• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

やってみよう!学級会の基本とコツ

2019/9/7

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導が必要でしょうか。今回は、学級会の基本的な流れと進行のコツについて、詳しく説明します。

執筆/熊本県熊本市立公立小学校教諭・中尾聡

1.学級会の基本的な流れ

学級会の基本的な流れ
※話し合うことは、議題に応じて1~3つ程度の内容にします
出し合う→比べ合う→まとめる
クリックすると別ウィンドウで開きます

2.出し合う段階

出し合う段階では、主に次の二つの方法が考えられます。 また、高学年であれば話型にとらわれず、自分の言葉で発言できるように指導していくことも大切です。

1 本時で、意見を出し合う

出し合う段階では、自分の好き嫌いだけでなく、提案理由に沿って自分の意見が言えるようにします。

学級会

2 事前に、短冊などで出し合う

事前に出し合っておくことで、比べ合うなどの時間を多くとることができるメリットがあります。

短冊などで出し合う

3.比べ合う→まとめる(決める)段階

「比べ合う」→「まとめる(決める)」段階では、それぞれの意見の良さを比べ合いながら、学級のみんなで折り合いをつけて、合意形成を図っていきます。特に高学年では、「なぜ、その意見が出されたのか」など、相手の思いにまで聞き合うような話し合いができるようにしましょう。

4.合意形成の方法について

学級会では、安易な多数決で決定することなく、折り合いをつけて合意形成をしていく姿を目指しましょう。その際、少数意見も大切にしながら、できるだけたくさんの意見の良さを生かし合う方法を考えるようにします。合意形成の方法には、いくつかのパターンがあります。まずは、教師がそのパターンを知っておくことが大切です。

パターンA 多くの子が賛成していて、数人が反対している場合の合意形成

●優先順位をつけて妥協する「優先順位型」

合意形成のパターン

〈例〉今回は賛成の多いドッジボールを行い、次回は陣取りをするなど。

●条件を付けて合意を図る「条件付き賛成型」

合意形成のパターンA2

〈例〉反対理由をよく聞き、「○○ならば賛成できますか?」など、条件を付けて賛成を促し、合意を図る。

●意見Aを中心として、意見Bの良さを加える「追加型」

合意形成のパターンA3

〈例〉メダルをあげたいという意見に、折り紙をあげたいという意見の良さを加えて、「メダルの裏に折り紙」を添えてあげるという意見にする。

パターンB 複数の意見に絞られた場合の合意形成

●それぞれの意見を縮小して、全部行う「盛り合わせ型」

合意形成のパターンB1

〈例〉クイズ、手品、お笑いという意見を、時間を短くして全部行う。

●それぞれの意見を合わせる「合体型」

合意形成のパターンB2

〈例〉野球をやりたいという意見と、サッカーをやりたいという意見がぶつかった場合、キックベースボールをするなど。

少数意見にも耳を傾け、相手の思いまで理解し合い、合意形成を図る姿こそ、話合い活動で育てたい大切な資質・能力です。

<参考文献>『特別活動虎の巻Ⅲ』熊本県特別活動研究会編

イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2019年9月号より

関連する記事

クラス記事一覧

サンマをきれいに食べるためPDCAサイクルを回す
サンマをきれいに食べて学ぶこと【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。10月は旬のサンマをキレイ食べ…

2019/9/21

芸名を考えてみる
想像力と創造力を鍛える自由課題★自分の別名を考えてみよう

『自分の別名』なるものを、テストや宿題の氏名欄に書いて出す子に出会ったことはありませんか。テストに違う名前を書くこと自体は確かに問題ですが、その豊かで面白い発想…

2019/9/19

子供同士のトラブル時の保護者対応ポイント

新学習指導要領で取り上げられたガイダンス機能の充実。子供が自らの考え方や学び方を主体的に確立していくことの支援を強化する目的があります。ここでは、子供同士がトラ…

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

気になる子の月経や生理、どう支援する?~発達障害と思春期の子供の性

発達障害が気になる子の生理を理解して支援したいけれど、性の話は難しい。小学校高学年は思春期の入り口です。女性は男性に比べて、ホルモンの変化をきっかけとした 月経…

4年3組学級経営物語(13)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標…

やってみよう!学級会の基本とコツ

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導…

子供の心を伸ばす特別活動「キャリア教育」

二学期は成長の時期です。一学期のうちに固まってきた、それぞれの集団が十分に活動するときです。昨年度と同じ活動をするにしても、「何をするか」ではなく「どのようにす…

4年3組学級経営物語(12)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ダレている子、心が疲れた子、自信のない子…、先生はだれ一人見過ごさない。元気を出…

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成…

もっと見る