小6国語「『鳥獣戯画』を読む」指導アイデア

関連タグ

教材名:「『鳥獣戯画』を読む」光村図書

指導事項:〔知識及び技能〕(3)オ 〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)ウ
言語活動:ア

執筆/京都府公立小学校教諭・深田知子
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈 京都市総合教育センター研修主事・藤本鈴香

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、自分の表現に生かしたい表現の工夫を捉えて読むという目的を意識し、文章と絵などの資料を結び付けて必要な情報を見付けたり、筆者の論の進め方について考えたりすることができる力の育成を目指します。

高学年では、説明的文章を読むとき、筆者が自分の考えをより適切に伝えるために、どのような事例を取り上げているのか、どのように論を進めているのかなど、説得力をもたせるための工夫について考えることが大切です。

本単元では、絵などの資料の使い方との関わりを考えて筆者が伝えたいことを捉えるとともに、取り上げたものの観点に対して、何に着目し、どのような言葉で説明や評価をしているのかを捉えることができるようにします。

②言語活動とその特徴

本単元では、「筆者のものの見方や表現の工夫を捉え、日本の文化について説明するときに生かせる表現をまとめる」という言語活動を位置付け、筆者の論の展開や表現の工夫について自分の考えをもつことを目指します。

絵と文章を照らし合わせながら読むことで、筆者が自分の見方を伝えるためにどのような工夫をしているのかを考えられるようにします。そして、自分の表現に取り入れてみたいと思ったところをまとめ、友達と報告し合うことで、次の単元の「日本文化を発信しよう」につなげられるようにしましょう。

単元の展開(6時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①これまでの学習を振り返り、「筆者のものの見方や表現の工夫を捉え、日本の文化について説明するときに生かせる表現をまとめる」という学習課題を設定し、学習計画を立てる。

【学習課題】筆者のものの見方や表現の工夫を捉え、日本の文化について説明するときに生かせる表現をまとめよう。

第二次(2~4時)

②「『鳥獣戯画』を読む」を、絵と文章を照らし合わせながら読み、内容を捉える。
→アイデア1 深い学び

③「絵」と「絵巻物」に対する筆者の評価が分かる表現に着目し、内容を捉える。

④「論の展開」「文末表現の工夫」「絵の示し方の工夫」という観点から筆者の工夫について考える。 
→アイデア2 対話的な学び

第三次(5・6時)

⑤学校図書館などを利用して日本文化について書かれた本を読み、表現の工夫に着目して書き出す。
→アイデア3 主体的な学び

⑥書き出したことを交流し、筆者の考えと表現の工夫について学んだことを振り返る。

【次単元への課題】学んだことを「日本文化を発信しよう」に生かす。

アイデア1 筆者のものの見方を捉えよう

深い学び

絵と文章を対応させながら読んでいくとき、筆者がどのように表現を工夫しているのか、子供たち自身で気付くことができるようにすることが大切です。そのために、まず、自分で絵のどこを、どのように見るかを考えます。そして、自分たちの見方と筆者の見方を比較することで、筆者の表現の工夫に着目できるようにしましょう。

このとき、絵について説明している部分と、それを評価している部分を区別することができるようにしていきます。そして、評価の言葉を付箋紙に書き出しておくことで、自分の表現に生かしたいことをまとめるときに活用できるようにします。

▼自分たちの見方と筆者の見方の比較

自分たちの見方と筆者の見方の比較

着目しているところ
・描かれているもの
・表情、ポーズ、模様
・筆づかい
・濃淡 など
評価の言葉
・抑揚のある
・のびのび ・見事 ・気品
・生き生き ・躍動している
・まるで人間みたい など

アイデア2 論の展開、表現の工夫、絵の示し方など筆者の工夫について話し合おう

対話的な学び

筆者の論の展開や表現の工夫について、子供たち一人一人が、考えをもてるようにすることが大切です。そこで、次の三つの視点を中心に、筆者の工夫についてグループで話し合うようにします。このとき、一番いいなと思う工夫を話し合うことで、様々な視点から、筆者の表現の工夫を考えられることを目指しましょう。

▼観点の例

■論の展開について
・漫画やアニメの例
・実況中継のような書き出し
■表現の工夫について
・「返し技。」「かわず投げ。」などの文末
・たたみかけるような評価の言葉
■絵の示し方について
・絵巻物を分けて示した
・つなげて再度示した

絵巻物の説明に、漫画やアニメが挙げられていることで、身近に感じられる効果があると思うよ。

そうだね。それに「なんとすてきでおどろくべきことだろう。」など、褒め称える評価の言葉を重ねて使っているよ。筆者は絵巻物が素晴らしいと思っていることがよく伝わるね。

アイデア3 日本文化について書かれた本を読み、表現の工夫についてまとめよう

主体的な学び

論の展開や表現の工夫について、自分の考えが深められるようにしていくことが大切です。そのため、学校図書館などを利用して日本文化について書かれた本を読み、表現の工夫についてさらに見付けていきます。

論の展開や表現の仕方などは、書き手によって様々です。ですから、それぞれの書き手が伝えたいことを伝えるために、どのような工夫をしているのかを見付けていきます。

教科書教材で終わるのではなく、日本文化について書かれた本を探し、絵などの資料の使い方、取り上げているもの、説明の仕方、評価の言葉など、書き手の工夫を見付けていくようにします。どのような表現の工夫があるのか、効果的な論の展開は……と、様々な文章から粘り強く探そうとする姿を目指しましょう。

▼まとめの例(表現の工夫ブック)

まとめの例(表現の工夫ブック)

論の展開や表現の工夫についてまとめるときには、「表現の工夫ブック」「説明の仕方パーフェクト」など、名前を工夫してつけてもいいですね。それを、次の単元「日本文化を発信しよう」の学習の表現に生かしていきましょう。

イラスト/斉木のりこ 横井智美

『教育技術 小五小六』2020年11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号