• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

「勝ち」にこだわる本気の運動会【ぬまっち流】

2019/7/30

運動会で大きな学びを得るのに有効なのは、実は「勝ち」にこだわること。運動が苦手な子供や、争いを避ける子供にも、一生懸命チームで力を合わせて取り組むことの気持ちよさを体験させることは必要です。沼田晶弘先生(ぬまっち先生)が実践する運動会への取り組みを紹介します。

運動会イメージ
撮影/大庭正美

「本気でがんばる」ことを経験させる

運動会は、学校の一大イベント! 僕はまず子供たちにこう明言します。

「『勝っても負けても運動会』というのは俺の中にはない。運動会は競技会だ。だからこのクラスは『勝つこと』を目標にする。今は負けることは考えるな。勝つことだけを考えろ」。

そう伝え、子供たちの「勝ちたい!」という強い気持ちをつくることから始めます。その上で、「勝ちたいなら、本番だけ頑張ってもだめなんだ。勝つための準備が必要だ。準備さえすれば勝つ確率が上がるぞ」と伝えます。さらに勝つための技術を教えて、どうすれば勝てるのか徹底的に話し合わせます。すると子供たちは自ら必死で練習をするようになります。

僕は、運動会は本番だけでなく、目標に向かって時間をかけて努力した過程を含めて、本当に頑張ることの大切さを感じてほしいのです。なぜなら、努力を積み重ねて「勝利」をつかみ取った体験は、子供の自己効力感を高めることにつながると感じているからです。

子供のやる気を引き出す方法
イラスト/明野みる

足の遅い子にも役目があることを伝え戦力へと育てる

そうは言っても、5年生くらいになると、リレーや徒競走の練習をする時、足の遅い子は最初から凹んでいたりします。運動会は足の速い子しか活躍できないと思い込んでいるのです。しかし、足が遅いからといって、落ち込む必要は全くないのです。他のクラスにも、足の遅い子は必ずいます。そこで勝負をすればよいだけなのに、足の遅い子はたいてい足の速い子と自分を比べて劣等感を感じているのです。

だから僕は、「走るのが苦手な人は、苦手な人同士の勝負に勝てばいい。君たちも重要な戦力なんだ」と伝えます。そして、足の速い子の役目と遅い子の役目を教えてあげると、「それなら勝てるかも」と少しずつ前向きになってくれます。

実はクラスが勝つためには、足の遅い子ほど前向きになってもらう必要があるのです。なぜなら足の速い子は今から練習をしても大して速くなりません。しかし足の遅い子は、普段あまり運動をしていないだけなので、少し練習するだけで必ずちょっとは速くなります。そして足の遅い子が全員ちょっとずつ速くなれば、チームとしては格段に戦力アップするわけです。

走るのが苦手な子だって努力すればチームに貢献できる。そう理解させ、できない子ほど期待されるしくみをつくり、努力することに価値づけすることが勝利の鍵なのです。

「本当に努力して掴んだ『勝利』の体験は、頑張る価値に気づかせ、自己効力感を高める」

沼田晶弘先生
沼田晶弘先生 写真/下重修

沼田晶弘:1975年東京都生まれ。国立大学法人東京学芸大学付属世田谷小学校教諭。東京学芸大学教育学部卒業後、アメリカ・インディアナ州立ボールステイト大学大学院にて修士課程を修了。2006年から現職。著書に『「変」なクラスが世界を変える』(中央公論新社)他。

『小五教育技術』2018年9月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

行事記事一覧

朝会で6年生が整列を指導
整列する力を育てるための「全校朝会」ちょっとした工夫とは?

学校行事というと、大きな行事を思い浮かべがちですが、全校朝会も学校行事の1つです。新たな週の生活を頑張るぞ、という区切りの場面というだけでなく、全校の子供や教師…

2019/12/11

小学校の年末お楽しみ会を盛り上げる!楽しいゲーム5選

絶対盛り上がるお楽しみ会のアイディアを紹介します。一年生にとって二学期は、初めての行事をたくさん経験し、集団生活にも慣れてきた頃かと思います。残り三学期を楽しく…

小学校お楽しみ会演出の3ステップ

子どもたちが夢中になるお楽しみ会。そこでの学びを充実させるためには、事前の「自治的な計画」、当日の「楽しい演出」、事後の「主体的・対話的な振り返り」が必要です。…

2019/12/7

4年3組学級経営物語(17)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。子どもたちの熱意を伝え、西華祭の出し物を、禁止されているお化け屋敷の実施を決意し…

学習発表会を成功させよう【小四・水の大切さを考える】

「学習発表会」は、子供たちの自主性・自立心を育てるチャンスです。四年生の 舞台発表実践事例 「わたしたちのくらしと水」の本番までのスケジュールを追って、内容と指…

4年3組学級経営物語(16)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。 「豊かな学び」には、学習環境の豊かさ、高い知的好奇心が必要。それを実現できる「…

音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア
音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア

音楽が専科でなくて苦手な先生や、ピアノが上手に弾けない先生も心配いりません。日常の授業を使ってできそうな音楽会のネタと練習のコツについて、畠山先生からアイディア…

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

もっと見る