• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

学力格差を生む教師になっていませんか?

2019/12/1

教師が子どもたちの学力格差を生まないためにできる指導方法を伝授。就学前に塾へ行ったり家庭で学習をしている子と、そうでない子がいる中、すでに学習をしている子に合わせて授業をすることは避けなくてはなりません。

執筆/大阪府追手門学院小学校講師・多賀一郎

一年生授業イメージ
撮影/浅原孝子

格差をつくりだすのは教師

うちの娘が一年生に入学したときのことです。二日目に泣いて帰ってきました。自分の名前を書けなかったのは、娘だけだったのです。担任の先生は、名前くらい書けるのが当たり前だと思っていたのです。娘以外は全員名前を書けたのですから、先生が名前を書ける前提で進めたことは正しかったのでしょうか?

僕が娘に文字を教えなかったのは、学習指導要領で、小学一年生で一から文字を教えることになっていたからです。僕が6回担任した1年生では、全て「し・つ・く・へ」等の一画で書ける文字から一つ一つ教えていきました。

1年生は、学校のスタートです。本来、一つずつ教えていかなければならないことを「わかっているもの」として進めていくことは、家庭の教育力のない子どもには酷なことになります。最初から格差をつくってしまうのです。

はじめから数字が読めて、たし算までできる子どもはたくさんいます。数字の読めない子どものほうが少ないと思います。僕の教え子で、最初から数字の読めなかった子どもの一人は、今、国立大学で准教授をしています。能力と「教わっていない」ことは関係がないのです。本来ならば能力の高いであろう子どもを、最初から置いてきぼりにして格差をつけてしまうことさえあるのです。

名前が書けない子ども

家庭任せでよいはずがない

今の保護者の多くは、入学前から読み書きできるようにしておかないといけないと思って、文字を教えます。数字くらい読めるようにしておかないとわが子が苦労するだろうと、算数教室などへ行かせて、算数の先取りをさせます。

しかし、全員ではありません。うちのようにあえて教えない家もありますが、生活に余裕がなくて、教えられないところだってあるのです。1年生のスタートの時点で、すでに教わっていることが当たり前だと教師が考えていたら、教師自身がいきなり学力格差を生み出してしまうことになるのです。塾等で学んできた子どもたちはたくさんいるでしょう。

「数字なんて全部知ってるよ」
「わかっているから、面白くない」
「たし算だってできるのにー」

などと、多くの子どもたちが言います。その子たちに合わせて授業をするなら、教師はとても楽です。めんどうな基本トレーニングに時間をかけなくてすみます。時間的な余裕も生まれます。

しかし、家庭で見てもらえない、塾にも行けない子どもたちは、どうすればよいのでしょうか。今、生活格差が生まれています。その格差は子どもたちの学力差にもつながっていくのです。もしも学校の先生たちが「家でやっているからできる」子どもたちに合わせて授業をしていったら、学力格差はますます広がっていくことでしょう。

全員100点を目指して指導する

入学して半年以上が過ぎて、子どもたちの格差は広がってきていませんか? 1年生の学習内容は、全ての子どもが100%できていなければならないものです。すべての子どもたちに100点が取れるようにすることが目標なのです。

簡単な基礎・基本のことばかりだからこそ、全員が100点を取れる必要があるのです。家でできている子どもたちに学習の焦点を当てて授業をしていたら、一部の子どもたちができないのは、子どものせい、家庭のせいにしてしまいがちです。

個人懇談で、「もう少し、おうちで見てあげてください」などということを平気で1年担任が言うのを聞いたことがあります。それは、違います。子どもたちを教えてできるようにするのは、教師に責任のあることなのです。

勉強する子どもたち

僕の言う「全員が100点」というのは、そういう意味です。実際には全員がそうなることは、とても難しいことですが、少しでも100点に近づけてあげるのが、使命だと考えてください。

1年生で100点が取れなくて80点だったとします。80%しかできない子どもは、2年生では、その80%、つまり64%になりかねません。3年ではその80%・・・。そんな計算通りに実際にはなりませんが、80点しか取れない子どもが次の年から90点に上がることは至難の業です。

子どもたち一人ひとりをていねいに見ていき、個に応じた対応をしていくことで、100点に近づけましょう。

個に応じた指導とは

時計の読めない子どもたちがいます。何度指導してもなかなか読めないのです。ある子たちは、家にデジタル式の時計しかなくて、時計を見るときは、いつも数字を読むだけでした。これでは、12進法の時計は読めません。

デジタルや12進法の時計など

家に大きな時計がある子どもがいましたが、その子も読めませんでした。あまりにも変な読み方をするので、どうしてかなと保護者と話していてわかったことがあります。その子はいつも鏡に映った時計を読んでいたのです。

このように、子どものつまずきは個々によってさまざまです。一律の指導では理解できません。子どもの記録をていねいにとっていると、個々の子どもの特徴が見えてきます。例えば、毎日の計算問題をさせているとします(僕は学校で、一日に最低30問程度は計算練習させないと定着しないと思っています)。

そうすると、いつも8+6とか7+8とかの、8の加法でまちがえていることがわかります。それならば、もう一度、8のたし算の暗算をやり直させればよいでしょう。

どうしても漢字の形のつかめない子どもでは、ディスレクシアなどのLDを疑う必要があります。レッテルを貼るのではなく、早期に見つけてあげると、今はそれに応じた学習教具や方法もたくさん見つかっていますから、それを活用すればよいでしょう。

個々の子どものニーズを見つけ出して、それに応じた指導をすることで、格差は確実に縮まっていくことでしょう。

イラスト/ニシハマカオリ

『小一教育技術』2017年12月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

授業記事一覧

小学5年6年「道徳科の授業レポート」スペシャル授業動画【教育技術小五小六1月号購入者特典PR】

道徳、5年教材『新聞投書記事「まっすぐな少年は大リーグに」』の授業実践と、6年教材『日本一短い「家族」への手紙』の授業実践の動画です。導入から終末までの授業の組…

小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業
小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業とは

凄腕実践者・前田正秀先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、算数の授業実践例の中で、実際に機能させるための様々な工…

2019/12/12

小学6年算数『量の単位(2)』教科指導のヒントとアイデア

量の単位について、1㎡と1㎤の実際の大きさを見せるなどの実感を伴った活動を導入として、単に暗記するのではなく、それぞれの接頭語は十進法を基につくられていることや…

2019/12/11

小学6年算数『量の単位(1)』教科指導のヒントとアイデア

「1か月に使う水の量」を表す単位であるkLの読み方を予想する活動を通して、これまでに学習した量の単位の仕組みを統合的に捉え、基本単位前につく「k(キロ)」などの…

2019/12/10

外国語アクティビティで使える「15分でできる英語ゲーム」2種

小学校五年生の外国語アクティビティのアイディア。ここでは、繰り返し英語表現を使えるように、身近な食べ物や形を用いたり、コミュニケーションを楽しめるようにすごろく…

【小六国語】リフレクションを促す6ステップとそれを学びのルーティンにする工夫
小学6年国語『海の命』生徒の深い学びを促す工夫と仕掛け

凄腕実践者・松山康成先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、6年国語『海の命』の授業実践例の中で、実際に機能させる…

2019/12/9

4年体育 キャッチソフトバレーボール

四年生の体育でのネット型ゲームの紹介です。ネット型ゲームは、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、得点を競い合う楽しさや喜びを味わうことのできる運動です…

2019/12/8

1年体育(鬼遊び)にげろ! おいかけろ!! わくわく どきどき おにあそび

小学1年生の体育での鬼遊びを紹介します。鬼遊びは、一定の区域で逃げたり追いかけたり、相手の陣地を取り合ったりしながら勝敗を競い合うゲームです。区域や用具などを工…

2019/12/7

小学校低学年のぬりえ|クリスマス【プリントOK】

12月はツリーやサンタをモチーフとしたクリスマスの時期にぴったりなぬり絵です。 ぬり絵があると、ちょっとした隙間時間も私語の時間にせずにすみますし、クラス全体の…

遊びながら漢字テストで100点を取る方法【プリントつき】

一年生の漢字は全員が満点を取れなくてはなりません。「集めて、遊んで、使ってみて」学年のまとめに向けて楽しく漢字を習得させる工夫を白川静漢字教育賞受賞者の栗林育雄…

もっと見る