• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

2019年最新!組体操テクニック(基礎編)

2019/6/20

運動会の花形種目、組体操。なによりもまず、安全に演技できることが最優先です。そのために、安全性を重視しつつ、なおかつ効率的な練習の方法を紹介します。今回はまず、組み体操を行う前の基礎から、新しい「サボテン」の作り方、そしてサボテンの練習法「座・サボテン」を紹介します。

組体操技「扇」
華やかで見ごたえある組体操。安全な演技を心がけて、楽しい運動会にしたいものですね。
写真/北村瑞斗

きれいな技のために!組体操の基礎を確認

きれいな技にはポイントがあります。それを態度面と体力面にわけ、以下のような事柄を通して指導していきましょう。

態度面~気をつけの姿勢~

正しい気をつけの姿勢

態度面では、まず気を付けの姿勢(直立)のポイントを知ります。写真上の注意点をチェックしましょう。
次に、集合の仕方のポイントです。

1,移動時は走る

2,集合したら気をつけの姿勢で教師の方を向く

体力面~運動感覚と柔軟性~

腕支持感覚・平衡感覚・逆さ感覚といった、体育に必要な運動感覚と柔軟性を備えていることが大切です。
肩倒立、カエル倒立、ブリッジに継続して取り組みましょう。準備運動に位置付けるのも良いです。

新提案!サボテンの新しい作り方

サボテンは組体操で多く取り入れられている技の一つで、下段が後ろへ体を倒し、上段が前へ反り出してバランスをとる姿が美しい技です。しかし、練習当初は肩車が持ち上がらず、サボテンの練習まで到達しないことがあります。そこで、もう一つの作り方として、下段の背後から乗る方法を提案します。この方法は下段が立った状態で行うので、比較的容易に肩車を作ることができます。

新しいサボテンの作り方

①下段の脚の付け根辺りに、足をかけて乗る。
②上段が乗ったら下段は、ランドセルを背負うように脚の内側に腕を入れる。上段は前方へ出るように、下段の肩の上に重心を移動する。
③肩車になる。
④上段が立ち上がる。下段が首を抜く。
⑤下段が後ろに反り、上段が前へ反り出しながら前後のバランスをとって完成。
⑥下りるときは、土台が抱きかかえるようにする。

座・サボテンでサボテンの感覚をつかもう

組み体操の練習・座サボテン

従来のサボテンの練習では、肩車をするところから始めますが、個人によっては難しい場合もあるでしょう。 そんなときは、座った状態のサボテン練習も有効です。 サボテンを作るときに大切な3つの感覚をつかめます。
①支える位置(膝の上)がわかる。
②下段が後ろに倒れるのに合わせて、上段が前へ反り出す感覚がつかめる。
③くずすときのタイミングをつかめる。
最初は正座で始めます。慣れてきたらつま先立ちになり、太ももに傾斜をつけてみましょう。

2019年最新技は動きで魅せる!

最近では、一瞬で作る(ポップアップ型)、回転する(回転・移動型)、形が変わる(エボリューション型)、一部分が抜ける(無重力型)などの隊形変化の要素を加えたものが人気です。また、「スーパーデルタ」など、子どもたちが考え出した技も使われています。

次回【応用編】では、さらなる新技を紹介いたします。

回転ラージヒル

組体操技「回転ラージヒル」
回転移動のある技でダイナミックさを演出する組体操の技です

スーパーデルタ

組体操技「スーパーデルタ」
組体操の技の名前を自分たちで考えるのも楽しい!

指導/戸田克( 川越市立霞ケ関西小学校)、川野幸一 (川越市立川越第一小学校)、栗原龍太( 狭山市立柏原小学校 )、大澤利奈(川越市立大東西小学校)、成田雅弥( 狭山市立柏原小学校 )

『教育技術 小五小六』2019年4月号より

関連する記事

行事記事一覧

4年3組学級経営物語(17)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。子どもたちの熱意を伝え、西華祭の出し物を、禁止されているお化け屋敷の実施を決意し…

学習発表会を成功させよう【小四・水の大切さを考える】

「学習発表会」は、子供たちの自主性・自立心を育てるチャンスです。四年生の 舞台発表実践事例 「わたしたちのくらしと水」の本番までのスケジュールを追って、内容と指…

4年3組学級経営物語(16)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。 「豊かな学び」には、学習環境の豊かさ、高い知的好奇心が必要。それを実現できる「…

音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア
音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア

音楽が専科でなくて苦手な先生や、ピアノが上手に弾けない先生も心配いりません。日常の授業を使ってできそうな音楽会のネタと練習のコツについて、畠山先生からアイディア…

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

オリジナル脚本「かにむかし」イメージ
絶対ウケる!学習発表会オリジナル脚本「かにむかし」

昔話のアレンジで、自分たちらしい劇を作ってみましょう。学習発表会などで発表してみましょう。ここでは、「さるかにばなし」をアレンジした多賀先生考案の「かにむかし」…

学習発表会を子供と創る!学芸会の劇指導

芸術の秋です。この時期、学芸会を開く小学校も多いのではないでしょうか。本誌連載「特別活動のすべて」が好評の清水弘美先生が、はじめての学芸会での劇の準備や対策につ…

【セミナー動画】子どもたちが広げる組体操の可能性(埼玉県組体操協会・戸田克)

7月に開催された「全国組体操研究発表会in東京」のセミナーを動画でお届けします。『いまこそ安全!組体操 ~「高さ」から「広がり」へ!新技50~』(小社刊)などの…

もっと見る