• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

国語の記事一覧

1 / 5 ページ

遊びながら漢字テストで100点を取る方法【プリントつき】

一年生の漢字は全員が満点を取れなくてはなりません。「集めて、遊んで、使ってみて」学年のまとめに向けて楽しく漢字を習得させる工夫を白川静漢字教育賞受賞者の栗林育雄…

【小六国語】幸せになるためのリフレクションと、その成立条件
小六国語「幸せになるためのリフレクション」の成立条件とは

凄腕実践者・山田洋一先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、国語の授業実践例の中で、実際に機能させるための様々な工…

【先生のための学校】漢字カルタで新出漢字を確実にマスター!

この30年間、小学校の教師として、漢字学習を指導し、いろいろな方法を工夫してきました。その中で、子供たちがウキウキと楽しみながら、しかも、どの子も驚くほど確実に…

本ばなれした子どもが本を読まずにはいられなくなる方法

本を読まない子どもに本の魅力を伝える具体策を、読み聞かせのプロ教師に教えていただきました! 現代の子どもたちは、本を読まない大人に囲まれて育ち、本の面白さを知ら…

国語の授業で学級づくり
詩の授業は学級づくりに最適

小学校一年生、国語の「詩」の授業は、学級を居心地のよい場所にする絶好のチャンス。詩は一人称で書かれていることが多く、音読することで、読み手が話者と同じ気持ちを味…

2019/11/21

5年国語 図書すいせん会をしよう

5年国語「読むこと」「読書」の単元です。本を推薦するには、推薦者が対象となる作品の特徴をよく理解し、その面白さを他の読み手にも伝わるように表現することが大切です…

【構造的板書】 国語「大造じいさんとガン」 「注文の多い料理店」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の国語の「大造じいさんとガン」「注文の多い料理店」をテーマに…

国語の「深い学び」とは-気付き、変容し、表現できているか

「深い学び」とは何でしょうか? 新学習指導要領のキーワード「主体的・対話的で深い学び」の中でも、特にイメージしにくいのではないでしょうか。小三・小四の国語の授業…

【小三小四国語】物語文を教材とした「深い学び」の工夫

新学習指導要領のキーワード「主体的・対話的で深い学び」の中で、特にイメージしにくいのが「深い学び」です。ベテラン教師は、「深い学び」をどのように捉えて授業に臨ん…

5年国語 言葉を選んで、気持ちや様子を伝えよう

自分が感じたことや想像したことを基に「俳句や短歌を作り、味わう」という言語活動です。七五調を中心とする言葉の調子やリズムに親しみ、創作することで、凝縮した表現で…

1 / 5ページ