カウントではなくイメージで!運動会ダンスの楽しい指導法【動画】

連載
松下隼司の笑って!!エヴリディ
関連タグ

松下隼司

劇団俳優を経て、公立小学校の教壇へ。得意のダンス指導で日本一になったり、絵本作家にチャレンジしたりと、精力的な毎日を過ごす松下隼司先生。その教育観の底には、子どもも指導者も毎日楽しく、笑顔でありたいという願いがあるそうです。そんな松下先生から、笑顔のおすそわけをしてもらう本コーナー。

小学校の運動会で、全員参加の楽しい種目と言えばダンス。ダンスでは「8カウント」を使った指導法がとられることが多いのですが、実はこれはダンスが苦手な子にとっては、かなり難易度が高いのです。そこで、ダンスが苦手な子でも夢中になって取り組める、振り付けの楽しい覚え方を動画でお届けします。

指導:大阪府公立小学校教諭・松下隼司

松下先生バナー 笑って!! エヴリデイ 松下隼人

運動会ダンスはカウントではなく、イメージで!

ダンスが得意な子は、8カウントの繰り返しで上手に踊れます。

でも、ダンスが苦手な子は、8カウントを重ねれば重ねるほど、頭がこんがらがってきてしまいます。

それは、同じ8カウントなのに、動きは違うからなのです。

私自身、ダンスが苦手だったから分かるんです。

そこでひと工夫!

動きをひとつひとつイメージにして言葉で伝える

動きをイメージにして言葉で表すのです。

例えば、腕を回す振りつけがあったとします。

「この動き、何の動きに似てる?」と子どもたちに訊いてみます。

「スイカ割りに似てる!」

子どもたちは目をキラキラにして、楽しそうに踊ります。

「めっちゃ割れてるわ~! こんな大きなスイカ割れてるわ~!」

ほめればほめるほど、子どもたちは勢いよく動くようになって、上下に弾んだりジャンプしたりする子も出てきますよ。

下のような振り付けも、カウントで教えるのではなく、イメージで。

「これどんな動き? 時計? おもろいな~! これ何時? 3時? 3時と言えば? おやつね! おやつの時間は、3時!」

子どもたちは、言われなくてもピーンっと指先まで伸ばしますよ。

「おやつの時間は、3時~~!」と楽しく口ずさみながら、楽しく踊ることができます♪

運動会ダンスは、カウントではなく、振りつけのイメージを子供たちとつくりあげていく。ぜひ、試してみてくださいね。

松下隼司先生

松下隼司(まつした じゅんじ)
大阪府公立小学校教諭。第4回全日本ダンス教育指導者指導技術コンクールで文部科学大臣賞、第69回(2020年度)読売教育賞 健康・体力づくり部門で優秀賞を受賞。さらに、日本最古の神社である大神神社短歌祭で額田王賞、プレゼンアワード2020で優秀賞を受賞するなど、様々なジャンルでの受賞歴がある。小劇場を中心に10年間の演劇活動をしていた経験も。著書に、『むずかしい学級の空気をかえる 楽級経営』(東洋館出版社)絵本『ぼく、わたしのトリセツ』(アメージング出版)絵本『せんせいって』(みらいパブリッシング)がある。

イラスト/したらみ

【関連記事】
松下隼司の笑って!!エヴリディシリーズはこちら!
・ピース(PEACE)! 笑って納得の仲裁指導法【動画】
・子供同士のトラブルを楽しく防ぐ!“チュウ”はあかんよ~
・カウントではなくイメージで!運動会ダンスの楽しい指導法【動画】
・運動会定番種目、綱引きを楽しく上手に。体育・国語・調べ学習に役立つ楽しい指導法【動画】
・わがままA子に必殺!「ラブ作戦」
・新学期の始まりにぴったり! 子どもも先生も元気にリスタートできる、穴埋めクイズ!
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
松下隼司の笑って!!エヴリディ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号