小1国語「はなの みち」指導アイデア

関連タグ

教材名:「はなの みち」(光村図書 一年上)

指導事項:C ア、ウ
言語活動:A ア、イ

執筆/東京都公立小学校主幹教諭・須田美和子
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、東京都公立小学校校長・河村祐好

小1国語「おんどくげきをしよう」指導アイデア

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

語のまとまりに気を付けて音読したり、場面の様子に着目して、登場人物の行動を想像しながら読んだりする力を身に付けます。

②言語活動とその特徴

「はなの みち」は、それぞれの場面ごとに大きな挿絵があり、子どもたちが物語の世界に入り込んで、楽しく読み進めていくことができる教材です。挿絵を活用して場面構成を考えたり、挿絵に出てくるものや色彩から、場面や登場人物についての想像を広げたりすることもできるでしょう。

本単元では、単元のゴールに音読劇を設定します。文章を音読するだけでなく、挿絵から想像した他の動物たちの会話を取り入れるなどしながら、楽しく自分たちの「はなの みち」をつくっていきましょう。

単元の展開(6時間扱い)

主な学習活動

(1時)

①挿絵を手がかりに、場所や季節、登場人物のイメージをふくらませる。

②どんなことを伝えたらみんなと仲よくなれるか話し合う。

③教師の範読を聞き、物語の大体の内容をつかむ。

(2時)

④「『はなの みち』の おんどくげきを しよう」という学習課題を設定する。

⑤音読劇をするには、どんなことを学習したらよいか話し合う。
→アイデア1 主体的な学び

(3時)

⑥第一場面から第三場面の様子や登場人物の行動について、挿絵を活用しながら、気付いたことを話したり、音読したりする。

(4時)

⑦第二場面と第四場面を比べ、違いを考える。

⑧くまさんと周りの動物たちの様子を想像し、会話を考える。

(5時)

⑨音読劇の会話を考え、役割を分担する。

⑩グループで、発表の練習をする。
→アイデア2 深い学び
→アイデア3 対話的な学び

(6時)

⑪音読劇を発表し合う。

⑫学習を振り返る。

アイデア1 必要な学習活動を自分たちで考えさせる

主体的な学び

教材文を音読するだけでなく、自分たちが想像した動物たちの会話を入れた音読劇をすることを伝えます。一年生なりに、音読劇をするために必要なことを話し合うことで、主体的にその後の学習に取り組むことができます。

いろいろな動物さんたちが出てくる「はなの みち」の音読劇をつくって発表しよう。どうしたら、上手に音読劇ができるかな。

音読劇を見てくれる人がよくわかるように、大きな声で上手に音読したいな。

挿絵には、たくさんの動物さんたちがいるけど、お話には、くまさんの言葉しかないよ。ほかの動物さんにも、言葉があるといいんじゃないかな。

アイデア2 学んだことを生かして音読劇をつくる

深い学び

前時までに学習したことを生かし、グループで音読劇の内容を考えます。

グループで音読劇の内容を考えます

<おんどくげきの つくりかた>

①どうぶつたちの ことばを いれる ばめんを きめる。
②どうぶつたちの ことばを かんがえる。
③やくを きめる。(なれえたあ・くまさん・どうぶつたち)
④れんしゅうを する。

二場面か四場面かを選び、その場面に出てくる動物たちの会話を考えさせます。余裕があるグループは、両方の場面に取り組ませます。

うまく考えられないグループには、第四時の学習を思い出させるような助言をしましょう。

ぼくたちのグループは、四場面に、動物たちの言葉を入れようよ。花の一本道ができて、うれしそうな言葉がいいな。

このきつねさんが、りすさんに話しかけてるみたい。うれしそうに「きれいな花がいっぱいさいているよ」と言ってるのかな。

この前の時間にノートに書いた言葉も見てみようかな。

じゃあ、役を決めようか。私は、くまさんの役になりたいな。

一年生では、グループの人数が多すぎると、話合いをすることが難しくなってしまいます。3~4人くらいのグループにしましょう。
グループでの話合いが、まだ上手に進められない子もいます。よく様子を見て、みんなが納得できるように配慮しましょう。

アイデア3 ペアで練習したり、友達のよさを見付けたりする

対話的な学び

音読劇の内容が決まり、役割を分担したら、グループで練習をします。音読のポイントをわかりやすく提示しておきましょう。掲示があることで、常にポイントを意識しながら読むことができるとともに、友達の音読を聞くときの観点もはっきりします。

グループやペアで音読劇の練習をします

おんどく めいじん
・みんなに きこえる こえで
・くちを おおきく あけて
・ゆっくりと
・きもちを こめて

くまさんの「しまった。あながあいていた」は、びっくりしたみたいに、大きな声で読もうかな。

みんなの前で話すことが苦手な子も、友達からほめられて自信をもてることがあります。友達のよいところを見付けるように、声をかけましょう。

口が大きく開いていて、上手だったよ。次は、もう少し大きな声で読めると、もっとよくなるよ。

お友達がほめてくれて、うれしいな。もっと上手に読めるように、がんばって練習しよう!

けんくんは、お友達のよいところを見付けるのが上手!
「よいところ見付け名人」ですね。

互いに認め合える雰囲気作りは、国語科の授業に限らず、集団で学習する上でとても大切です。安心して学習できる雰囲気をつくりましょう。

イラスト/やひろきよみ 横井智美

『教育技術 小一小二』2019年5月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号