小6国語「心が動いたことを十七音で表そう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「心が動いたことを十七音で表そう」(東京書籍)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)オ〔思考力、判断力、表現力等〕B(1)オ・カ 
言語活動:イ

執筆/京都府公立小学校教諭・加藤理沙
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈 京都市総合教育センター研修主事・藤本鈴香

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、生活の中で発見したことや季節を感じた出来事などから題材を選び、発見や感動を五・七・五の十七音の俳句で表す力を身に付けます。また、俳句を読み合って感想を伝え合い、自分や友達の俳句のよいところを見付けることで、工夫して表現する力を育成することを目指します。

発見や感動を俳句で表すためには、思い浮かんだ情景や出来事をどのように「五・七・五」の十七音で季語を入れて表現するか、書き表し方を工夫することが必要です。そのために、様々な俳句を読んで、言葉の選び方や順序、組み合わせ方などの工夫を見付け、自分の表現に生かしていくことができるようにします。

俳句を読んだり、作ったりすることを通して、俳句のおもしろさを感じ、日常の中で、俳句に繰り返し親しんでいけるようにします。

②言語活動とその特徴

本単元では、「心が動いたことを俳句で表す」という言語活動を位置付けます。俳句を作って、感想を伝え合う活動を単元のゴールとすることで、どのように言葉を選び、順序や組み合わせを工夫して、十七音で表現するとよいか、書き表し方について理解を深めることができるようにします。

創作した俳句を友達と読み合うことで、表現の工夫に気付き、獲得した言葉の力をこれからの表現活動に生かすことができるようにします。

単元の展開(4時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①五年生の時に短歌を作った経験や今までに俳句を作った経験を振り返り、「句会を開く」という学習の見通しをもち、学習課題を設定して、学習計画を立てる。
→アイデア1 対話的な学び

【学習課題】心が動いたことを俳句で表し、「句会」を開こう

第二次(2・3時)

②教科書や俳句に関連する本を読み、それぞれの句の情景や表現の工夫などについて考え、友達と伝え合う。

③生活の中で発見したり感動したりしたことや季節の出来事などから俳句の題材を集める。したことや見たことなどから連想し、思い浮かぶことを書き出す。
→アイデア2 深い学び

④書き出したことを基に、季語を入れて、俳句を作る。

⑤作った俳句を読み返し、言葉の順序を入れ替えたり、組み合わせを考えたり言葉を選び直したりして、俳句を仕上げる。

第三次(4時)

⑦友達と俳句を読み合い、感想を伝え合う。
→アイデア3 主体的な学び

⑧俳句作りで工夫したことや、身に付いた「言葉の力」を確かめ、学習を振り返る。

アイデア1 既習学習を振り返り、俳句を作って「句会」を開く、学習の見通しをもとう

対話的な学び

「句会」とは…?

作った俳句を読み合って、よいと思った句を選んだり、感想を伝え合ったりするのが「句会」です。作った俳句を持ち寄ったり、句会の場で時間を決めて俳句を作ったり、テーマや季語を決めて俳句を作ったりするなど、いろいろな方法があります。

俳句を作って「句会」を開く、学習の見通しをもちましょう

導入で、様々な視点から工夫して作られている俳句のモデル作品を読み、感想を伝え合うことで、「俳句作り」や「句会」のイメージをもつことができます。

短歌と俳句

五年生で学習した「五・七・五・七・七」の三十一音で表現した短歌と比べ、俳句は「五・七・五」の十七音と短く、伝えたいことをより端的に表現する必要があります。

また、俳句は季節感を表わす「季語」を必ず入れて作り、言葉の組合せを工夫するおもしろさがあります。

アイデア2 参考図書や連想メモを活用して題材を集めよう

深い学び

俳句は、「テーマ」や使う「季語」を決めて句を作ったり、自由に句を作ったりすることができます。いろいろな方法で俳句を作り、創作を楽しめるようにしましょう。

「冬の思い出」をテーマにして作ってみよう。「大そうじ」で、どんなことをしたかな。

思い浮んだことを書き出しておくと、連想を広げることができます。

▼連想メモ例「大掃除」から連想

連想メモ例「大掃除」から連想

気に入った俳句や季語を書き写して集めておくと、言葉を選ぶ際に役立ちます。 学校司書と連携し、たくさんの季語が載っている「歳時記」や「季語辞典」、「俳句に関連する本」などを用意しておくと、「題材集め」や「俳句作り」、「句会」の支援になり、学習意欲につながります。

アイデア3 「句会」を開き、感想を伝え合おう

主体的な学び

「句会」は、いろいろな進め方があります。学級の実態に応じて取り入れていきましょう。

▼「句会」の進め方例

①一人一句、短冊に書いて俳句を提出します。
・作者の名前は書きません。
・机に裏返して置いたり、ポストに入れたりするなど、投句場所を作ります。
・誰が書いたか分からないように、教師が書き換えることもよいでしょう。
②全員の俳句を読み合い、感想を伝え合います。
・季節や行事などでグループを作って読み合うのもよいでしょう。
③よいと思った俳句に投票をします。選んだ理由も発表します。
・一句を選ぶ、二~三つの句を選ぶ、○○賞を選ぶなど学級に応じて決めましょう。
④選ばれた俳句の作者を明かし、感想を交流します。

作った俳句を壁面に掲示したり、「六年○組俳句集」を作ったり、俳句コンクール等に応募したりすることも励みになります。「また作ってみたい」と、次への創作意欲につなげ、今後も俳句に親しめるようにしましょう。

・発想がおもしろい
・言葉のリズムや響きがよい
・心の動きや様子がよく伝わる言葉を選んでいる
・季語の組み合わせ方 など

俳句を評価する観点を示し、俳句を選ぶ際の視点を明確にしておくことが大切です。また、「感想カード」などを用意し、どの子も感想を受けられるようにしましょう。

【関連記事】こちらの記事も併せてお読みください!
句会ライブで目立たない子も主役に【プレバト!! 夏井先生が解説】

イラスト/斉木のりこ 横井智美

『教育技術 小五小六』2021年1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号