• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

国語の記事一覧

1 / 3 ページ

視写を生かしたシンプルな国語授業で語彙力、文法力を伸ばす

体全体で文の内容を読み、それを書き写しながら意味を理解していくこと。それが視写です。視写にしっかり取り組めば、子どものやる気と集中力が高まったり、先生にとっては…

2019/8/17

『ドラえもん』で授業を! 漫画を教材として活用しよう

「漫画は授業の教材として魅力がある」――そう語るのは、漫画を活用した授業実践で注目され、「学年別ドラえもん名作選」の監修者でもある、早稲田大学系属早稲田実業学校…

2019/8/15

【指導計画】5年国語 多様な情報を読み取り、自分の考えを深めよう

本単元では、自然保護のあり方に対して課題意識をもち、意見文にまとめていきます。意見文は、自分の立場を明確にしたあと、その立場から調べたことや考えたことを読み手に…

2019/8/13

くり~ごんぎつねが猟師にとどけたもの
【指導計画】4年国語「ごんぎつね」読んで考えたことを話し合おう

4年生国語「ごんぎつね」の指導計画です。叙述を根拠に話し合うことで、作品に対する理解を深めることができるようにします。また、読後の感想をまとめ、話し合うことで、…

2019/8/11

【構造的板書】 国語「次への一歩」 「新聞記事を読み比べよう」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の国語の「次への一歩」「新聞記事を読み比べよう」をテーマにし…

落ち着きのあるクラスになる!音読で学級づくり

一学期が終わる頃、いい雰囲気の学級になってきたと思ったら、夏休み明けの9月には、ソワソワ、ザワザワしたクラスに逆戻りしてしまった…。そんなときは、学級文化をいち…

樋口綾香先生
【構造的板書】 国語「世界でいちばんやかましい音」 「千年の釘にいどむ」

「構造的板書」とは、いま自分たちは何の目的のために何を考えているのか、その思考の流れが見えるように工夫した板書のこと。樋口綾香先生(大阪府公立小学校教諭)に、「…

タブレット学習
ICT活用で指導力アップ!1年生のデジタルなフラッシュカード実践

視覚的に子供を引きつけ、テンポよく言葉を出させることで、脳を活性化させ、知識を定着させる方法としてフラッシュカードがあります。それをデジタルデータとして作ってP…

2019/6/25

【指導計画】5年国語 立場を決めて話し合おう

国立教育政策研究所教育課程調査官の監修による、教科指導のアイディアと授業のヒントをまとめた指導計画例です。次時の授業にお役立てください。

2019/6/18

【指導計画】5年国語 新聞記事を書いて言葉と事実について考えよう

「新聞記事を書いて読み合い、言葉と事実について考える」という言語活動を位置付けます。事実の捉え方が、表す言葉に反映されるのだということを実感している子供は少ない…

1 / 3ページ