小1国語「すきなもの、なあに」指導アイデア

関連タグ

教材名:「すきなもの、なあに」(光村図書 一年上)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)オ 〔思考力、判断力、表現力等〕A(1) アエ
言語活動:A (2) ア

執筆/茨城大学教育学部附属小学校教諭・比佐中
編集委員/前・文部科学省教科調査官・菊池英慈、茨城県公立小学校校長・橋本浩志

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元は、一年生が自分の好きなものについて、友達に紹介する学習です。〔知識及び技能〕では「身近なことを表す語句の量を増やし、話の中で使うとともに、語彙を豊かにすること」を、〔思考力、判断力、表現力等〕では「身近なことや経験したことなどから話題を決め、伝え合うために必要な事柄を選ぶこと」「話し手が知らせたいことや自分が聞きたいことを落とさないように集中して聞くこと」を位置付けます。

②言語活動とその特徴

本単元は、既習内容の「あつまって はなそう」を受け、より具体的な事例を出しながら話したり、友達の話を聞いたりすることのできる単元です。一年生の「自分のことを話したい」「友達は、どうしてそれが好きなのか知りたい」という思いを大切にして、自分の好きなものを紹介する言語活動を設定します。

友達が紹介したことに対して、質問の時間を設定することで、相手の話を集中して聞く態度の基礎を身に付けることができます。

小1国語「すきなもの、なあに」指導アイデアのイメージイラスト

単元の展開(6時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①教師が、自分の好きなものについて紹介する。

【学習課題】すきなものを おしえてあげよう。

第二次(2~5時)

②自分の好きなものを思い浮かべる。
→アイデア1 主体的な学び

③好きなものカードに、自分の好きなものの絵を描く。

④カードを使って、ペアで好きなものを紹介する。

⑤友達の紹介に対して質問をする。

⑥グループで好きなものを紹介し合う。
→アイデア2 対話的な学び

第三次(6時)

⑦学んだことをふり返る。
→アイデア3 深い学び

アイデア1 好きなものを想起するための動作化

主体的な学び

学校の休み時間や家庭でどのような活動を行っているか、発表を促し、板書していきます。一人では思い出せなかったことも、友達の発表を聞いて思い出すきっかけとなることでしょう。

板書された活動のなかから、自分が友達に紹介したいことについて、一つ決めるよう促します。そして、その活動をするために、どんなものが必要なのかを想起させます。「どんなものを使うのですか」と問いかけながら、活動の様子などを動作化させると、必要なものが想起しやすくなるでしょう。

そして、それが自分の好きなものであることが分かり、何を紹介すればよいか見通しをもつことができます。好きなものが分かったら、B5版の白紙を配り、そのものの絵を描くよう指示します。

▼板書例

どんなことをしているのかな
・ほんよみ
・おえかき
・おりがみ
・ぴあの
・でんしゃごっこ
・しょうぎ
・ぬりえ
・なわとび
・さっかあ

▼好きなものの絵

好きなものの絵

アイデア2 集中して聞くための質問の時間

対話的な学び

好きなものを描いた「好きなものカード」を基に、まずは、ペアで発表し合います。ここでは、特に話型を示さず、グループ内で2~3回ペアを変えながら、自由に話をさせます。自分のことをたくさん話した子供たちは、次第に友達の話にも関心をもつことでしょう。

その後、「友達が紹介したことについて、質問もできるとすばらしいね」と促します。そして、教師が紹介することをモデルにして、どのような質問ができるかを共有していきます。質問内容を板書しておくと、子供たちは確認しながら質問をすることができるでしょう。

▼はじめに教師がモデルになります

私は、縄跳びを跳ぶことが好きです。

どうして好きなんですか。

いつから跳べるようになりましたか。

得意な跳び方はなんですか。

何回跳べますか。

再度、ペアで発表し合うように伝えます。お互いに質問し、それに答えることで、子供たちは、相手の話を集中して聞くことができます。そのうえで、「私は○○が好きです。○○からです」の話型を示してあげます。

その後、「たくさんの友達に聞いてもらおう」と投げかけて、グループでの交流を仕組んでいきます。たくさん話す機会を設けることで、子供たちは、自分のことを話したいという思いだけではなく、友達の話も聞きたいという思いをもつことができるようになっていきます。

アイデア3 語彙を広げていくためのふり返りの時間

深い学び

子供たちの語彙を広げるためには、「もっと友達に伝わるような言葉を使いたい」と思わせることが大切です。そこで、グループで交流した後に、「友達のお話でよかったところは、どんなところかな」と投げかけます。

子供たちは、「声が大きかった」や「はきはきとしゃべっていた」など、自分のグループの友達の紹介でよかったところを伝えることでしょう。そのうえで、教師が見とった子供たちの言葉や表現でよかった点を紹介します。

▼子供の使っていた表現

・大きさを使っていた子……Aさん、Bさん
・色を使っていた子……Cさん、Dさん、Eさん
・オノマトペを使っていた子……Fさん
・形をほかのもので表現していた子……Gさん
・「〇〇ぐらい」と比喩表現をしていた子……Hさん

「○○さんは、自分の好きなものについて、大きさも話していて分かりやすかったですね」

「色のことを話していたので、先生もどんなものなのかイメージすることができました」

「ビューンと音を表す言葉を使っていて、本当に聞こえるような感じがしました。もう一度、みんなの前で話してみましょう」

など、具体的な事例を挙げながら、言葉や表現に着目させます。そして、もう一度、自分の話した内容についてふり返る時間を設けます。子供たちは、「大きさについて、もっとくわしく話そう」や「音を表す言葉を使ってみよう」と、言葉や表現を吟味しようとすることでしょう。

こうした活動を通して、子供たちが、さらに自分の紹介したいものについて必要な事柄を考えたり、語彙を広げたりできるようにしていきます。

子供に使わせたい言葉を見とっておき、全体の前で称賛する。

イラスト/川野郁代 横井智美

『教育技術 小一小二』2020年7/8月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号