小6社会「今に伝わる室町文化」指導アイデア

関連タグ

執筆/埼玉県川口市教育委員会文化財課主査・井出祐史
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登

目標

我が国の歴史上の主な事象について、京都の室町に幕府が置かれた頃の代表的な建造物や絵画に着目して、遺跡や文化財、地図や年表などの資料で調べてまとめ、この頃の文化の特色を考え、表現することを通して、今日の生活文化につながる室町文化が生まれたことを理解できるようにするとともに、長い歴史の中で育まれてきた伝統や文化と今日の自分たちの生活との関わりを考えようとする態度を養う。

学習の流れ (6時間扱い)

問題をつくる(1時間)

○年表と国風文化の既習をもとに予想を話し合い、学習計画を立て、学習問題をつくる。

〈学習問題〉
室町時代の文化は、どのような文化だったのでしょうか。

追究する(3時間)

○足利義満、足利義政と金閣、銀閣、書院造について調べる。
○水墨画と雪舟の働き、茶の湯や生け花について調べる。
○田楽や能、狂言、生活様式や食文化について調べる。

まとめる(1時間)

○室町文化と日本風の文化と比較しながら、調べたことを関連付けて話し合い、学習問題に対する自分の考えをまとめて発表する。
○学習したことを基に、我が国の伝統や文化を受け継ぐことの大切さを考える。

導入の工夫

現代には様々な室町文化が残っていることを知ることで、文化が生まれた世の中の様子や人物の働きに関心がもてるようにします。

日本に来た外国人観光客に人気のツアーには、どのようなものがあるでしょう。

日本に来た外国人観光客に人気のツアー

人気がある理由は、どれも「日本」って感じがするものだからではないかな。

室町時代の年表

実は、これらはすべて、室町時代に生まれた文化なのです。

「文化」といえば、前に日本風の文化が生まれたことを勉強したね。和歌や大和絵は、貴族の文化だったよ。

室町時代の文化は、どのような文化なのかな? 日本風の文化とは、ちがうようだけど・・・。

年表を見ると、また「幕府」が開かれているね。
だから、武士の文化なのではないかな。

問題をつくる(1/6時間)

現代に残る様々な室町文化を知り、学習問題を立てます。

学習問題
室町時代の文化は、どのような文化だったのでしょうか。

まとめる(5 /6時間)

室町文化の特色について、日本風の文化と比較しながら、調べたことを関連付けて話し合い、自分の考えをまとめます。

発問の工夫

「どのような文化と言えるか」と改めて学習問題を問いかけ、日本風の文化の特色と比較したり、調べたことを関連付けたりして、特色を見出せるようにします。

この頃の文化は、一言でいうと、どのような文化と言えますか。自分の考えと、その根拠をノートに書いたら、話し合いましょう。

平安時代は貴族の文化だったけど、室町は「武士の文化」だと思うよ。

日本風の文化は貴族が中心でしたね。では、室町文化は?

鎌倉時代から、政治の中心が貴族から武士に変化したのだから・・・。

■室町時代の文化は、どのような文化といえるか

室町文化と国風文化の特色

能や田楽や狂言などは、貴族や武士だけではなく、人々に広がっています。

それでは、場所に着目すると、日本風の文化との違いが見えてきますね。

都から全国の庶民に広がったよ。だから今でも残っているのかな。

単元づくりのポイント

本単元のまとめでは、文化の「担い手はだれか(人)」「中心地はどこか(場所)」という視点で日本風の文化の特色と比較することで、室町文化の特色を捉えられるようにします。そのためには、『追究する』過程で、人や場所に着目して調べ、まとめておく必要があります。

この2つの視点は、後に江戸時代の文化の特色を調べる際にも役立ちます(下図)。また、人物名や建造物など基本的な知識は、発言やノートの中で繰り返し使わせ、しっかりと身に付けさせることが重要です。

国風文化から江戸文化への流れ

イラスト/横井智美、栗原清

『教育技術 小五小六』2020年9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号