小1体育「固定施設を使った運動遊び」指導のポイント

関連タグ

執  筆/神奈川県相模原市立横山小学校教諭・向田明伸
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・高田彬成、神奈川県相模原市立旭小学校校長・二宮昭夫

授業づくりのポイント

一年生の子供たちは、初めて体育の学習に取り組み、固定施設で運動遊びをすることになります。「動きたい」「やってみたい」という子供の思いを大切にして授業を構成し、「遊具で遊ぶことって楽しい」「この動きならできそう」と、十分に楽しさを味わうことができるようにしましょう。

「固定施設を使った運動遊び」では、子供が固定施設を使って、いろいろな登り下りや懸垂移行、渡り歩き、跳び下り、逆さ姿勢などをして遊ぶことで、非日常的な動きを味わうことをねらいとしています。その中で、支持や逆さ等の感覚を育てていくことが大切です。

また、固定施設での遊びは、休み時間に子供たちが学校の施設に慣れ親しみ、運動の日常化につながるものなので、安全な遊び方を身に付けなければなりません。楽しく運動遊びをするためには、順番やルールを守ったり、安全に気を付けたりしましょう。

さらに、単元後半では友達と一緒に運動遊びをすることを通して、遊びの行い方を工夫したり、いろいろな動きを見付けたりすることができるようにします。また、よい動きに視点を向け、友達の動きの真似をしながら、自分の動きの質も高めていくことができれば、ますます意欲的に取り組むことができるでしょう。

学習の進め方

学習の進め方
クリックすると別ウィンドウで開きます

※学校の施設や教具など、実態に合わせて活動内容を変更してください。

楽しみ① いろいろな遊具で遊ぼう(2~4時間目)

教師と一緒に遊んだり、いろいろな場を経験したりすることで、子供たちは自分にできそうな易しい動きを考え、身に付けることができます。以下のような、易しい場づくりを心がけることも大切です。

ジャングルジムの場

ジャングルジムの場

逆さ姿勢

逆さ姿勢

渡り歩き

渡り歩き

苦手な子供への配慮

・低い所を横に移動したり、片手を離してポーズをとったりすることなどを提示する。

身に付けたい動きの例

【登り下り】
・手足での移動
・跳び下り

【渡り歩き】
・手足での移動

【逆さ姿勢】
・ジャングルジムをくぐる動き
・足をかけて逆立ち

うんていの場

うんていの場

安全面に配慮し、うんていの下で渡り歩き (パンダ渡り) をします。

渡り歩き

苦手な子供への配慮

・最初からぶら下がれない子供には、スタートの位置に台を置く(増やす)など、易しい場を設定する。

・体を支えて移動できるよう、教師が補助する。

身に付けたい動きの例

【懸垂移行・支持】
・体を揺らして手での移動
・両手や片手で支持してポーズ

【渡り歩き】
・手足を使って動物歩き

テープが指と指の間にくるように巻いておくと、棒をつかみやすいようです。

うんていにテープが指と指の間にくるように巻いておく

登り棒の場

登り棒の場

登り

登り棒を登っている子

下り

登り棒を回って下りている子

逆さ姿勢

登り棒を逆さ姿勢で下りている子

苦手な子供への配慮

・高さ別に色違いのテープを巻き、自分に合った目標を見付けられるようにする。

・タオルや雑巾を巻き付けて節(こぶ)を作ることで、手や足をかけて登りやすくする。

身に付けたい動きの例

【登り下り】
・手足での移動
・手だけで移動
・棒につかまってポーズ

【逆さ姿勢】
・逆さでポーズ

鉄棒の場

鉄棒の場

苦手な子供への配慮

・うんていの場と同じように指と指の間にくるようにテープを巻くと、支持しやすくなる。

・体を揺らすために、伸ばす部位を助言したり、反動をつけるための補助をしたりする。

身に付けたい動きの例

【支持(手、腹、膝)】
・ぶら下がり、揺れ

【跳り下り】
・鉄棒の上からジャンプ

【逆さ姿勢】【回転】
・前回り下り、足抜き回り

安全に授業を進めるポイント

鉄棒の握り方

鉄棒の握り方親指は、必ずロックすることを指導しましょう。

〔上から握るとき〕

鉄棒の握り方|上から握る時
親指は、後ろから握る。

〔下から握るとき〕

鉄棒の握り方|下から握る時

〔横から握るとき〕

鉄棒の握り方|横から握る時

補助の仕方

補助の仕方子供の腰や膝、足首などを押さえて少しずつ慣らしましょう。

逆上がりの補助をしている先生
後ろから、腰や足首をサポートする。
子供の腰を持ち上げて鉄棒の補助をしている先生
腰を、持ち上げる。

楽しみ② 友達と一緒にいろいろな遊び方をしよう(5・6時間目)

「友達と一緒にいろいろな遊び方をしよう」では、「いろいろな遊具で遊ぼう」の活動での遊びをグループの友達と一緒に行います。

友達と一緒に活動したり、友達の動きの真似をしたりすることで、よい動きに気付くとともに、その動きをやってみようとすることにつながります。

さらに、誰とでも仲よく運動遊びをしたり、友達と協力したりする態度を育てることも期待できます。

ジャングルジムの場での運動遊び展開例

ジャングルジムで鬼遊び ルールの工夫

  • 周りから見てわかるように、鬼はビブスなどを着る。
  • けがやトラブルを防ぐために、鬼にタッチされたら、一度地面に下りてから捕まえに行く。
  • 苦手な子供でも捕まえられるように、鬼を増やす。
ジャングルジムの場

うんていの場での運動遊び展開例

手足を使ってジャンケンポン ルールの工夫

  • 苦手な子供でもジャンケンができるように、ジャンケンを行う場所は、相手と出会った場所で行う。
  • 支持する感覚を育てるために、手同士、足同士、手と足で対決することについては、出会ったときにうんていにつかまりながら、相手と話をして決める。
  • パンダでジャンケンをする際は、足で友達の手を踏まないように留意しましょう。
うんていの場

パンダでジャンケンをする際は、足で友達の手を踏まないように留意しましょう。

登り棒の場での運動遊び展開例

好きな棒で登り棒競争 ルールの工夫

  • 苦手な子供でも意欲的に取り組むことができるように、目標とする色テープは違ってよいことにする。また、節がある場や2本使用を選ぶことについても自由にする。
  • 勝敗がわかるように、色テープを触ったら「はい」などの言葉を大きな声で言う。
  • 色テープに触って、地面に下りるまでを競争としてもよい。
登り棒の場

鉄棒の場での運動遊び展開例

友達と一緒に真似っこあそび

ぶら下がり・揺れ

ぶら下がり・揺れ

跳び上がり・跳び下り

跳び上がり・跳び下り

ぶら下がり・逆さ姿勢

ぶら下がり・逆さ姿勢

逆さ姿勢・回転

逆さ姿勢・回転

真似をする友達と一緒に遊び方や揺れる回数、支持する時間などを考えたり、タイミングをとるためのかけ声を決めたりすることが大切です。いろいろな友達と真似っこ遊びをするようにしましょう。

考えたことを友達に伝えるためのポイント

一年生が入学してすぐの段階では、友達同士で話し合うことは大変難しいことです。まずは、自分ができたことや考えたことを教師に伝えられることが大切です。

教師はそれらを聞き逃さず声を拾っていき、子供たちに応えましょう。

子供たちは、ペアで手をつないで運動遊びをしたり、真似をしたりすることから始めましょう。そこから教師が、それぞれの場での身に付けたい動きを擬態語や擬音語で表現したり、掲示板に書いたりすることで、少しずつ子供自身が友達に伝えていくことにつながります。

ワクワク学習アイディア ~場の設定して~

楽しみ② 友達と一緒にいろいろな遊び方をしよう(第6時の例)

固定施設を使っていろいろな遊び方をしている様子
クリックすると別ウィンドウで開きます

評価の見取るポイント

「固定施設を使った運動遊び」では、まず運動遊びを誰とでも仲よく楽しく行っているかが重要となります。準備や片付けに進んで取り組んだり、順番やきまりをきちんと守ったりすることも忘れてはいけません。

また、子供たちが多くの動きに親しむ中で、友達のよいと思った動きの真似をしたり、自分の考えを伝えたりすることができたときに、認めてあげることが大切です。

技能面に関しては、単純に「できた」「できなかった」ではなく、一人ひとりの動きの変容を見取る必要があります。例えば、うんていの場で、足でしかジャンケンをしていなかった子供が、片手を離して手でジャンケンをしたとします。その際には、片手で体を支持できるようになったことを見取り、大いにほめます。

1つひとつの動きの変容を細かく見取ることが、教師の役割です。

「鉄棒を使った運動遊び」は単独単元で特性にふれる機会を!

本単元から「鉄棒を使った運動遊び」につなげることで、ぶら下がりや逆さ姿勢、回転の感覚をより高めることが必要となります。本単元での鉄棒の場では、あくまでも固定施設の鉄棒の場として位置付けて学習を進めましょう。

鉄棒を使った運動遊びでは、右の進め方のように、それぞれの高さに合った動きを見付けたり、いろいろな動きを組み合わせたりすることで、子供たちが特性に十分に触れられるよう進めることが大切です。

鉄棒を使った運動遊びを通して、いろいろなぶら下がりや逆さ姿勢、回転を味わえるようにしましょう。

鉄棒を使った運動遊び 学習の進め方の例

鉄棒を使った運動遊び 学習の進め方の例
クリックすると別ウィンドウで開きます

教育課程調査官からのアドバイス

国立教育政策研究所教育課程調査官・高田彬成

固定施設を使った運動遊びでは、小学校の遊具の安全な遊びの行い方を丁寧に指導しながら、施設の特色に応じたいろいろな楽しい遊び方を紹介するようにします。

鉄棒を使った場では、支持しての上がり下がり、ぶら下がりや易しい回転を繰り返し行い、鉄棒遊びの特性に触れながら楽しさを味わうことを目指します。

まずは教師が、固定施設や鉄棒を使ったいろいろな遊び方を紹介しながら、子供の「おもしろそう」「やってみたい」「私にもできそう」などの思いを膨らませます。そして、子供の中から出てきたよい動きや楽しい遊び方を大いにほめ、意欲を高めて休み時間などへの日常化につなげるようにしたいところです。

万一の落下の衝撃を和らげるためにマットを敷くことや、鉄棒を握る際に親指を下から回して握るなどの安全面に留意しながら、子供の「楽しい」「もっとやりたい」という気持ちにつなげましょう。

イラスト/栗原清・横井智美

『小一教育技術』2018年4月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号