小5理科「流れる水のはたらき」指導アイデア

関連タグ

執筆/大阪府公立小学校教諭・金川弘希
編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、大阪府公立小学校校長・細川克寿

小5理科「流れる水のはたらき」指導アイデア
イラストAC

単元のねらい

流れる水のはたらきと土地の変化について、流れる水の速さや量に着目して、それらの条件を制御しながら調べる活動を通して、それらについての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主に予想や仮説を基に、解決の方法を発想する力や主体的に問題解決しようとする態度を育成します。

単元の流れ(三次 総時数 11時間)

◆一次 地面を流れる水のはたらき(4時間)

① 雨の日や、雨が上がった後の運動場の様子を調べる。

水がカーブを描いて流れていたよ。水が濁っているね。なぜだろう。

運動場の場所によって、地面の削られ方が違ったよ。

② 流れる水のはたらきと、地面の様子について調べる。【活動アイデア例】

◆二次 川の流れとはたらき(4時間)

① 流れる水のはたらきと、川や土地の関わりについて調べる。
② 川の流れと地形について調べる。

・本単元では、土山を使用したモデル実験をしっかり取り入れる。その際には、水の量や土山の傾斜角度等の条件を1つずつ変えて、土の削られ方や流れる水の様子の変化が捉えられるようにする。
・モデル実験を行った後には、実際の川を観察することが望ましいが、難しい場合には映像資料などを活用する。

◆三次 川とわたしたちのくらし(3時間)

① 川とわたしたちのくらしについて考える。

景観を大切にしながら、減災に取り組まないといけないね。

勉強したことが、社会とつながっているんだね。

・三次は、主に「主体的に取り組む態度」として、流れる水のはたらきと土地の変化について学んだことを、学習や生活に生かそうとする態度の涵養を目指す。
・川の氾濫などの動画を使用する場合は、被災者や子供の精神面について十分配慮する。

単元の終わりに求められる振り返り

流れる水のはたらきは、侵食・運搬だけだと思っていたけれど、堆積するということもわかり、流れる水には、侵食・運搬・堆積という3つのはたらきがあることがわかったよ。

森林は雨水を蓄えるはたらきをしているから、大切にしないといけないね。

大雨が降ったら警報が出る前に、洪水による災害に備えないといけないね。

授業の展開例

子供の日常生活と流れる水のはたらきを結び付けて授業を行うことで、「生きてはたらく知識・技能の習得」の育成を目指しましょう。

◆一次(2・3・4時)

② 流れる水のはたらきと、地面の様子について調べる。

自然事象への関わり

運動場の雨水の流れを見て、気付いたことをノートに書いておこう。

水の量によって、地面の削られ方が変わるのかな。
水の力で、地面の形を変えているのかな。
カーブでは、なぜ内側と外側で地面の変化に違いがあるのかな。

・流れる水のはたらきによって、地面がどのように変化するか考えをもてるようにするために、地面の変化を観察させ、気付きを書くようにする。

問題
流れる水には、どのようなはたらきがあるのだろうか。


予想

大雨の日のほうが、地面がでこぼこになるから、流れる水の量が多いほうが、地面を削る力が大きくなると思う。

カーブでは、外側がよく削られていたから、流れる水は、カーブの外側を削るはたらきが強いと思う。

・自分の経験や知識を踏まえて、自分がどのような視点で見て予想したのか、理由を書かせるようにする。


解決方法の立案

条件制御の考え方をはたらかせて、どのような実験方法で調べたいのかを引き出すようにする。

水の量は変えずに、直線とカーブを比べて変化がわかりやすいように、外側と内側に旗を立てよう。

水の流れを見えやすくするために、チョークの粉を流そう。

土山の傾斜の角度は変えずに、水の量だけを変化させよう。


実験

水の流れを調べる実験

水の量が多いほうが、地面の変化が大きいね。

カーブの外側のほうが、早く旗が倒れて、崖みたいになっているよ。

・タブレット端末等を活用し、流れる水の様子と地面の様子を記録する。


考察

現象だけではなく、変化した理由も書くようにしよう。

水の量や速さによって、侵食、運搬のはたらきが大きくなって、旗が倒れたんだ。
堆積のはたらきも水の勢いによって変化するね。

・実験後に動画を見ながら振り返ることで、考察がより具体的で説得力のあるものになる。


結論

流れる水には、侵食・運搬・堆積のはたらきがある。

・問題の答えになるようにする。

日常生活との関連を図るためのポイント!

本単元の最後に自分たちの暮らしにつなげることで、学習したことがどのように日常社会とつながっているのかを再確認でき、安全で便利で、よりよい人生を送るために、学習することは大事だと実感させることが大切です。


イラスト/高橋正輝、横井智美

『教育技術 小五小六』2019年10月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号