小6理科「土地のつくりと変化②」指導アイデア

関連タグ

執筆/大阪府公立小学校教諭・岩本哲也
編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、大阪府公立小学校校長・細川克寿

小6理科「土地のつくりと変化②」指導アイデア

単元のねらい

土地やその中に含まれるものに着目して、土地のつくりやでき方を多面的に調べる活動を通して、土地のつくりや変化についての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、より妥当な考えをつくりだす力や、主体的に問題解決しようとする態度を育成します。

単元の流れ(四次 総時数 13時間)

※今回は四次を中心に紹介します。

◆一次 土地のつくり(2時間)

崖がどのようなものでできているかについて、虫眼鏡や顕微鏡で礫、砂、火山灰、化石などを観察し、崖が縞模様に見える理由を探る。

◆二次 土地のでき方(4時間)

流れる水の働きや火山の噴火によって、どのようにして地層ができたかを調べる。

◆三次 わたしたちが住む土地のつくり(2時間)

自分たちが住んでいる地域の土地のつくりについて調べる。

◆四次 土地の変化(5時間)

なぜ、地層が傾いていたり、ずれていたりしたのだろうか?

火山の噴火も関係していると思うよ。

地震や火山の噴火で土地が変化するのかな?

地震が関係しているんじゃないかな。

〇地震によって、土地がどのように変化するのだろうか。
【活動アイディア例】

〇火山の噴火によって、土地がどのように変化するのだろうか。

下矢印

地震や火山の噴火によって、どのような災害が起きるのかを考え、話し合います。

単元デザイン(四次)のポイント

地震と火山の噴火に取り組む順については、子供や地域の実態に合わせてどちらから取り組んでもよいでしょう。また、複線型にグループを編成し、後に互いに調べたことを交流するという方法も考えられます。

交流を通して調べたことを共有するといった対話的な学びを展開することで、考えを広げたり、深めたりすることでより妥当な考えをつくりだすようにします。

自然災害との関連を図りながら授業を行う際、観察、実験を行うことはなかなか難しいので、図書資料や映像資料、タブレットPCなどを活用して、学習内容の理解を深めることができるようにしましょう。

資料を基に調べ、過去に起こった大きな地震や火山の活動によって土地が変化したことや、将来にも起こる可能性があることを捉えるようにします。なお、自然災害を扱う際には、それぞれの地域に応じた指導をしましょう。

単元の終わりに期待される振り返り

昔から様々な場所で、こんなに数多くの地震や火山の噴火があったとは思わなかった。地震によって地割れがあったり崖が崩れたり、火山の活動によって土地ができたりするなどが繰り返し行われ、様々な土地の変化があることがわかった。これからも地震や火山の活動はあちこちで起こり、土地の様子も変化し続けていくと思う。

地震や火山の噴火によって、一瞬で広い土地を変化させ、それが繰り返されていることがあるとわかった。土地の変化が災害につながったり、温泉や地熱発電などをもたらしたりすることを知った。いつ起こるかわからない災害に、日頃から備えておこう。自然を理解し、上手に関わっていくことが大切だ。

授業の展開例

土地の様子に着目して、地震による土地の変化を多面的に調べ、土地は地震によって変化することを理解できるようにしましょう。

問題
地震によって、土地がどのように変化するのだろうか。

・資料調べ

資料の充実
資料調べにおいて、様々な情報を入手することができるように、図書資料や映像資料、さらにはタブレットPCなどの機器も有効に使って調べ学習ができるようにする。

△△年に、○○県で大きな地震があったんだね。地震でこんなに土地の様子が変わったんだ。

動画で見ると、とても揺れたことがよくわかる。一瞬で、土地の様子が大きく変化したんだね。

調べたことを共有する・考察

調べたことの適切な記録
様々な資料から目的に応じて必要な情報を選択できるようにします。個人で、「いつ」「どこで」「どのような」、土地の変化があったかを適切に記録します。また、出典を明記するようにします。

各地の地震前後の土地の様子
クリックすると別ウィンドウで開きます

「対話的な学び」の実現
自分が調べたことをグループやクラス全体で共有したり、資料を基に議論したりして、自分の考えを広げたり深めたりすることで、土地は地震によって変化することを理解できるようにしましょう。
様々な事例における共通点や差異点を見いだすことで、「ずれる」「崩れる」「持ち上がる」「沈む」などといった、地震により変化した土地の特徴を捉えることができます。

結論
地震によって地割れが生じたり、断層が地表に現れたり崖が崩れたりして、土地が変化することがある。

「時間的・空間的」な視点で捉える見方、「多面的に考える」考え方を働かせるポイント

「いつ」「どこで」地震が起こり、地震によって土地が「どのように」変化したかといった視点で調べましょう。

昔から全国の様々な場所で地震があり、それが繰り返されて土地が変化してきたことを捉えることができるように、個人で調べたことを全体で共有する際、地図上に地震の場所を示したり、いつ地震が起こったかを明記したり、地震前後の土地の様子を掲示したりするとよいでしょう。

また、多くの事例を共有し、多面的に考えるようにしましょう。同様の見方、考え方で、火山の噴火による土地の変化についての学習も進めましょう。


イラスト/高橋正輝、横井智美

『教育技術 小五小六』2019年11月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号