新型コロナの教え方:休校明けの子供の不安はこう取り除く

特集
新型コロナ対策:新しい授業と学級づくりの知恵、続々更新中!
関連タグ

世界的な疾病禍により、かつてない長期休業に入らざるを得なかった学校が少なくありません。特殊な状況下で新年度を迎えた学級が、落ち着いて学習に入っていくためには、どのような配慮が必要でしょうか。日本学校心理学会常任理事で子育て支援・リソースポート代表の半田一郎さんに話を聞きました。

半田一郎(はんだ・いちろう)1969年、高知県生まれ。日本学校心理学会常任理事、公認心理師、臨床心理士。茨城県公認心理師協会副会長であり、同県内の小・中・高等学校でスクールカウンセラーとして活動。子育て支援・リソースポート代表として保護者や子供の支援にも当たる。

「一斉休校明け」のクラスをつくる! 「子供の心」 喫緊ケアポイント
写真AC

学校再開によって子供たちの日常が回復する

子供たちへの配慮を考えるためには、まず、この災害の特性を知ることが重要です。

例えば、震災や台風などの災害は、ある時点で災害が起きて、その後も大変な状況があるにせよ、支援が入り、日常が戻ってくる回復のプロセスが目に見えます。

それに対し、今回のコロナウイルス禍は、長期間の災害が継続している状況です。先の災害例とは異なり、現在進行形の不安に直面しているという、今までにないタイプの災害なのです。

しかも、地震や台風などは災害の影響が具体的に目に見えるのですが、ウイルスは正体が見えず、被害の状況も見えにくいため、余計に不安が大きくなってしまいます。

加えて休校中、ずっと家で過ごしたことや学童などで学校に来ていたとしても、普段と違う状況になっていたことなどが子供たちのストレスにつながっています。

とはいえ、現実にこの問題がどの程度続くかは置いたうえで、まずは学校再開によって子供たちの日常が回復するということが、安心につながっていくのです。

コロナウイルスについて分かりやすく話す

学校、学級の再開に当たっては、まず子供たちにとって身近な担任の先生が、今の状況やこのウイルスについて、子供たちに分かる言葉で話していくことがとても大事です。それが子供たちの安心につながります。

こう言うと、「医学関係のことは分からないので…」と考える先生もいると思います。

もちろん、知らないことを無理に語る必要はなく、分からないことは「分からない」と伝えるのでよいのです。

それにネット上には、公的医療機関や心理学の専門家などが、子供たちに向けて多様な資料を公開しています(資料参照)。

資料「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」(日本赤十字社)より抜粋

3つの感染症はどうつながっているの?
資料「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」(日本赤十字社)より
クリックすると別ウィンドウで開きます
第1の感染症をふせぐために
資料「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」(日本赤十字社)より
クリックすると別ウィンドウで開きます
日本赤十字社「新型コロナウイルスの 3つの顔を知ろう!」

そうしたものも活用しながら、保健の先生を中心にして、学校全体でスクールカウンセラーなどとも打ち合わせ、分かりやすく話をしてあげることが大事です。

ただし、話をするときに気を付けたいのは、命令や否定口調で話さないということです。

例えば手洗いについて、「手洗いをしないとダメだよ。コロナウイルスにかかっちゃうよ」と、つい言ってしまうかもしれません。もしそんな口調で叱られた子がいると、「あいつはコロナだ」といじめの対象になる危険が出てきます。

そうではなく、「手洗いをするとコロナをやっつけられるよ」と、プラスの方向性で話をしてあげることが大切です。

子供が「不安」「心配」と言える環境をつくる

さて、この状況下での学校再開は、学習に向き合う条件としてはかなり悪いものです。

子供たちは何より安全・安心な環境がないと、学習には向き合えません。

いじめが多いクラスでは学力が落ちることが研究で示されていますが、それは不安が強いからです。不安が強いと、「記憶が抑制される」「視野が狭くなる」といったことが起こります。つまり、学習ができる環境にならないのです。

だからこそ、先に説明した通り、まずは先生が自分の言葉で語って、日常を回復するように努めるわけです。

ただし日常を回復するというのは、今ある不安をないことにするという意味ではありません。コロナウイルスはあるのに、それをないことにしてしまうと、不安はかえって大きくなってしまいます。不安があるときには、むしろきちんと「不安」「心配」と言える状況をつくることが安心なのです。

子供たちが不安を語れるよう、まず先生が不安を語っていきましょう。「不安もあるよね」と落ち着いて語ることで、「不安はあるけれども大丈夫だ」ということが伝わります。

子供に「何か心配なこととかある?」との声かけを

それでも多様な問題が表れるでしょう。

例えば、怖くてよく眠れない、集中できないという子がいたとしたら、許容してあげることが大切です。コロナウイルスが怖いのは正常なことなのですから、その不安をまずは受け止めてあげましょう。

それが、外へ出るのが怖いというふうにつながっているとすると、不安が広がっている状況です。それに対しては、「外へ出るのは怖くないよ」と言うのではなく、「コロナウイルスが怖いんだよね」と、まずは怖さに共感してあげるのです。そのうえで、合理的な基準を示すことが大事です。

例えば3密を避けるなど、基準が示されていますから、「専門家がこう言っているね」と伝えることです。

あるいは手洗いをしない友達のことを「コロナ」と呼んだりするのも、不安なときに過剰に対処するパターンの一つです。

そのときにもまずは、「〜さんは、心配なんだね」と不安に共感してあげるのです。そうすると、子供は落ち着いてきます。

そして、そもそもは友達が嫌いなのではなく、コロナウイルスが不安なのだと分けて考えることを伝えるのです。

「〜さんが手洗いをしないから怖い」という話が出たとき、「コロナウイルスが怖いんだよね。だったら、〜さんが手洗いをしてくれたら安心だね」と話せばよいのです。

先のように、怖いと言える子はむしろ安心面が強いのですが、言葉に出せない、行動にも表れにくい子もいます。それが最も表れるのが、食欲不振、眠れない、頻尿などです。

もしそういうことに気付いたら、まずは「何か心配なこととかある?」と声をかけてあげましょう。もし答えがなかったら、「いつでも教えてね」と伝えて、時間をかけて聞いていけばよいし、もし不安なことが言えたらほめてあげましょう。

そうやって日常が戻るにつれ、楽しい時間が増えてくるはずです。ただし、楽しい活動であっても疲れにつながります。

ですから、一日の間に少しでもよいので、黙想、瞑想の時間とか、授業前に深呼吸をしてから授業に入るなどの、子供たちがリラックスできる時間をつくりましょう。

【関連記事】こちらの記事も併せてお読みください→教室で子供たちの心をリフレッシュさせる5つの方法【動画】

通常は家がリラックスの場なのですが、現状ではそうでもなかったりします。だからこそ、深いリラックスは難しいのですが、リラックスタイム、クールダウンタイムをちょこちょこ設けてあげると、子供たちも学習に集中できると思います。

持続的に学級運営をしていくことが大切

こんな状況ですので、子供たちの家族、親族、あるいは、子供自身が感染したり濃厚接触者になったりする場合もあるかもしれません。そのときに差別や偏見が生じるのは避けたいところです。

感染しても元気になって戻ってきている人は、現状、免疫ができているという考え方もあります。感染した人は汚いとか怖いとかと言うのではなく、そのようなプラスの面もあることを子供たちに伝えることは、大事なことだと思います。

万が一、亡くなる方が出るとすると、これはかなり難しい問題です。それについては、スクールカウンセラーと相談して対応を図ってほしいと思います。

最後に、今回の問題は初めての事態で、しかも今後、長期にわたると考えられます。最悪の現状があり、そこからなだらかに回復していくわけで、子供だけでなく大人も疲れるだろうと思います。

ですから、先のような配慮をしていただきつつ、持続的に学級運営をしていくことが大切です。

取材・文/矢ノ浦勝之

『教育技術 小三小四』2020年6月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号