小6国語「『鳥獣戯画』を読む」指導アイデア

教材名:「『鳥獣戯画』を読む」光村図書

指導事項:〔知識及び技能〕(1)オ 〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)ア・ウ
言語活動:ア

執筆/神奈川県公立小学校教諭・横田和之
編集委員/文部科学省教科調査官・大塚健太郎、神奈川県公立小学校校長・丹羽正昇

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、事実と感想、意見などとの関係を叙述を基に押さえ、文章全体の構成を捉えて要旨を把握する力、筆者の論の進め方について考える力の育成を目指します。

これらの資質・能力を育成するために、次の単元である「日本文化を発信しよう」を見通した学習を想起することが考えられます。「『鳥獣戯画』を読む」の筆者の表現が、読み手に伝わるように、どのように工夫されているのかなどをしっかりと分析し、次の単元でのパンフレットにまとめる学習活動に生かすようにします。

②言語活動とその特徴

本単元の言語活動は「説明や解説などの文章を比較するなどして読み、分かったことや考えたことを、話し合ったり文章にまとめたりする」活動です。

ここでは、「日本文化を発信しよう」の学習に向け、「『鳥獣戯画』を読む」と関連させて、日本文化について説明・解説した文章を読みます。

文章を読む際には、日本文化に関わる内容だけでなく、筆者がよさをどのように説明しているのか、評価をどのように述べているのか、写真や絵の使い方など、説明の仕方で効果的だと思ったところに着目して読むことが大切です。

そのような視点で読み、友達と共有をする中で、文章全体の構成を捉えたり、論の展開について考えたりすることができます。

単元の展開(6時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①日本文化のよさを伝えるパンフレットを作るために、「『鳥獣戯画』を読む」の表現の工夫を読み、自分の表現に生かすという学習の見通しをもつ。
→アイデア1 主体的な学び

【単元】筆者の表現の工夫をとらえ、論の進め方について考えよう

第二次(2~4時)

②絵と文章を照らし合わせながら、筆者の「部分の取り上げ方」と「着目していること」を捉えながら読む。

③筆者の「絵についての評価」と「絵巻物についての評価」に着目して読み、筆者の主張とその表現方法を考える。

④筆者の「論の展開」「表現の工夫」「絵の示し方」に着目して読み、筆者の表現の意図やその効果について考える。
→アイデア2 対話的な学び

第三次(5・6時)

⑤日本文化について解説したパンフレットに生かせそうな表現の工夫について考え、まとめたことをグループで共有する。
※自分で選んだ日本文化に関する本については、学習活動の②〜④の間に関連読書を進めておくとよい。
→アイデア3 深い学び

⑥単元を振り返る。

アイデア1 目的意識を明確にし、学習活動の見通しがもてる導入の工夫

主体的な学び

「説明的な文章を読んでパンフレットを書く」という教材の特徴を生かし、導入部では、「日本文化について調べ、よさを読み手に伝えるパンフレットを作る」という学習のゴールを児童と設定します。

このゴールに向けて、「『鳥獣戯画』を読む」をどのように読んでいくか、学習計画を立てます。その際、これまでの書くことの学習を振り返ることで、文章構成や論の展開など、表現の仕方に着目する必然性をもたせることができます。

「日本文化について調べたことを上手に説明するために、事実の取り上げ方と事実に対する感想や意見の書きぶりに着目して読む」「自分の主張を読み手に伝えるための論の展開に着目して読む」など、教材文を読むための視点を明確にすることで、教材文を読むことの目的意識を明確にするとともに、資質・能力を効果的に育成することを目指します。

▼「書くこと」に関わる課題意識

アニメのよさについて伝えたいけれど、「よさ」をどのように説明すれば読んでくれた人に伝えられるだろう。

教材文を読むための視点

高畑さんは、「鳥獣戯画」のよさについて、どんなふうに説明しているのだろう。表現の仕方に着目して読んでみよう。

【着目したい表現の仕方】
・文末表現
・論の展開
・事例の取り上げ方
・評価のための語彙

矢印

【学習課題】
読み手に「日本文化は素晴らしい」と思ってもらえるパンフレットを作るために、高畑さんの文章の構成や表現から学ぼう。

【単元】
筆者の表現の工夫をとらえて読み、それをいかして書こう。

アイデア2 「読み手」として得た感想から筆者の意図に迫る活動

対話的な学び

「『鳥獣戯画』を読む」は、筆者が読者に同意を誘ったり、筆者の見解を示した後に「今度は自分たちが考える番だ」と読者自身が作品を評価することを促したりと、読者とまるで対話をするかのように書かれている点に特徴があります。

その特徴を生かし、「文章(筆者)と対話しながら読む」ことで、筆者の表現の意図に効果的に迫ることができます。具体的には、文章を読んで何かを考えたり、感想をもったりした部分を明らかにします。

その後、なぜ立ち止まって思考を巡らせたのか、その結果、筆者の主張に対して理解が深まったのかを児童自身が考えることで、表現の効果を捉えます。児童は、自分の実感を伴いながら表現の工夫を捉えることができるので、パンフレットを作る活動でも活用することができます。

自分自身で「文章と対話しながら読む」ことができない児童の支援として、感想や各自が考えた表現の意図について交流する時間を設けることも有効です。

文章を読んだ感想

「ためしに、ぱっとページをめくってごらん。」という文章の通りページをめくってみたら、高畑さんの言う通りアニメみたいに見えたよ。

矢印

児童が捉えた表現の効果

高畑さんのように、「自分がよいと思ったところを読み手に着目してもらうように、見るポイントを示す書きぶり」は、説得力を高める表現の仕方なんだな。パンフレットを書くときにぜひ使おう。

▼交流の様子

「どうだい。――見えただろう。」のところで、『鳥獣戯画』の価値が実感できたよ。

確かに、「アニメみたいだ。」と納得できたな。これも、説得力が高まる工夫なんだ。

アイデア3 身に付けた力についての自覚を促す振り返り

深い学び
深い学び

第三次では、「『鳥獣戯画』を読む」を読んだ視点を生かし、日本文化を解説したパンフレットに取り入れられそうな表現の効果についてまとめます。

振り返りの場面では、パンフレットを書く学習に向けて、筆者の意図に応じた表現の工夫や、その効果について振り返るように指導することが大切です。そうすることで、児童は、学習を通して身に付けた読むことの力を自覚することができます。

振り返りが充実することで、パンフレットを書く学習への見通しをもたせることにもなります。

▼児童自身の課題意識から振り返る

これまで文章を書くときに「相手に何を伝えたいのか分からなくなる」ことが多かったから、高畑さんの論の展開に着目して読んだよ。絵から読み取ることができる事実を説明した後に、高畑さんがどのように評価しているのかを述べる方法を参考にしたいな。

▼交流での友達の意見から表現の効果について考える

〇〇さんが、「高畑さんのように資料のどこに着目するのかを示さないと効果が薄い。」と言っていたな。そのためには、しっかりと文化について理解をしていないとできないな。

単元の振り返りの例

高畑さんの「『鳥獣戯画』から見つけたよさを事実として挙げた後に、よさについてどのような評価を自分自身がしているかを述べる。」という論の展開によって、「鳥獣戯画」の価値が高いことがよく伝わってきた。

高畑さんのように、

■もののよさを伝えるために、写真などの資料を提示すること
■提示した資料について読者に着目したいところを示すこと
■自分が考えている価値について詳しく説明した後に、評価の語彙を使って考えを述べること

がパンフレットを書くときに有効な技だと学んだ。パンフレットを書く意欲が出てきた。

イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2021年10/11月号より

【関連記事】
小6国語「『鳥獣戯画』を読む」指導アイデアシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

学級経営の記事一覧

雑誌最新号