小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小6体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「ボール運動(ネット型)」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・三浦和之
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   品川区教育委員会統括指導主事 ・唐澤好彦

単元名

1・2・アタックバレー(ソフトバレーボール)

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
ソフトバレーボールの行い方を理解するとともに、個人やチームによる攻撃と守備によって、簡易化されたゲームをすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
ルールを工夫したり、自己やチームの特徴に応じた作戦を選んだりするとともに、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
ソフトバレーボールに積極的に取り組み、ルールを守り助け合って運動をしたり、勝敗を受け入れたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や用具の安全に気を配ったりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

高学年のボール運動は、ルールや作戦を工夫したり、集団対集団の攻防によって仲間と力を合わせて競い合ったりする楽しさや喜びを味わうことができる運動です。

ネット型では、ネットで区切られたコートの中で、ボール操作とボールを持たないときの動きによって攻防を組み立てたり、相手コートに向かって片手、両手もしくは用具を使ってボールなどを返球したりして、一定の得点に早く達することを競い合うことを課題としたゲームです。

ソフトバレーボールでは、操作しやすいボールを用いたり、ボール操作についての制限を緩和したりすることを通して、連係プレイによる攻撃やそれに対応する守備がしやすくなるように簡易化されたゲームをします。

単元の初めの段階では子供の考えを生かしながらルールを決めて、簡単なボール操作で誰もが楽しくゲームに参加できるようにします。

後半では、連携プレイによる攻撃や相手が捕りにくいボールを打ち返すような簡易化されたゲームができるようにするとともに、作戦や練習を選ぶなどの学習を進められるようにします。

〈感染症対策〉
授業を行う際には、地域の感染状況に応じて、以下の新型コロナウイルス感染症対策を講じることが考えられます。
・子供たちに授業前後の手洗いを徹底する。
・決まったグループで活動し、対戦チームを固定する。
・活動中は不必要に大声を出さないようにする。
・集合、整列時は子供どうしの適切な間隔を確保する。 など

単元計画(例)

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア 単元

楽しく運動をしよう

3段攻撃を楽しもう

まずは簡単なルールを提示し、ゲームやゲームにつながる運動を行いながら「ソフトバレーボール」の楽しさを味わうとともに、運動の行い方を理解できるようにします。

本単元では、3段攻撃で相手にボールを返すことを意識できるようにしていくとともに、みんなが楽しむことのできるルールになるように検討し、誰もが積極的にソフトバレーボールに取り組めるようにしていきます。

 

運動との出合い

ルールについて

はじめのルール(実態に応じて適宜変更してください)
・1チーム5人程度。コートの中は1チーム4人。
・サーブが相手チームから自分たちのチームに移ったら、時計回りにポジションを変える(ローテーション)。
・ゲームの時間は10分間。時間でゲームを終了。
・3回以内に相手コートへ返す。

《サーブ》
・サーブは、サービスラインの後ろから山なりのサーブをする(アンダーハンドサーブあり)。
・得点をしたチームがサーブを行う。

《ボールの返し方》
・自コートに来たボールをつないで、相手コートに返す。
 1人目 キャッチ→2人目へパス(レシーブ)。
 2人目 キャッチ→3人目へフワッと投げる(トス)。
 3人目 相手コートへはじく(アタック)。
・ボールをキャッチした人は、歩くことはできない。

《得点》
・ミスなどにより3回以内で相手コート内にボールを返せなかった場合は、相手チームに1点。

※ワンバウンドあり、キャッチあり、返球の回数、1人の触れる回数、サーブの回数など工夫して、子供の実態に応じたルールを提示して、ラリーが続くゲームをできるようにします。

ルールの工夫
単元の前半では、誰もが楽しくゲームに参加できるようにルールを工夫します。子供から出た意見を基に、子供の考えを生かしながらルールを工夫するとよいでしょう。その際、ソフトバレーボールの特性から離れない範囲でルールを工夫していくことが重要です。
 

 

ルールの工夫の例
・サーブが上手く入らない人は、サービスラインの前からサーブをしてもよい。
・キャッチではなく、はじいて3段攻撃を行うことができれば、ボーナス得点1点。
・1試合のなかで全員がアタックをすることができれば、ボーナス得点3点。
・ブロックをありにする。 など

コート

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア イラスト

・バドミントンコートを活用します。
・ポールはソフトバレー用の伸縮できるポールを活用します。
・各コートの中心付近にラインを引き、サービスラインとして活用します。

ローテーションの仕方

 

用具の工夫

ルールに応じて、子供が使いやすいボールやネットの高さを選択して提示することが重要です。

 
・50gのボール
落下速度は遅いが飛距離が伸びづらい。
ボールに対する恐怖心が少なくなる。
・100gのボール
落下速度は速いが打ったときの手応えがあり、飛距離が伸びやすい。
・ネットの高さ
ネットが低いとサーブの勢いが強くなり、ラリーが続きません。ネットを高くすることでボールの軌道が山なりになります。

フェアなプレイを守る指導の例
・ゲーム前に、「お願いします」「ありがとうございました」のあいさつを行う。
・ゲーム前に、ゲームができる感謝の握手、ゲーム後に、お互いの健闘を称える握手を行う。
・がんばろうね、ナイスプレイなどの言葉がけをしている個人やチームを賞賛する。
・チームで円陣を組む、かけ声をかけるなどを行い、チームの仲間意識を高める。
※子供どうしの接触や発声などは、地域の感染状況に応じて実施しない、工夫して実施するなど判断する。
 

 


ゲームにつながる運動

●いろいろなパス(2人組)

・パス&キャッチ
互いに落とさないようにパスを続けます。

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア イラスト

・ジャンプキャッチ
高い位置でボールをつかみます。

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア イラスト

・ジャンプタッチ
高い位置でボールを落とします。

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア イラスト

・パス&レシーブ
相手からのパスをはじいて返します。

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア イラスト

・トス&アタック
相手からのトスをアタックではじいて返します。

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア イラスト

●いろいろなパス(チーム)

・手つなぎパス
手をつないだまま、ヘディングや手足で落とさないようにボールをつなぎます。

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア イラスト

・円陣ラリー
チームで輪になり、落とさないようにパスを続けます。このときに仲間の名前を言いながらパスをすることで、ねらいを定めてパスをしたり、お見合いによるレシーブミスを減らしたりできます。

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア イラスト

・対面ラリー
チームを2つに分け、対面してラリーを行います。互いに、ボールを落とさずにどれだけつなげることができるかを数えながらラリーを続けます。そのときに3段攻撃を意識すると、それぞれの役割が明確になります。

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア イラスト

 

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア②
「工夫してもっと楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/みながわこう

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小3 国語科「わたしたちの学校じまん」全時間の板書&指導アイデア
・小4外国語活動 Unit 9「This is my day.」指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 9「Who are you?」指導アイデア
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア①
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア②
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア①
・小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア②
・小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号