小6理科「土地のつくりと変化①」指導アイデア

関連タグ

執筆/大阪府公立小学校教諭・岩本哲也
編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、大阪府公立小学校校長・細川克寿

小6理科「土地のつくりと変化①」指導アイデア
イラストAC

単元のねらい

土地やその中に含まれるものに着目して、土地のつくりやでき方を多面的に調べる活動を通して、土地のつくりや変化についての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主により妥当な考えをつくりだす力や主体的に問題解決しようとする態度を育成します。

単元の流れ(四次 総時数13時間)

◆一次 土地のつくり(2時間)

崖がどのようなものでできているかについて、虫眼鏡や顕微鏡で礫、砂、火山灰、化石などを観察し、崖が縞模様に見える理由を探ります。

できるだけ子供が自然の事物・現象に直接触れながら学習できるようにします。遠足や移動教室などあらゆる機会を生かすとともに、博物館や資料館などの社会教育施設を活用することが考えられます。地域にある社会教育施設に問い合わせれば、地質ボーリングの資料を借りることができる場合もあります。

◆二次 土地のでき方(4時間)

土地のでき方

地層に含まれている礫が丸いのは、川原の石の形に似ているようだ。

五年生の時に学習した、「流れる水のはたらきと土地の変化」を思い出してみましょう。

火山灰があるということは、火山が関係して地層ができたんじゃないかな。

流れる水のはたらきによって、どのようにして地層ができたのだろうか。

火山の噴火によって、どのようにして地層ができたのかな。

二次では、一次での学習と五年生での「流れる水のはたらきと土地の変化」の学習との関連を図りながら、学習を進めることが大切です。複線型にグループを編成し、後に互いに調べたことを交流するという方法も考えられます。交流を通して調べたことを共有するといった、対話的な学びを展開することで考えを広げたり、深めたりできるようにしましょう。

◆三次 私たちが住む土地のつくり(2時間)
【活動アイディア例】

自分たちが住んでいる地域の土地のつくりについて調べます。

◆四次 土地の変化(5時間)

なぜ地層が傾いていたり、ずれていたりするのだろうか?

火山の活動や地震による土地の変化について調べます。

単元の終わりに期待される振り返り

自分の住んでいる地域には、大きな川や火山がないが、地層を調べてみると、地層の中に海にすむ貝の化石があったので、大昔、ここは海だったことがわかった。また、火山灰があったことから、遠くの山で、今では考えられないほどの大きな火山の噴火があったことがわかった。土地のつくりを調べ、土地の様子を想像すると、大昔にタイムスリップしたような気持ちになるね。

五年生のときに学習した「流れる水のはたらき」と、地層のでき方が関係していたね。自分の住んでいる地域の土地を調べることで、想像していたよりもかなり広い範囲に広がっていて、はるかに長い時間をかけて地層ができたということがわかった。隣の地域や日本の各地域ではどのように地層が重なり、広がっているのか調べてみたい。

授業の展開例

複数の地点の柱状図を基に、自分たちが住んでいる地域の土地のつくりを多面的に考えるようにし、地層の重なりや広がりついて、より妥当な考えをつくりだして表現できるようにしましょう。

問題
私たちが住む地域は、どのような土地のつくりになっているのだろうか。

予想

自分の住んでいる地域には、大きな川や火山がないので、いろいろな種類の地層はないんじゃないかな。

結果

空間を生かした柱状図の掲示

●空間を生かした柱状図の掲示
空間的な広がりを捉えることは、子供たちにとって難しいことであると思われます。そのため、教室等の学習室の空間を活用し、実際の方位に即して掲示するとよいでしょう。学習室の中心を学校とし、子供たちがよく知る公園や建物を天井に記しておき、資料の柱状図が、どの場所の土地のつくりを表しているか把握しやすいようにします。

考察

同じ種類の地層をつなげてみる

ほとんど同じ深さのところに、貝の化石が入った層がつながっているんだな。
砂の層をつなげているけれど、この後、どこにつなげたらいいのだろう。

深さが近いところの砂の層をつなげよう。

貝の化石が入った層をつないでみよう。

地層の傾きを調べる

貝の地層も礫の地層も、右上がりに傾いていると思う。

ボーリング資料と地層のイメージ図
ボーリング資料と地層の広がりのイメージ図

●自分の考えを基に班や全体で対話し、考えを広げたり深めたりする場面の設定
デジタルカメラやタブレットPCで複数の柱状図を撮影し、印刷した物や画像に、地層の重なりや広がりについての自分の考えを書き込み、表現できるようにする。書画カメラなどのICT機器を活用し、班や全体でどのような土地のつくりなのか考えを議論しながら、結論を導き出すようにする。

結論
流れる水のはたらきによってできた地層と、火山の噴火によってできた地層があり、広い範囲に広がっている。

次の問題

なぜ地層が傾いていたり、ずれていたりするのだろうか。

「時間的・空間的」な視点で捉える見方、「多面的」な考え方をはたらかせるポイント!

地面の下の地層の広がりを考える際には、少なくとも3地点の資料があればよいでしょう。地下何十mの地層は、およそ何年前にできたと考えられているかを事前に調べておきます。地面の深さと地層の構成物とを関係付けながら、地層の重なりや広がりを捉えるようにしましょう。土地のつくりについての考えを交流し、多面的に考えることで、より妥当な考えをつくり出す力を育成しましょう。


イラスト/高橋正輝、横井智美

『教育技術 小五小六』2019年10月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号