小4らくらくUnit 2「Let’s play cards.」②【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】

小4【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】

ゆたかな言語活動を行うためにICTを活用した授業が求められる外国語活動。しかし、様々なツールや教材を切り替えながらでは、手惑う場面もしばしばでしょう。本好利彰先生がこれまでの授業で作成してきたパワーポイント(スライド)教材は、これひとつ、授業の導入から終末までモニターに映すだけで授業を組み立てられる”お助け教材”です。「モトヨシ先生のスライドde外国語活動」で外国語活動の授業を、らくらくクオリティアップ!
今回は、Let’s Try! 2 Unit2「Let’s play cards. すきな遊びをつたえよう」の第2時のらくらく授業の進め方です。

執筆/福島県公立小学校教諭・本好利彰
監修/拓殖大学准教授・居村啓子

スライドは学級の実態にあわせて修正して使いましょう

小学校4年生の「Let’s Try! 2」のUnit2「Let’s play cards. すきな遊びをつたえよう」全3時の2時目の授業の流れです。本時も、私が作成したパワーポイント(スライド)を使った授業を紹介します。学級の実態に合わせて修正し活用してください。

パワーポイント(スライド)を使った授業の進め方

この記事の最後で、パワーポイントのファイルをダウンロードできるようになっています。必要な教師の発話やイラスト、音源などを挿入してあり、この資料を使うことで1時間の授業を行うことができるように作成してあります。このスライドを活用して、クリックしながら授業を進めてみてください。

  • クリックでスライドを進めるだけで、スムーズに授業を行えます。
  • デジタル教科書を使用する場合は、パワーポイントから切り替えてください。

目標と授業の流れ

【目標】
天気の言い方や遊びに誘う言い方に慣れ親しもう。
○世界と日本の遊びの共通点と相違点を通して、多様な考え方があることに気付くとともに、さまざまな動作、遊びや天気の言い方、遊びに誘う表現に慣れ親しむ。(知識及び技能)
○好きな遊びについて尋ねたり答えたりして伝え合う。(思考力、判断力、表現力等)
○相手に配慮しながら、友達を自分の好きな遊びに誘おうとする。(学びに向かう力、人間性等)

【言語材料】
◎How’s the weather? It’s [sunny / rainy / cloudy / snowy]. Let’s [play cards / tag]. Yes, let’s. Sorry.

  1. 挨拶
  2. じゃんけんゲーム(かけ算、両手たし算)
  3. スモールトーク→めあて
  4. ジェスチャーゲーム
  5. デジタル教科書P9 Let’s Listen! ③
  6. インタビュー デジタル教科書P8 Activity
  7. ふりかえり

各活動の流れ

①挨拶

②じゃんけんゲーム(かけ算、両手たし算)

前時にやったことと同じですので、実態に合わせてデモンストレーションを児童と行ってやってみるとよいでしょう。前半にかけ算、後半に両手たし算を行いましょう。両手たし算は初めて行うので必ずALTとデモンストレーションをしましょう。

ここで大事なことは「次はかけ算だよ」とは言わずに、デモンストレーションで理解をさせるということです。つまり推測させることです。たし算、ひき算、かけ算で行ってきたように進めてください。

例えば、

で5と2を出し、教師(もしくはALT)が ”10! I am the winner.” と言います。教師が「何算だと思う?」と聞くと、児童は「かけ算!」と答えます。

両手たし算のデモンストレーションでは、左右の指は同じ数でやった方が、難しくなくお勧めです。数字が苦手な児童は、自ら左右両方2などやるので、そんなに心配せずにできると思います。


 数字の練習は、スライドにも載せましたが
・4、6、7、8、9と14、16、17、18、19が似ていること
・3、5と13、15は気をつけて発音すること
などを児童に気づかせるとよいでしょう。

③スモールトーク→めあて

It’s sunny, today.(外の天気を確認しながら)

Let’s play dodgeball, today.

Yes, let’s.

「どんな話をしていたかな?」と児童に聞いてから、めあてにつなげるとよいでしょう。

④ジェスチャーゲーム

前時にやったジェスチャーゲームです。同じようにやってみてください。

前時に行った天気のジェスチャー

⑤デジタル教科書P9 Let’s Watch and Think①

教科書のP9の世界地図には、国旗で国の位置が載っていないので、まずリスニングで国名を確認してみましょう。リスニングの1問目は、I’m in Japan. It’s sunny here. となっています。I’m in Japan. で音声をとめて Where is Japan? Which number is Japan? と児童に聞いてスクリーンやテレビの画面をタッチさせるなど、全体で位置を確認しましょう。また、1問目は児童と一緒にやって例として扱うと、児童も安心して2問目から取り組めると思います。教師は1問目のリスニング I’m in Japan. It’s sunny here. を聞かせた後、Draw a picture like this. と言って実際にデジタルペンなどで晴れの絵を描くといいでしょう。

⑥歌

How’s The Weather? | Super Simple Songs (Youtube)

天気の表現を扱った歌で非常に児童に好評だった歌です。スライドにリンクを貼っておくので活用してみてください。まずは曲を流しながら教師が歌うといいでしょう。その後、児童には歌えるところだけ歌わせるとよいと思います。

歌った後には、歌詞を隠したワークシートを配り、隠した番号の歌詞が何か聞いていくと児童は積極的に答えてくれます。What’s No.1? などとワークシートの四角1番の部分を指さして聞くとよいでしょう。同じように他の番号も聞いてください。

⑦インタビュー デジタル教科書P8 Activity

デジタル教科書のアクティビティーですが、私は「晴れの日にみんなでやりたい鬼ごっこを考え、友達に聞いてみよう」としてみました。児童が大好きな大休憩の遊びが鬼ごっこであること、また鬼ごっこは種類も多いため、自由に児童に知っている鬼ごっこを出させていくとよい雰囲気でインタビュー活動に進むことができます。playを使って表現できるので、児童の言語的な負担を少なくして活動することができます。実態に応じて学級活動とリンクさせ「学級のみんながより仲良くなれるように、晴れの日に行える…」や「ALTや転入生と…」とするとそこにその鬼ごっこを選んだ理由、想いも児童はもつことができるでしょう。授業の最後に共有できると素敵な形でその日の授業を終えることができますね。

  • 知っている鬼ごっこを自由に出させる。
  • たくさん出てきた鬼ごっこから1つ選ばせる
  • インタビューを行う

インタビューを行う前に、インタビューで使う表現をALTとデモンストレーションして確認します。

・OKな場合

It’s sunny, today. Let’s play ふやしおに.

OK.

・断る場合

Sorry. I don’t like ふやしおに.

表の書き方も、デモンストレーションしておきましょう。

ポイントはたくさん練習を行うのではなく、インタビューをさせながら言えるように支援していくという視点をもちましょう。

⑧ふりかえり

Let’s say it together. と言って天気の表現や遊びの表現を確認してから行うとよいでしょう。答えの確認は、1問ずつでも、全部終わってから一斉にやるのでもよいでしょう。実態に合わせて行ってください。

⑨デジタル教科書P8 Let’s Listen!②

本時のめあてを確認して、ふりかえりをさせるとよいと思います。めあてからの感想を書いている児童を意図的に指名して共有するとよいです。また、次時には「雨の日に…」を行うことを伝え、学習の継続性を持たせ授業を終えてもよいと思います。

居村啓子

居村啓子(いむらけいこ)
拓殖大学外国語学部英米語学科准教授。言語学博士。児童図書出版社、児童英語教育機関勤務、立教大学異文化コミュニケーション学部助教、上智大学言語教育研究センター嘱託講師を経て現職。2020年よりNHKラジオ「小学生の基礎英語」講師を務める。研究テーマは「子どもの第二言語習得」、「フレーゾロジー」。

本好利彰

本好利彰(もとよしとしあき)
福島県公立小学校教諭。福島県小学校・中学校・千葉県小学校教諭を歴任。また地区外国語教育推進リーダーを務める。2018年より拓殖大学外国語学部で「小学校英語教育入門」を担当。2021年東京書籍アドバイザー。

パワーポイント(スライド)ダウンロード

下記ボタンをクリックして、データをダウンロードしてください。

構成/浅原孝子 イラスト/畠山きょうこ アニメーション/鶴岡信治

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号