【休校 家での過ごし方提案】かんたんラテアートで科学しよう!

臨時休校により、小学生保護者からは「給食がなくて栄養状態が心配」「子どもに学習をさせるのが大変」といった声も…。
そこで一石二鳥なのが、料理しながら学習すること! 料理には、科学的な要素がたくさん含まれているのです。
元小学校教師で「ひらめきクッキング教室」を主宰する吉岡洋子さんが、親子で楽しみながらできる「ココアラテアート」の作り方と、科学ポイントを教えてくれました。

監修/(株)クック・エデュケーション代表 吉岡洋子

牛乳サイエンスで泡立てちゃおう! 3Dカフェアート

お子様が料理をするときは、保護者の方がつきそって安全に配慮して行ってください。

おうちでカフェ気分! ラテアート

「ラテアート」は、泡立てる牛乳の温度がポイントです。コツをつかめば子供でも簡単にできます!

材料と道具

  • 牛乳
  • ココア
  • 竹ぐし または つまようじ
  • ミルク泡立て器

作り方

ラテアート
  1. 牛乳70ミリリットルを電子レンジ500ワットで40秒温める。
  2. 牛乳をミルク泡立て器で泡立てる。
  3. カップに3分の1ほどココアを入れる。別の器に残ったココアをとっておく。
  4. 泡立てた牛乳をスプーンですくい、カップに入れてよく混ぜる。
  5. スプーンで泡をもう一度すくい、顔や耳などの形になるように、ココアの上にそっと落とす。
  6. 竹ぐしの先に別の器にとっておいたココアをつけ、泡の上に目、鼻、口を描いてできあがり!

動画で見る「ココアラテアートの作り方」

学習ポイント(おうちの方へ)

・牛乳は70度がベスト

70度に温めた牛乳は攪拌しやすく泡立ちやすいです。また、この温度が一番おいしいとされていて、バリスタの大会ではこの温度が重要と言われています。
温度計で牛乳の温度を計って、作ってみましょう。

・牛乳の白い色のヒミツ

牛乳に多く含まれるタンパク質や脂肪が、色に関係しています。このふたつの栄養素は牛乳の中に微粒子として存在しており、光を乱反射します。光が乱反射することで白く見えるのです(雲が白いのと同じ理由です)。

・牛乳は栄養たっぷり!

牛乳はおもに、タンパク質、脂肪、炭水化物、無機質、水分などからできています。また、少量ですがビタミンも入っています。
タンパク質には、10種類ある大切なアミノ酸がすべて含まれています。その上、牛乳は非常に消化のいい食品で、吸収もよく、栄養をとるにはとても都合のいい食品です。

株式会社クック・エデュケーションの活動についてはfacebookをご覧ください。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

先生の教養の記事一覧

雑誌最新号