• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

4年3組学級経営物語(6)

2019/6/2

学級経営物語タイトル

6月①「授業力向上」にレッツ・トライだ!

文/濱川昌人(よりよい学級経営を考える大阪教師の会)
絵/伊原シゲカツ

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。授業で勝負できる先生に! その夢を追い、教師道を歩み続ける!!今月は、教師の誇りにかけ苦手教科の音楽の授業を克服するぞ。さあ、「授業力向上」にレッツ・トライだ!

<登場人物>

トライ先生
トライだ先生(渡来勉/わたらいつとむ)
主人公。教職1年目。教師になる熱意に燃えて、西華小学校に赴任。 やる気とパワーは人一倍あるものの、時には突っ走り過ぎるのが玉にキズ。しばしば飛び出す口癖から「トライだ先生」と 呼ばれるようになる。4年3組担任。
イワオジ
イワオジ先生(大河内巌/おおこうちいわお)
教職20 年の経験豊富な学年主任。4年1組担任。一見いかついが、 温かく見守りながら的確なアドバイスをしてくれ、 頼れる存在。ジャグリングなど意外な特技も。
ゆめ先生
ゆめ先生(葵ゆめ/あおいゆめ)
教職3年目。4年2組担任。新採のトライ先生を励ましつつも一歩リード。きまじめな性格で、ドライな印象を与えてしまうことも。音楽好きでピアノが得意。

〝チーム4年” 炎の1週間!

学級経営 歌の指導

その日…。苦手な音楽授業を終え、ホッと一息の渡来勉先生を数名の女子が取り囲みました。

「楽しくないよ、トライだの音楽!」

「いつも大声で歌うだけよね」

とどめは、アキの「お願い、 葵先生と音楽の授業、交代して!」という熱烈な要望。

最大の弱点を突かれ、立ち往生する渡来先生。

「やめろ、トライだを苛めるな!」

先生の危機に、体育会系男子のカズたちが反撃開始です。

しかし…、カズが次に放った言葉が、“教師の誇り”を完全に粉砕してしまいました。

「トライだに音楽は無理だろ。空気読めよ!」

月曜日…。放課後の3組教室、新任の研究授業が迫った渡来先生を囲み、打合せの真最中。

「どう解決するんだ? この課題を」

地獄耳の大河内巌主任が、まず先日の件について質問。

「研究授業は音楽で…。全力でトライします!」

「やるしかないわね。チーム4年が完璧に支援するわ。…道はとても遠くて険しいけど」

感動ぎみの葵先生と、眼光鋭い主任の笑顔。

「じゃあ、まず指導案作りに本気でトライだ!」*ポイント1

*ポイント1
授業づくりには、教師用の指導書を活用するのも一手です。

指導書には、通称「赤本」と言われる、教科書に朱書きが加えられたものと、細かく解説された「研究編」の2種類があります。授業づくりの参考にしたいのは「研究編」の指導書です。指導書で目を通しておきたいのは、主に次の点です。


①「単元設定の意図」や「系統性」
この単元で、子どもにつけたい力や具体的な言語活動の方法について解説しています。また、他の学年の単元との系統性や関連もあり、広い視野を持って指導をすすめることができます。
 
②「学習指導計画」と「1単位時間の展開」
この単元全体の指導計画、評価の規準、毎時間の展開例が記載されています。毎時間の展開には、主発問の例や板書計画例もあり、授業を組み立てる時の大きな参考になります。
 
③「教科書の解説」と「指導の工夫」
ここでは、授業展開のポイントや具体的な学習活動の方法などを解説しています。児童への指導上の配慮についても参考にすることができます。
 
上記を参考に「何を」「どのように」教えていくのかを工夫することで、
授業力を高めていきましょう。

合唱指導で学級づくりだ!

火曜日…。再び、かなり放課後の3組教室。

「子どもたちに人気のある曲はどうですか。例えば、流行の○×△…」

渡来先生の発言は、一瞬で葵先生が強制終了。

「迎合しない! 音楽のよさ、美しさ、楽しさを実感できる実践。それが授業力なのよ!」

「合唱指導はどうかな。みんなで音を合わせ、美しいハーモニーを追い求める。集団育成だ」

大河内主任の提案に、大きく頷く2人の先生。

「合唱指導で学級づくり…。いただきです!」

「段階的指導の工夫がポイントね」

葵先生が、渡来先生の肩をバンと叩きました。

「百聞は一見にしかず。明日から、私の合唱指導を見学に来ること! 基本をしっかり学び取ってね」

発声練習も合唱も楽しい、葵先生の「ゆめ授業」

水曜日…。音楽室で、2組授業が始まります。

「トライ先生、どうしてここにいるの?」

「葵先生のファンクラブなんだ!」

子どもたちの騒ぎには一切構わず、葵先生だけに集中。

「さあ、ゆめ先生の〝夢授業”。今日も楽しい合唱よ!」

ピアノ伴奏にあわせた簡単な発声練習。そして、『子どもの世界』の斉唱。

伴奏をしながら一緒に斉唱する葵先生の美しい声…。

『歌う声は話す声とは違う…。ただ大きな声で元気よくじゃなく、歌うのにふさわしい声…』

先生の的確な指示で、斉唱から2つのパートに。そして見事に重なります。

自分の旋律を守り、楽しそうに相手と調和する子どもたち。
*ポイント2

『ハーモニーって楽しいな。今まで苦手と決めつけて、工夫や努力を避けていたものなぁ…』

*ポイント2
●発声練習をゲームにして、楽しく明るく取り組もう

発声をする時に、目標をもたずに声を出すだけでは、歌唱につながりません。そこで、「目標を当てるゲーム」を紹介します。ペアになって取り組みましょう。

まず、先生は4つの目標を提示します。
①  口をたてに大きく開ける。
②  目をぱっちり開け、眉を上げる。
③  ほっぺたを目に近づける。
④  姿勢に気をつける。(両足でしっかりと立ち、上半身はリラックス)
 
一人が、4つの中から自分が取り組む目標を1つ決め、達成できるように発声を行います。決めた目標は、ペアの友達には秘密にしておきます。相手の子どもは、友達の目標が何番なのかを考えながら聴き、当てます。見事当ててもらえたら、目標達成です。次の時間は、違う目標に取り組んでいきましょう。

(6月②につづく)

『小四教育技術』2017年8月号増刊より

関連する記事

クラス記事一覧

モチベーション高いこどもたちのイメージ

主体性・自律性・対話力を育む!低学年の係活動 はじめの一歩

低学年のうちから学級に「自治力」を育むことは、とても大切。子どもたちが自主的に生き生きと取り組めるこの時期の1年生向けの係活動について、近藤佳織先生(新潟県公立…

高学年女子の心をつかむ2つのポイントと3つの仕掛け

その場限りの筋の通っていない態度を先生がとれば、高学年女子はすぐに見破ります! 思春期を迎えたデリケートな年代の高学年女子への対応を例に、信頼関係を築くための仕…

2019/6/16

沼田晶弘先生

子どもの自主性を育む「~からの解放作戦」前編【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。あえて教師の登場を減らす、その…

2019/6/15

荒れの兆候を見逃さない!学級の見直しをしよう

一学期後半に入ったこの時期に、荒れの兆候を見逃さないためにも、理想の学級づくりに向けて、自分の学級を見直してみましょう。

話合い活動

中学年の話合い活動 ~成功へのステップアッププラン~

中学年になると、徐々に子ども同士で話し合い、問題解決ができるようになってきます。ここでは、4つのステップで、子どもたちの話合いを充実させ、自ら問題解決する力をつ…

折り紙6月

折り紙で教室を華やかに【6月編】虹とアジサイ

折り紙は、子どもたちが幼少期から親しんできたものです。友達と協力して完成する大作は、教室に飾ることで、華やかな雰囲気になり、教室の一体感も感じられるでしょう。こ…

ソーシャルスキルトレーニング

関係を円滑にする「ソーシャルスキル・トレーニング」のコツ

中学年は、「みんなと仲よくできると思ったのに難しい・・・」など、子ども自身の心も人間関係も深まっていく時期。ソーシャルスキル・トレーニングを通して、人間関係がス…

学年通信

学年通信・学級通信の文章は適切ですか?

学年通信は保護者向けに作成するものです。「~しておきましょう。」ではなく「~しておいてください。」という依頼の文章表現が適切です。また学年通信は、どの子も偏るこ…

教室遊び

梅雨のストレスを吹き飛ばせ! 雨の日の教室遊びセレクション

例年1か月半ほど続く梅雨。雨天の日は、校庭で鬼ごっこをしたり、遊具を使ったりできない日が続き、子どもたちの表情もどこか曇り気味になります。そこで、実際の学校現場…

4年3組学級経営物語(6)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。授業で勝負できる先生に! その夢を追い、“教師道”を歩み続ける!! 今月は、教師…

もっと見る