小4体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア

執筆/新潟県公立小学校教諭・鈴木亨
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、新潟県公立小学校校長・長谷川智

授業づくりのポイント

中学年の「小型ハードル走」では、低学年で行った「走・跳の運動遊び」を踏まえて運動の楽しさや喜びに触れ、さらに高学年の「陸上運動」につなげることが求められます。まずは、さまざまな間隔に並べられた障害物を、走りながら越えていきます。

さらにインターバル間の歩数について、同じ間隔を同じリズムで走り越える心地よさを味わいます。

次に、一定の間隔に並べられた40mの小型ハードル走を行います。自分に合ったリズムで走り越えられる間隔の場を見付けます。

さらに50m走のタイムと比較することで、より速く走り越えるために課題をもって取り組みます。また、グループの合計得点で競うことで、友達の走りを見てアドバイスする姿が見られるでしょう。

単元計画(例)

単元計画(例)

楽しむ①いろいろな場で挑戦しよう!

まずは、感覚つくりの運動を行ったり、前学年までに学習したことを確認したりしながら、小型ハードル走に必要な技能の習得をめざします。次に、さまざまな間隔に置かれた、高さや形状の異なる障害物の場を準備し、すべての場に挑戦するなかで、走り越えやすい場を確認します。その後、リレーで競い合います。

障害物を自分たちで並べたり、相手チームが並べたりすることで、ハードルが等間隔に並んだ場だとリズムよく走り越えられることに気付くようにします。

運動が苦手な子供がハードルに恐怖心を抱かないような工夫が必要です。当たっても痛くないように、板が外れるものやゴムのもの、または段ボールやコーンなどで代用するなど、教具を工夫して、安心して運動に取り組めるように配慮しましょう。

感覚つくりの運動の例

●スキップ

スキップ

腕や膝を高く上げて、大きな動きで行いましょう。

●じゃんけんグリコ

じゃんけんグリコ

じゃんけんグリコで時間内にどちらが遠くまで行けるか、競います。折り返してもよいでしょう。

●輪っかジャンプ

輪っかジャンプ

フープなどに合わせて走ります。リズムよく走りましょう。

さまざまな場で走り越えよう

さまざまな場で走り越えよう

小型ハードルリレー

小型ハードルリレー

スピードに乗ってリズムよく走り越えている子を称賛し、全体に広めましょう。リズムよく走り越えられない子には、「タンタンターン」などと、リズムを言葉で伝えてみましょう。リレーでは、自分の場や相手の場のハードルを並べることで、走りやすさや走りにくさが表出されます。

楽しむ②自分に合ったリズムで走り越えよう!

単元後半では、小型ハードルを自分に合ったリズムでより速く走り越えることを目標とします。インターバルを3歩または5歩で走ることをめざします。40m小型ハードル走(ハードル4台)と自分の50m走のタイムを比べ、40m小型ハードル走のほうが速くなるように呼びかけます。ハードルの間隔は4mから6mまで0.5mきざみで準備します。子供同士で練習したり計測したりできるようにグループを組みます。グループの合計得点で競うと、アドバイスが活発になります。

また、ほかの子との比較ではないため、運動が苦手な子が活躍することがあります。同じリズムで走り越えるとタイムが向上することや、上より前に越えるとよいことに気付く意見が出たら、全体で共有することで、さらに学びが充実していくことでしょう

自分に合ったリズムで走り越えよう

チームで競うルール

小型ハードル走

ハードル走の記録と50m走の記録で、タイム差が得点になります。ハードル走のほうが速い場合は得点を足し、遅い場合は引きます(下の得点表を参考)。チーム全員の得点の合計で競います。

得点表の例

得点表の例

子供の実態に応じて、人数の多いコースを増やしたり、誰も選択しないコースをなくしたりしましょう。

子供同士で練習

タブレットで撮影する場合は、走路の横から撮影するようにし、見るポイントもはっきりさせましょう。

4人グループの役割例
・走者 ・アドバイス ・タイム計測 ・タブレット撮影
上記の役割をローテーションします。技能よりも日頃の人間関係を考慮して、グループを組むとよいでしょう。アドバイスが苦手な子には、視点を伝えましょう。

3歩の場合のリズムの数え方

3歩の場合のリズムの数え方

走るリズムは着地を歩数に入れずに、ハードルを越えるときに「ターン」とすることを確認しましょう。


イラスト/高橋正輝、横井智美

『教育技術 小三小四』2021年8/9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号