モトヨシ先生のスライドde外国語活動(小3・小4)~パワポで楽しくらくらくICT授業

モトヨシ先生のスライドde外国語

ゆたかな言語活動を行うためにICTを活用した授業が求められる外国語活動。しかし、様々なツールや教材を切り替えながらでは、手惑う場面もしばしばでしょう。本好利彰先生がこれまでの授業で作成してきたパワーポイント(スライド)教材は、これひとつ、授業の導入から終末までモニターに映すだけで授業を組み立てられる”お助け教材”です。

 

パワーポイント(スライド)を使った授業の進め方

必要な教師の発話やイラスト、音源などを挿入してあり、この教材資料を使うことで1時間の授業を行うことができるように作成してあります。

  • ●クリック操作でスライドを進めていくだけで、スムーズに授業を行えます。
  • ●チャンツや発話等の活動では、アニメーションや音源が順次再生されます。
  • ●ワークシートや絵カードは、教科書に沿った内容のものが用意されており、プリントして配付できます。
  • ●デジタル教科書を使用する場面では、パワポと切り替えながら進行してください。
  • ●児童の実態にあわせて、適宜変更を加えて授業を進めてください

【3年生Let’s Try! 1】【4年生Let’s Try! 2】全時間に対応

(5年生、6年生は2023年に順次公開予定です)

 

各Unitの第1時のパワポは無料でダウンロードできます。第2時以降は有料です。

 

〇監修/拓殖大学准教授・居村啓子(いむらけいこ)

拓殖大学外国語学部英米語学科准教授。言語学博士。児童図書出版社、児童英語教育機関勤務、立教大学異文化コミュニケーション学部助教、上智大学言語教育研究センター嘱託講師を経て現職。2020年よりNHKラジオ「小学生の基礎英語」講師を務める。研究テーマは「子どもの第二言語習得」、「フレーゾロジー」。

〇執筆・スライド作成/福島県公立小学校教諭・本好利彰(もとよしとしあき)

福島県公立小学校教諭。福島県小学校・中学校・千葉県小学校教諭を歴任。また地区外国語教育推進リーダーを務める。2018年より拓殖大学外国語学部で「小学校英語教育入門」を担当。2021年東京書籍アドバイザー。

 

雑誌最新号