小5 国語科「図書館を使いこなそう」全時間の板書&指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小5国語科「図書館を使いこなそう」(光村図書)の全時間の板書例、教師の発問、想定される子供の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

小五 国語科 教材名:図書館を使いこなそう(光村図書・国語 五)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/神奈川県横浜市立東汲沢小学校校長・丹羽正昇
執筆/神奈川県横浜市立藤の木小学校・阿部真央

1. 単元で身に付けたい資質・能力

ここでは、一般的な図書の分類のしかた(日本十進分類法)について知っていきます。
おおまかな分類についてはこれまでにも学習していますが、本時では、さらに詳しい分類のしかたを知っていき、本を探す際に活用できる知識を学習していきます。
分類のしかたを理解した上で、テーマやキーワードに合わせて本を探す活動を通して、これからの読書や調べ学習の際に、自分の目的に応じて複数の棚を探すことのよさや必要性にも気付くようにしていきましょう。また、4月に学習することで、今後の学習の中でも自分の目的に応じて本を探す際にこの知識を役立てていけるようにします。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

学校図書館における図書の分類のしかたを知り、テーマやキーワードに合わせて本を探す活動を行います。最初は、グループごとに与えられたテーマやキーワードで本を探していきます。
ただ探すだけでは「本探しゲーム」になってしまうので、分類のしかたの知識を生かして、予想を立ててから探すようにします。また、本を探すときに困ったことなどは学級で共有し、解決策を考えていきます。その後、一人一人が自分の興味があるテーマやキーワードで本を探す活動を行います。記録カードを準備しておき、本を読んで分かったことや出典を記録します。

分類のしかたを知るだけではなく、その知識を自分の目的に応じて活用することが大切です。
テーマやキーワードを決めて本を探す活動を通して、分類のしかたをさらに理解していくとともに、複数の棚を見ることの必要性に気が付いたり、目的に応じた本が見つからないときにどうすればよいのかを理解したりできることを目指していきます。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 分類も意識できるようにした読書記録

ここでは、これまでよりも詳しい図書館の本の分類のしかたを学習します。
本時の学習が生きるように、分類も意識できるようにした読書記録を用意します。

<例>

読書記録の記入例

このような読書記録を「類」ごとに色分けして準備します。
または、上記の読書記録とともに以下のような表も併せて準備し、読書記録を表に入れていくことでも分類を意識して読書記録をためていくことができます。

<例>

読書記録の記入表

タブレットを使って読書記録をつけると、表紙や分類のラベルなどの写真も簡単に取り入れることができます。
「類」ごとに色分けしたり表を使って分類したりすることで、ここでの学習が生かされるだけでなく、調べ学習の際に一つのテーマでもいろいろなところから調べているか、また、自分の読書の傾向などにも気付くことができます。

年度の初めの方にある学習なので、ここで学んだ図書館の本の分類を生かし年間を通して読書記録をため、今後の学習の中で活用していく見通しがもてるようにしましょう。ここでの学習をきっかけに普段の読書生活を見つめ直し、今後の読書や他教科等への学習へとつなげていけるような読書記録をためていくことが大切です。

〈対話的な学び〉 本を探すときに困ったことや気付いたことを共有する

図書の分類のしかたを分かっていても、なかなか目的に合う本を見つけられないことがあります。
これまでの経験や本時での活動から、困ったことを共有し、解決策を考えていきます。
また、本を実際に探す活動の中で気付いたことも共有します。
知識を得ることだけが目的になるのではなく、実際に自分が本を必要としているときに使える力となることが大切です。実際の児童の困り感や不安をなくし、これから本を探すときに役立てていけるようにしていきましょう。

〈深い学び〉 読書記録や情報カードを他教科等の学習に生かす

本時から始めた読書記録や情報カードに、年間を通して取り組み、国語科だけではなく、普段の読書や他教科等の学習へと生かしていきましょう。

分類のしかたを生かした「読書記録」をためていくことで、自分の読書傾向が分かり、「ここの分類の本を読むことが少ないから読んでみようかな」と普段の読書へとつなげたり、友達とおすすめの本を紹介し合ったりすることもできます。

また、「情報カード」を活用して自主学習に取り組んだり、朝の会などに調べたことを発表したりしていくことができます。他教科等で何かについて調べるときにも情報カードを活用することができます。

定期的に、読書記録や情報カードを見返したり、友達と見合ったりすることで、自分の読書生活を振り返るきっかけになったり、他の友達の本の探し方や記録の取り方、まとめ方なども参考にしたりしていくことができます。
本時1時間のみで完結するのではなく、本時の学習を1年間、また、その先へとつなげるように意識しましょう。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)「読書記録」や「情報カード」を、端末を使用して書きためる。

4.指導のアイディアでも述べたように、「読書記録」は端末を活用して記録をためていきます
また、本から分かったことは「情報カード」に書きためていきましょう。
日常的に読書に親しむために、本時の学習で終わりにせず、普段の読書や他教科等での学習へとつなげていきましょう。自分の疑問や課題に合わせて探した本を読み、分かったことを「情報カード」へ記入していきます。紙ではなく、端末を活用することで、「情報カード」の分類や並び替えがしやすくなります。

<情報カード 例>

情報カードの記入例

6. 単元の展開(1時間扱い)

 単元名: 図書館を使いこなそう

【主な学習活動】
1時
① 日本十進分類法の分け方について理解する。
グループごとに与えられたテーマやキーワードで本を探す。
本を探す際に困ったことや気付いたことを共有する。

板書例と指導アイデア

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例

まずは、これまでの学習を生かして「この本どこにあるクイズ」をします。

あたたかい地域の暮らしについて調べたいな。そのことが書いてある本はどこかな。

地域のことや土地のことは、2類だよ。

このようなクイズを何問か出し、図書館の本の分類のしかたは「日本十進分類法」で10に分けられていることを確認します。

2類には、歴史のことや昔ことの本がたくさんあるけど、あたたかい地域の暮らしの本はどこかな。

ここにあるよ。

2類には、歴史の本や土地の様子の本があるね。

ここで、2類の中でもさらに細かく分類されることを教えます。日本十進分類表の綱目表を渡し、図書館司書と協力し、細かい分類のしかたや分類ラベルの見方を確認していきます。

知識として図書の分類のしかたを知っているだけではなく、実際にテーマやキーワードなど自分の目的に応じて本を探すことが重要です。
本時では、グループで本を探す前に、綱目表を見ながらどこにありそうか予想を立ててから探します。その後に、見ていない棚も見てみて関連する本はないか探します。予想を立ててから探すことで、実際に自分の疑問や課題に合わせて本を探すときに知識を生かすことができます。

ここのグループは、「ゴミ」に関わる本を探すよ。

4類の自然に関わることのたなにありそう。

4類のどこにあるの。

45の地球のところにありそうだと思ったよ。

わたしは、5類にあるかもしれないと思ったよ。

5類は技術や機械のことだよ。あるかなあ。

51に「工事・公害」ってあるからそこにゴミに関わる本がありそうだと思ったの。

なるほど。まずは4類と5類の棚を見てみよう。

テーマやキーワードを決める際には、司書と一緒に、学校図書館の蔵書を確認し、複数の棚から本を見つけることができるものを選びましょう。
予想を立てた棚を探し終えたら、見ていない棚も見てみます。予想していなかった棚にも自分たちが探していたテーマやキーワードに関わる本があるかもしれません。他の棚から見つけられないグループには、教師と司書が予想していなかった棚から「ここにもあるよ」と声をかけていきましょう。

次に、これまでの経験や今日の活動から、困ったことや気付いたことを共有し、困ったことについては解決策を考えていきます。

テーマやキーワードに合わせて本を探すときに困ったことや気付いたことはあったかな。

今日はグループで探したからよかったけど、一人で探すときに一つの棚しか見ていなくてあまり本を集められなかったことがあるよ。

わたしも、今日グループで話していて、その棚にはないんじゃないかなっていうところを友達が言っていて、探してみたらキーワードに関わる本があってびっくりしたよ。

そうか。この問題はどうしたら解決できるかな。

本を探すときに、友達に声をかけて、どこにありそうか一緒に考えるといいよ。

あとは、司書の先生に聞いてもいいと思う。これまでにも教えてもらったことがあるよ。

友達や司書の先生にきいてみたり、一緒に探したりするとよいね。

あと、わたしたちのグループは、最初は「ゴミ」というキーワードで本を探していたんだけど、途中から「環境」というキーワードも関わりがあるんじゃないかという話になったよ。そういう風にキーワードが変わることもあるなってことに気付いたよ。

あとは、「リサイクル」とか「エコ」とかも関わるなと思ったよ。キーワードを変えて考えてみるとたくさん本があるなと思ったよ。

「海のゴミはどんなものがあるか」とかだったら、そんなにたくさんのキーワードで集めなくてもいいよね。

「ゴミを減らすためにできること」を知りたいときは、「リサイクル」とかにキーワードを変えて探したほうがいいかも。

自分の知りたいことや調べたいことに合わせて、キーワードを変えてみることも大切なんだね。

困ったことや気付いたことを共有し、これからの図書館利用に役立つようにします。

今後の学習につなげるために

集めた本を使って読書記録の書き方を確認します。

読書記録の記入例

本時では、じっくり読む時間はないので、集めた本はどの色の読書記録に書くかを確認し、綱目と本の題名、表紙や分類ラベルの写真などを記録します。
今後、自分が読んだ本に関しては、読書記録を書きためていくこと、感想や分かったこと、考えたことなども簡単に書いておくことを確認します。

また、何か疑問や課題をもって調べるときには、読書記録だけではなく、情報カードも活用することを伝えます。

情報カードの記入例

「調べること」には、自分の疑問や課題を書きます。「情報カード」は、読書記録よりも詳しく書きためていくものになります。一枚一枚の情報カードを組み合わせて、大きなテーマを解決していくイメージです。

本時での学習をきっかけにして、児童の読書生活がより豊かになるように、また、本を読んで知ったことを学習に生かしたり、自分の疑問を解決するために本を読んだりするように、この時間だけではなく1年間の見通しをもって学習を進めていくことが大切です。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア①
・小6 国語科「狂言 柿山伏」「柿山伏について」板書例&全時間の指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 7「This is for you.」指導アイデア
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア①
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア②
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号