• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

ソサエティー5.0とは? 教育、学びはどう変わる?

2019/3/18

タブレットを使う女の子

今や高度なネットワーク社会で、スマホやインターネットなしの生活は考えられなくなりました。しかし、近未来の世界では、仮想空間と現実世界がさらに融合し、新たな社会=ソサエティー5.0(Society5.0)の幕が開けると言われています。それはどんな社会で、「教育」「学び」はどうなっていくのでしょうか?

現在の情報化社会とソサエティー5.0の違いとは・・・?

ソサエティー5.0(Society5.0)とは、狩猟社会(Society1.0)、農耕社会(Society2.0)、工業社会(Society3.0)、そして現代の情報社会(Society4.0)の次に訪れる新しい社会のことです。

* 平成28年に閣議決定された第5期科学技術基本計画の中で提唱

ソサエティー4.0である現代社会では、通信技術の発達とデータ処理能力の向上によって新たな価値が生み出され、新たな仕事が作られ、社会には情報が溢れました。しかし、ビッグデータと呼ばれるこれらの情報は社会全体の智恵としては共有されておらず、必要な情報だけを集めるのもひと苦労で、国や地域、性別や年齢など、様々な要因が情報の十分な活用にとって制約となる事実もあります。また、これらの情報は特定の企業や一部の個人などに偏った富を生み出す源泉とされ、その情報をいかにお金儲けのために活用するかが、ソサエティ4.0におけるスキルだと考える人は少なくありません。

モノのインターネット=IoTが社会を新たなステージに

ソサエティー5.0では、モノのインターネット(Internet of Things=IoT)がさらに進みます。現実社会のありとあらゆるものがセンサーやチップによってインターネットとつながりますので、その情報量は現代よりもさらに飛躍的に増加し、人の能力では全く追いつかないものとなるはずです。そして、それを的確に処理するため、人工知能(AI)の活用はさらに進みます。情報は人間が自ら集めて解釈するものから、人間にとってより理解しやすい情報としてAIが解釈・加工して提供されるものになるでしょう。
そこに、自動運転や機械による生産などといった高度な機械技術が融合し、現実社会における問題点をより効率よく解決しようとする手段が進歩します。また、公害や食糧問題、エネルギー不足などと言った環境的な問題についても、AIとビッグデータにより、適切な解釈と対処法が検討できるようになるはずです。
このように、情報が経済的な発展のための道具から、環境面や人の暮らしも含めた社会基盤を支える道具になる世界が、ソサエティ5.0なのです。

一人ひとりの能力や適性に応じて個別最適化された学びの実現

先端技術と社会との高度な融合は、教育の世界にも大きな変革をもたらすことになるでしょう。平成30年、文部科学省は 「Society 5.0 に向けた人材育成に係る大臣懇談会」で 学びのあり方の変革を提唱しました。

一斉一律授業の学校は、読解力など基盤的な学力を確実に習得させつつ、個人の進度や能力、関心に応じた学びの場に。同一学年集団の学習は同一学年に加え、学習到達度や学習課題等に応じた異年齢・異学年集団での協働学習の拡大を。教室での学習は、大学や研究機関、企業、NPO、教育文化スポーツ施設等も活用した多様な学習プログラムが望まれる、としました。
また、EdTechを活用して個人の学習状況の「スタディ・ログ」を「学びのポートフォリオ」として電子化・蓄積することで、学習計画や学習コンテンツの提示、より精度を高めた学習を支援。様々な活動状況(スポーツ、文化、特別活動、部 活動、ボランティア等を含む)や各教科・単元の特質等を踏まえた実践的な研究・開発、また異年齢・異学年集団での協働学習など、公正に個別最適化された学びを促進すべきとしました。


新時代に求められる「リテラシー」とは!?

高度に情報技術が進歩した時代では、そのテクノロジーに習熟することが大事なのでしょうか? いえ、そういう時代だからこそ、機械にできることは機械にまかせ、人間はより人間らしい力を身につけるべきではないでしょうか。文科省も先の提言で、「文章や情報を正確に読み解き対話する力」、「科学的に思考・吟味し活用する力」「価値を見つけ生み出す感性と力、好奇心・探求力」が重要であると挙げています。そうしたことを踏まえ、新たな社会を牽引する人材として求められているのは「技術革新や価値創造の源となる飛躍知を発見・創造する人材」、「技術革新と社会課題をつなげ、プラットフォームを創造する人材」、「様々な分野においてAIやデータの力を最大限活用し展開できる人材」なのです。

見直される学校の指導体制と教育免許制度の改善

文部科学省は指導体制の質・量両面にわたる充実・強化を図る観点から、免許制度の在り方を見直すことを提言しています。中学校や高等学校に比べて小学校教員採用試験の倍率が低迷していることや、中学校・高等学校も技術科・情報科のような特定教科の免許を持つ教員が少ない現状も踏まえてのことです。具体的には複数の校種・教科の免許取得を弾力化する、経験年数や専門分野などに応じて特定教科の免許を弾力的に取得できるようにする等が挙げられています。

新たな学習の在り方とそれを実践できる指導者・教員の人材確保。新時代到来を見据えた学校の指導体制の確率が、ソサエティ5.0をよりよい社会にする鍵となるのではないでしょうか。

VRを操作する女の子

文/畑俊行

関連する記事

その他記事一覧

表紙の絵本作家リレーエッセー 寺門孝之さん

雑誌『教育技術 小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本作家に表紙用のイラストの作画をお願いしています。本コーナーでは、その絵本作家さんに、…

2019/11/16

学級イラストダウンロード
学級通信や教室掲示に!小五小六12月号読者限定イラストダウンロード

学級通信や掲示物を飾る「教育技術小五・小六」の読者限定でオリジナルイラストをダウンロードできます。学級活動に限りご自由にお使いいただけます。

早稲田大学教職大学院教授・田中博之
2019年度全国学力調査総括~学力向上の鍵はアクティブ・ラーニング

文部科学省の「全国的な学力調査に関する専門家会議」の委員として、長年、学力調査の方向性に関する議論を推進してきた早稲田大学教職大学院の田中博之教授に、2019年…

心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】11月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。11月は秋の植物と動物&焼き芋をモチーフにしたぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます…

めざすは「道徳教育の質的転換」─教科化の経緯とねらいを振り返る

2018年度、小学校での教科化がスタートした「特別の教科 道徳」。教科化により道徳の授業と評価はどのように変わったのか? 1年半経った今、見えてきた成果と課題と…

塗り絵4
日本の情景を調べて塗ろう!「柳沢峠の富士山と紅葉」「札幌の赤れんが庁舎の雪景色」【プリント配付OKぬりえ】

調べて塗ることで、社会や地理の勉強にもなる、日本の名所や情景を塗り絵にしました。ここでは「柳沢峠の富士山と紅葉」と「札幌の赤れんが庁舎の雪景色」。画像をクリック…

【まとめ】小学校教育実習の挨拶・お礼状・心がけ

ドキドキの教育実習。子どもたちとふれあえるのが楽しみな一方、どんな挨拶をすればいい? 子どもたちは話を聞いてくれる? お礼状はどうすれば? …などなど、わからな…

2019/10/31

愛着障害
発達障害が気になる子と、間違いやすい愛着障害

教室の気になる子の中で、発達障害の対応では、なかなかうまくいかない子はいませんか? そんな時は、「虐待に起因する愛着障害かもしれない」という視点を持って、子供を…

知らないではすまされない『性の多様性』 子供たちへのLGBT教育

少しずつ社会に浸透してきた「LGBT」という言葉。セクシャル・マイノリティの割合は、あるデータによると約8%、クラスに1人~2人いるとも言われています。自分の性…

画期的な点字迷路の絵本! 目が見える子も見えない子も楽しめる

点字雑誌絵本「テルミ」(小学館)から派生して生まれた「さわるめいろ」シリーズは、目の不自由な方だけでなく、福祉に関心のある方に広く愛され読み継がれてきました。そ…

もっと見る