• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

学級会の基本的な流れと進行のコツ:合意形成をスムースに行う秘訣とは

2019/9/7

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導が必要でしょうか。今回は、学級会の基本的な流れと進行のコツについて、詳しく説明します。

執筆/熊本県熊本市立公立小学校教諭・中尾聡

1.学級会の基本的な流れ

学級会の基本的な流れ
※話し合うことは、議題に応じて1~3つ程度の内容にします
出し合う→比べ合う→まとめる
クリックすると別ウィンドウで開きます

2.出し合う段階

出し合う段階では、主に次の二つの方法が考えられます。 また、高学年であれば話型にとらわれず、自分の言葉で発言できるように指導していくことも大切です。

1 本時で、意見を出し合う

出し合う段階では、自分の好き嫌いだけでなく、提案理由に沿って自分の意見が言えるようにします。

学級会

2 事前に、短冊などで出し合う

事前に出し合っておくことで、比べ合うなどの時間を多くとることができるメリットがあります。

短冊などで出し合う

3.比べ合う→まとめる(決める)段階

「比べ合う」→「まとめる(決める)」段階では、それぞれの意見の良さを比べ合いながら、学級のみんなで折り合いをつけて、合意形成を図っていきます。特に高学年では、「なぜ、その意見が出されたのか」など、相手の思いにまで聞き合うような話し合いができるようにしましょう。

4.合意形成の方法について

学級会では、安易な多数決で決定することなく、折り合いをつけて合意形成をしていく姿を目指しましょう。その際、少数意見も大切にしながら、できるだけたくさんの意見の良さを生かし合う方法を考えるようにします。合意形成の方法には、いくつかのパターンがあります。まずは、教師がそのパターンを知っておくことが大切です。

パターンA 多くの子が賛成していて、数人が反対している場合の合意形成

●優先順位をつけて妥協する「優先順位型」

合意形成のパターン

〈例〉今回は賛成の多いドッジボールを行い、次回は陣取りをするなど。

●条件を付けて合意を図る「条件付き賛成型」

合意形成のパターンA2

〈例〉反対理由をよく聞き、「○○ならば賛成できますか?」など、条件を付けて賛成を促し、合意を図る。

●意見Aを中心として、意見Bの良さを加える「追加型」

合意形成のパターンA3

〈例〉メダルをあげたいという意見に、折り紙をあげたいという意見の良さを加えて、「メダルの裏に折り紙」を添えてあげるという意見にする。

パターンB 複数の意見に絞られた場合の合意形成

●それぞれの意見を縮小して、全部行う「盛り合わせ型」

合意形成のパターンB1

〈例〉クイズ、手品、お笑いという意見を、時間を短くして全部行う。

●それぞれの意見を合わせる「合体型」

合意形成のパターンB2

〈例〉野球をやりたいという意見と、サッカーをやりたいという意見がぶつかった場合、キックベースボールをするなど。

少数意見にも耳を傾け、相手の思いまで理解し合い、合意形成を図る姿こそ、話合い活動で育てたい大切な資質・能力です。

<参考文献>『特別活動虎の巻Ⅲ』熊本県特別活動研究会編

イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2019年9月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

学校再開ガイドラインを現場目線で具体的に考える【新型コロナ対策】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、学校再開に向けて具体的な方針に悩んでいる学校も多いのではないでしょうか。感染状況が拡大傾向にある地域とそうではない地域とで…

2日目~1週間目までの「小1学級開き」担任経験者がアドバイス!

待ちに待った「入学・進級シーズン」がやってきました。子供たちが安心して学校生活を送れるよう、担任教師は準備万端で臨みたいものです。そのために心がけておきたいポイ…

初めての学年会は崩壊寸前!【5年3組学級経営物語プロローグ1】

通称「トライだ先生」こと、2年目教師・渡来勉先生の学級経営ストーリー。渡来先生は、4年から持ち上がりで5年の担任に。ところが、チーム4年としていっしょに学年づく…

新任教師へ先輩教師が伝授!新学期準備の技17【#三行教育技術】

今のうちにやっておくべきことは? 子どもの名前を覚えるにはどうしたら?
貴重なこの春休みのうちに準備しておきたいこと、考えておきたいことを三行教育技術のツイー…

入学初日の教室の空気を一気に和ませる簡単アイスブレイク【動画あり】

入学初日はワクワクとともにどの子も少し緊張ぎみ。「教育技術」記事でもおなじみ東京都公立小学校教諭・佐々木陽子先生が、教室の空気を和ませる楽しい3択クイズについて…

一年生の担任必読!4月までの準備まとめ7選

初めて小学校一年生の担任をすることになったら、かわいい子供たちと触れ合えることの期待以上に、不安な気持ちの方が大きいかもしれませんね。ここでは、入学式の段取りや…

小一担任必見!入学式後の自己紹介アイデア【動画】

新一年生との出会いを印象的に!「教育技術」記事でもおなじみ東京都公立小学校教諭・佐々木陽子先生が、子供たちとの距離がグっと近づく、担任の自己紹介アイデアを教えて…

小学校入学式始業式の黒板メッセージ6つのアイディア

小学校の新学期。朝、教室で黒板にメッセージを書いて子どもたちを迎える先生は、どのようなメッセージを書いているのでしょうか? 絵が得意ならダイナミックな黒板アート…

一年生担任の準備
一年生の担任が決まってから入学式後1週間まで「することリスト」

一年生担任の年度はじめは、やることがいっぱい。それでも優先順位をつけて計画的に進めていけば、滞りなくスタ―トが切れます。一年生担任のベテラン・南惠介先生に入学式…

2020/3/26

カリスマ教師が答える!学級経営に自信をなくしたら考えるべき4つのこと

既存の価値観に縛られない、子どもの自主性を伸ばす教育で注目を集め続けている、「ぬまっち」こと沼田晶弘先生。
「今年度の学級経営に失敗し、来年度同じ学年を持たな…

もっと見る