見ておきたい「学ぶこと」の本質を映し出す教育映画2作品

教育の本質とは何なのか?を考えるよい機会となる教育映画『ニッポンの教育 挑む(第二部)』『林竹二の授業 ビーバー』の上映イベントを紹介します。教師の力量をどう高…

EQイメージ
保護者も気にする「教師のEQ、高いか低いか」【保護者座談会】

昨今、注目されている教師のEQ(Emotion Intelligence Quoient/心の知能指数)。EQが高い先生でよかったこと、反対に低い先生で残念だっ…

2019/7/2

ぬり絵
心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】7月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。
7月は朝顔や花火など夏にぴったりなぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご…

もっと見る