• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

ところで『教育技術』って何ですか?

2019/3/18

先生になると、一度は「『教育技術』を読むといいよ!」と、先輩からアドバイスされることがあるのではないでしょうか。でも正直、『教育技術』って何ですか・・・? と、思っている先生に、1分でわかる、雑誌『教育技術』の解説をいたしましょう。

『一年生教育』創刊号の表紙。
『教育技術』の前身となった『一年生教育』創刊号の表紙。

小学館「勉強マーク」と同い年! 創刊90年超の教育雑誌

そう、ズバリ、『教育技術』とは、雑誌の名前です。ちなみに、「教育技術」の辞書的な意味は、 「教育の目標を達成するために用いられる方法、手続きの体系」( ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 より)。どのような教育の目標を達成するために書かれたものだったのかは、以下のような歴史的な背景もあります。      

大正デモクラシーの風潮を追い風に、教育についても、子どもを型にはめずに、自由でイキイキとした教育体験を目指そうという 運動が盛り上がっていた1920年代。1922年創立の小学館は、出版界最初の独創的な学年別学習雑誌を次々に創刊します。やがて”教育の小学館”として「勉強マーク」を制定した1927年、小学校教師向けの学年別教育雑誌を刊行。これが、『教育技術』の前身となる『一~六年生教育』でした。       

創刊号学級経営の記事。
創刊号から現在まで途切れなく続く「学級経営」の記事。
創刊号教科指導の記事。
各教科の具体的な指導法を紹介するページ。現在も「教科指導」の連載として続いている。

そして、注目すべきは、表紙にある「教育者への雑誌」「保護者への雑誌」というコピー。学校の先生のみならず、保護者にも手にとってほしいという、現代の「開かれた学校」にも繋がる精神が感じられます。

キャッチコピー
創刊号表紙のキャッチコピー
創刊号保護者記事。
保護者へのメッセージ。母親は耳が痛いでしょうが……。
創刊号予告より。
当時、類似する教育誌が続出したとされていますが、
母親向けの企画は本誌の独自性でもあったことがうかがわれます。
編集後記
編集後記。

行くべき方向を示す光こそ教育の力

創刊号の編集後記には、以下のようなメッセージが綴られています。 

「色々な意味で日本は今過渡期にあります。それゆゑ強い光を必要とします。行くべき方向を示す何物かを必要としてゐます。その光こそ教育の力です。そして我が「小学一年の教育」はその重大な任務の一役割を演ずる覚悟です。」

小学一年生教育 創刊号編集後記

やがて戦時統制を受けますが、1947年、『教育技術』(低学年・中学年・高学年)として復刊。そして、現在に至るのです。

『低学年教育技術』創刊号
小学館の資料室に残っていた、『低学年教育技術』創刊号。
『低学年教育技術』創刊のことば
教育の再建への熱意がほとばしる創刊のことば。
低学年教育技術 座談会

『教育技術低学年4月号』より。座談会企画。
低学年教育技術6月号より
『低学年教育技術6月号』より。「話し合い」「表現」を重視する指導法が綴られている。

時代のニーズに応え、形は変わっても その精神は変わらない

その後、教育技術各誌は、学年別となったり、隔月刊となったり、DVDがついたり、再び低中高学年向けとなったり・・・時代のニーズに応え、さまざまに形を変えてきました。

2009年~2019年の教育技術誌
現在は、創刊当時と同じ、低・中・高の三誌となりました。

そして・・・教育技術はポケットの中へ

イキイキとした子どもを育てるために、全ての教育者の血肉となる技術を届けたいという創刊時の思い、保護者と手を繋ぎ、子どもと対峙する全ての大人が教育者であってほしいという思いはずっと変わりません。

そして、その精神はこのwebメディア『みんなの教育技術』でも同じです!

どうか今後とも、よろしくお願い申し上げます。

構成・文/『みんなの教育技術』編集部

関連する記事

その他記事一覧

保護者会で信頼を得る話の聴き方、進め方

小学校の保護者会で、相手のことを思いやるあまり援助的・指導的な話し方になると、かえって自分の話をしっかり聴いてもらっていないと保護者は感じてしまいます。個人面談…

2019/7/16

おじぎ 分離礼
正式な礼の仕方「分離礼」を指導しましょう

一学期が終わるころ、4月から始まった新しい学級はシステムが定着し、安定してくる時期です。高学年は、委員会活動、クラブ活動や異年齢交流活動など、学級の外で頑張るこ…

夏の研修会
ベテラン教師直伝!夏の研修会200%活用術

夏休み期間は、各地で「研修会」が目白押し。どの研修会に行き、どのように学び、どう活用すればよいのか、そのハウツーをご紹介します。

2019/7/13

プラスチック色鉛筆 自由課題
想像力と創造力を鍛える自由課題「色鉛筆ドロップス」

「プラスチック色鉛筆」は、ちょっとした空き時間と相性抜群の文房具です。芯が折れにくい、手が汚れにくい、などの特長があり、片付けも容易。机の中に常駐させ、いつでも…

2019/7/12

映画『風をつかまえた少年』で、学びの本質を考える

学校にも行けず、食べるものもない。アフリカの貧しい地域での過酷な状況の中、14歳の少年が一冊の本と出会い、独学で作り上げた風力発電で飢饉から村を救い未来を切り開…

2019/7/11

中野信子
「キレる」をスキルに!戦略的活用でコミュニケーションに活かそう!

「キレる」という感情は、人間にそもそも備わっているものーーそう語るのは『「キレる!」脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』の著者である脳科学者の中野…

この夏、注目の研究会(2019年7月下旬から4本)

まもなく夏季休業、教師力アップのために有効に使いたいですね。7、8月は研究会も多数開催されるので、参加して自らの学びにつなげてはいかがでしょうか。そこで7月下旬…

2019/7/3

菊池先生と林先生
この夏、見ておきたい「学ぶこと」の本質を映し出す教育映画2作品

教育の本質とは何なのか?を考えるよい機会となる教育映画『ニッポンの教育 挑む(第二部)』『林竹二の授業 ビーバー』の上映イベントを紹介します。教師の力量をどう高…

EQイメージ
保護者も気にする「教師のEQ、高いか低いか」【保護者座談会】

昨今、注目されている教師のEQ(Emotion Intelligence Quoient/心の知能指数)。EQが高い先生でよかったこと、反対に低い先生で残念だっ…

2019/7/2

ぬり絵
心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】7月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。
7月は朝顔や花火など夏にぴったりなぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご…

もっと見る