小4国語「ウナギのなぞを追って」指導アイデア

教材名:「ウナギのなぞを追って」(光村図書 四年下)

指導事項:〔知識・技能〕(2)イ 〔思考力、判断力、表現力等〕〕C(1)ウ、オ
言語活動:ア

執筆/香川大学教育学部附属坂出小学校教諭・片岡亜貴子
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈、前・香川県公立小学校校長・川井文代

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、自分の考えを伝えるために大切な語や文を見付けて要約し、文章の内容を端的に説明する力を付けることがねらいです。さらに、文章を読んで理解したことについて、自分の体験や既習の内容と結び付けて感想や考えをもつことができるようにします。

②言語活動とその特徴

本単元では、生き物に関する本を読み、カードを書いて友達に紹介するという言語活動を設定します。カードには、「話の概要」「興味をもったところの要約」「感想」を書きます。

同じ文章を読んでも、文章のどこに着目するか、どのような思考や感情、経験と結び付けて読むのかなどによって、一人ひとりの考えは違ってきます。興味をもった内容を端的に説明するという目的を意識して、中心となる語や文を選んで要約することが重要です。

また、文章を読んでの疑問点やさらに知りたい点などを見いだすことも大切です。見いだしたことは感想に書くようにします。作ったカードを読み合うことを通して、読書への意欲化につなげられるようにします。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

①②教材文を読んで心に残ったことを伝え合い、自分がどんなことに興味をもったのかを明確にする。言語活動を共有した後、学習計画を立てる。
→アイデア1 深い学び

【学習課題】生き物の本を読んで興味をもったことをカードにまとめて、友達に紹介しよう。

第二次(3~5時)

③④教材文から自分の興味をもったことにかかわる文章を見付けて要約し、カードに書く。興味をもったところが同じ友達と文章を読み合い、それを基に加筆修正する。
→アイデア2 対話的な学び

⑤カードを仕上げて興味をもったところが異なる友達と読み合い、気付いたことを話し合う。
→アイデア3 主体的な学び

第三次(6~8時)

⑥⑦生き物に関する本を読み、紹介カードを書く。
⑧カードを見て、興味をもった本を読む。

アイデア1 心に残ったことを伝え合い、自分がどんなことに興味をもったのかを明確にする

深い学び

教材文を読み、どんなことが心に残ったのかを短冊に書かせます。心に残った一部分だけを取り上げるのではなく、文章全体を読んで興味をもったことを書くこと、感想ではなく興味をもったことを書くことを共通理解しておきましょう。

その後、短冊を分類して題を付けることで、自分が興味をもったことを明確に捉えられるようにします。

▼心に残ったこと(興味をもったこと)の例

心に残ったこと(興味をもったこと)の例

▼題名の例

題名の例

アイデア2 自分が興味をもったことの要約のしかたについて話し合う

対話的な学び

まず、教材文のなかから自分が興味をもったことに関係のある文章や言葉を見付けて、線を引きます。そして、その部分をQ&A方式にまとめておきます。その後、Q&A方式でまとめたものを、興味をもったことが同じだった友達と交流します。

Q&A方式にすることで、自分が興味をもったことに対してどんな内容の文章や言葉が関係あるのかが明確になるとともに、文章を構造化して捉えることができます。一問ごとに一枚のカードにまとめておくと、大切な文章や言葉の吟味がしやすくなるでしょう。

▼「一つの研究に長い年月がかかること」に興味をもったグループの例

「一つの研究に長い年月がかかること」に興味をもったグループの例
「一つの研究に長い年月がかかること」に興味をもったグループの例

Bくんは、長い年月の説明で、塚本さんのことも書いているけど、80年近くということだけで、長い年月だということは伝わると思うよ。

確かにそうだけど、僕は塚本さんが36年も長い間、一つの調査を続けてきたこともすごいと思ったから、この部分は入れようと思ったんだ。

Aさんは、研究の説明で海山と新月のことを入れているよ。これは「長い年月」とは直接関係がないから、省いたほうがいいんじゃないかな。たまごの大きさが1.6ミリメートルというのは、僕も入れたいな。

なるほど。そうだね。その部分は入れないほうがいいね。私たちは二人とも「レプトセファルス」という言葉を使っているけど、カードを読んだ人は何か分からないから、説明を入れたほうがいいと思うな。

そうしよう。カードを読む相手のことも考えながら、自分の興味のあることに関係ある文章を中心にまとめていけばいいんだね。

知りたい問いに対する答えが文章中に見付からなかった場合は、その問いは「感想」に生かして、ほかの本で調べる意欲につなげていくとよいでしょう。

アイデア3 紹介カードを完成させて読み合い、気付いたことを話し合う

主体的な学び

紹介カードには、「題名」「本の概要」「自分が興味をもったところの要約」「感想」を書きます。完成させたカードを、今度は違うところに興味をもった友達と交流します。興味をもったことは違っていても、同じ文章を引用していたり、自分の紹介カードにも取り入れたい表現があったりするかもしれません。

三次で生き物の本を読んで紹介カードを書くときに生かせるように、気付いたことや真似したいことなどをたくさん見付けて伝え合えるようにしましょう。

▼紹介カード

紹介カード

イラスト/横井智美

『教育技術 小三小四』2021年1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号