• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

発表に挑戦できる学級の雰囲気づくり5ステップ【動画】

2020/5/23

クラスの子供たちが積極的に発表するためには、子供が「発表するのは心地よい」と感じる雰囲気が教室にあることが大切。そうなるために、教師はどのように導いてあげればよいのでしょうか。教育技術本誌でもおなじみのトモ先生こと髙橋朋彦先生が、「発表できる学級の雰囲気」をつくる5つのステップをシェアします!

発表しづらい雰囲気を払拭するには

学級の実態によっては、「発表がしづらい雰囲気」…、あるのではないでしょうか。

その大きな原因の一つは、「発表したが間違えてしまった」という、痛みを伴う経験です。

そこで、子供たちに、「発表することは心地いい」と感じてもらうことが必要です。

子供が、

「発表ってこれだけでいいの?」」

「発表ってこれだけでいいの?」なんて思ってくれたらしめたもの。

今回は、「学級が発表できる雰囲気になるための5つのステップ」の紹介です。

ステップ1 子供が発表の台本を書く

「子供が台本を一つひとつ書く」。

これは、実践している先生も多いのではないでしょうか。

時間がかかりますが、

書くことで学習の振り返りにもjなり定着する

書くことで学習の振り返りになり、定着にもつながります。

慣れてきたらポイントのみを書くようにしてもいいし、台本を無しでできるようにしていってもよいでしょう。

ステップ2 意図的に指名する

この方法は、千葉県の野口芳宏先生が提唱している実践です。

自信をもって発表できるということは、その課題を「理解し、できている」ということ。

本当に力を付けたいのは、手をあげない子のはずですよね。

そこで…

それぞれが書いている台本を見ながら、机間指導をします。

そうすると、

子供の考えていることがわかってくる

それぞれの子供の実態がわかります。

そして、

「最初は発表が得意なAさんに発表してもらって、次にちょっと苦手なBくんに挑戦してもらおう」

といったように、発表の構成を考えながら授業を展開できるのです。

ステップ3 伝え方を工夫する

「『発表しよう』ではなく、『書いてあることを読みましょう』と伝える」!

言葉を変えただけなのですが、

言葉を変えただけではあるが…「あ、読めばいいんだ!」

子供たちはただ「読めばいいんだ」と思えるので、発表に対するハードルがぐんと下がったように感じます。

ステップ4 みんなで拍手をする

相手は嬉しいもの

誰でも、拍手をされるとうれしいものですよね。大人でもそうなのですから、子供だって同じ!

学級のみんなから拍手をしてもらうことで、子供たちが「発表して良かったな」と思えるようにしましょう。

ステップ5 良かったポイントを見える化する

最後のステップは、「良かったポイントを見える化する」。

発表が終わったら、「〇〇さんの話し方は声が上向きで良かったよね」「周りを見ながら話していてよかったよね」など、教師が評価します。

慣れてきたら「〇〇くんの発表はどこが良かった?」など、子供に聞くようにしてもよいでしょう。

そして、

良かったポイントを黒板に書く

出てきた「良かったポイント」を黒板に書き出します。

そのようにしてわかりやすく「見える化」することによって、子供たちのやる気につながっていきます。

また、子供たちに「良い発表とはどんなものか」ということを伝えることもできます。

アレンジしよう!

これらの5つのステップにアレンジを加えてみましょう。

例えば、

隣同士で台本を読み合う
前に人がいると思って読んでみる
  • 隣同士で台本を読み合う
  • 前に聞いている人がいると思って読んでみる

どんどんアレンジして、よりよい実践にしてほしいと思います。


これらのステップを着実に積み重ねていくことによって、発表のハードルは段々と下がっていきます。工夫しながら、子供が楽しく発表できる雰囲気をつくっていきましょう!

髙橋朋彦先生
撮影/田中麻以

髙橋朋彦●1983年千葉県生まれ。第55回わたしの教育記録特別賞を受賞。教育サークル「スイッチオン」「バラスーシ研究会」に所属。共著に『授業の腕をあげるちょこっとスキル』『学級づくりに自信がもてるちょこっとスキル』(共に、明治図書出版)がある。算数と学級経営を中心に研究中。
Twitterアカウントは @tomotomoteacher  https://twitter.com/tomotomoteacher
トモ先生のインスタ https://www.instagram.com/tomotomotea/
トモ先生のnote https://note.com/tomotomo777

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

朝の会の「日直クイズ」が子供の話す力・聞く力を養う【動画】

日直の子供に「簡単なクイズ」をやってもらうだけで、毎朝の学級の雰囲気が変わります! どの子にも回ってくる日直という仕事を使って、「話す・聞く」のトレーニングを学…

発表に挑戦できる学級の雰囲気づくり5ステップ【動画】

クラスの子供たちが積極的に発表するためには、子供が「発表するのは心地よい」と思う雰囲気が教室にあることが大切。そうなるために、教師はどのように導いてあげればよい…

休校あけの学級開きを盛り上げるびっくりマジック!【動画】

休校あけの学級開き、久しぶりに会えた子供たちに、先生からのとっておきのマジックで楽しんでもらいましょう!教育技術動画に初登場の土作彰先生が、学級開きを盛り上げる…

教室でソーシャルディスタンスを守って遊べるゲーム3つ【動画】

世界中でソーシャルディスタンスが問題になっています。人との間に距離をとることは学校の中では難しいところです。教育技術本誌でもおなじみの小学校教諭・佐々木陽子先生…

授業の流れを止めずに”聞く雰囲気”をつくれる「いい耳メーター」とは?【動画】

子供たちがざわついて、教師の話を聞いてくれないことはよくありますね。そんなとき、流れを止めずに学級全体の「聞く雰囲気」を自然につくれるアイテムがあります。それが…

起爆剤になるか!自由参加の異学年交流活動【5年3組学級経営物語4】

通称「トライだ先生」こと、2年目教師・渡来勉先生の学級経営ストーリー。児童会活動で提案した異学年交流活動にコンセンサスがとれず、まずは学級独自の自由参加活動とし…

メールと動画で子供との心の距離を縮めるアイデア【動画】

コロナ休校が長引く中、公立校ではなかなかオンライン授業を進めにくい実情があります。でも学級担任としては、子供たちとの心のつながりを保ちたいもの。小学校教諭・佐々…

子どもの意欲が高まる「自習の練習」の効用とは

自分のクラスを自習にさせることは意外と多いものです。校内の研究授業の参観、断れない研修会、急な体調不良などなど。自習体制にするのは、担任の先生としては不安なこと…

ミッションは草の根異学年交流!【5年3組学級経営物語3】

通称「トライだ先生」こと、2年目教師・渡来勉先生の学級経営ストーリー。今回は、思いやりの心や参画意識等を育む異学年交流をテーマにしたお話が展開されます。

子供たちの自己肯定感が育つ ライフスキルの本

日本の子供たちは、世界に比べて自己肯定感が低いと言われています。しかし、これからの世の中を生きていくために伸ばしていかなければならない、重要な能力です。「自己肯…

もっと見る