• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

学校再開時の子どものストレスと受け止め方【新型コロナ対策】

2020/4/6

地域差はあるものの、さまざまな形で小学校も学校再開となっています。子ども達が休校期間中に受けた不安やストレスと教師はどう向き合い対処していく必要があるのか、児童心理理解について、追手門学院小学校講師・多賀一郎先生に解説していただきます。

執筆/追手門学院小学校講師・多賀一郎

Photo by Gift Habeshaw on Unsplash

子どもたちがストレスフルなのは当然

子どもたちは、大きなストレスを抱えているという前提で対応を考えましょう。

長い間、抑制的な生活を強いられているのです。いつもの休みなら、テーマパークや遊園地に行ったり、様々な施設に遊びに行ったりすることもできました。友達とも自由に遊べました。でも、そういう遊びが一切できずに、主に家に籠もって過ごしてきたのです。休みで楽しいのは一週間もなかったという子も多いかもしれません。

「学校はやっぱり楽しいところだ」と、実感できるようにしていきましょう。

子どもは家庭では弱者である

新型コロナの影響で仕事の無くなったおうちもたくさんあります。イベント関係、飲食業界、観光関係…みなさん苦しんでいます。保護者の仕事が無くなったり家計がひっ迫したりすることは、子どもたちに関係のないことではありません。家族で心配したり、おうちでの言い合いが増えたりしているかもしれません。ものすごいストレスだと思います。子どもたちは家庭の弱者なのですから、そのストレスは学校が受け止めなければなりません。

また、残念なことですが、僕のところにはDVが増えているという情報が入ってきています。DVの多くは大人のストレスのはけ口が子どもに向くということですから、家庭にストレスが充満していたら、増えるのは当たり前ですね。学校は、子どもにとって逃げ場でもあったのだと痛感しています。よく観察しておかないと、DVを受けている子どもはなかなかわかりません。そういう子どもがいるのだという前提で子どもの様子を見ましょう。

【関連記事】虐待の可能性がある子がいる場合には、こちらの記事をお読みください→休み明け児童の異変に「虐待かも」と感じたらすぐすべきこと

はりきりすぎた先生に心は開けない

正直、多くの子どもたちは、一日中、スマホ、ゲーム、動画漬けの生活だと思います。生活リズムも崩れているでしょうし、ぼんやりして寝とぼけたような感覚になっているかもしれません。驚くほど学力が低下している子どもたちもいるようです。

初日は久しぶりの学校だという喜びで元気そうに見えるかもしれませんが、そうした高揚感は一週間ともたないでしょう。そこでいきなり「さあ、勉強だ」と圧をかけないで、あせらずにゆっくりとスタートを切ることを心がけましょう。

子どもたちは、はりきりすぎた先生に心は開けません。

子どもの意欲が高いうちに対話を重ねる

子どもたちの意欲が高いうちに、子どもたちと繋がることを最優先で考えましょう。例えば、振り返りジャーナル(下記参照)や日記を書く時間をとるのもよいと思います。

たまにしか登校しないのなら、来た時に10分でもいいから自分の思いを書く時間を作って(書けなくてもいいと伝え、決して無理強いはしないようにしましょう)、先生もそれにコメントで答えるようにするのです。直接対話できないのなら、文章と文章で対話していきましょう。

【参考】
岩瀬直樹 ・ちょんせいこ 著「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営」(ナツメ社)
多賀一郎著「クラスを育てる「作文教育」 書くことで伸びる学級力」(明治図書出版)

続く不安というストレスと共存していく

いつまた休校になるかわかりません。また、学校へ行くことに対する不安を感じている子もいます。不安というストレスはなかなかぬぐえません。子どもたちの心が癒されるような話をしたり、絵本の読み聞かせをするなどして、少しでも教師がほっとできる場所にできるように心がけたいですね。

【参考】
多賀一郎著「一冊の本が学級を変える―クラス全員が成長する「本の教育」の進め方」(黎明書房)


もちろん、ストレスフルなのは、子どもたちだけではありませんよね。先生方も、どうか自分の心身を大切に、この大変な時期を共に乗り越えましょう。

多賀一郎
多賀一郎先生

●多賀一郎(たが・いちろう)。追手門学院小学校講師。神戸大学附属住吉小学校を経て私立小学校に30年以上勤務。「親塾」を各地で開いて保護者の相談に乗ったり、公私立小学校での指導助言や全国でのセミナーを通して教師を育てることにも力を注いでいる。 著書に『学校と一緒に安心して子どもを育てる本』(小学館)『危機に立つSNS時代の教師たち―生き抜くために、知っていなければならないこと』(黎明書房)『全員を聞く子どもにする教室の作り方』(黎明書房)他多数。

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

朝の会の「日直クイズ」が子供の話す力・聞く力を養う【動画】

日直の子供に「簡単なクイズ」をやってもらうだけで、毎朝の学級の雰囲気が変わります! どの子にも回ってくる日直という仕事を使って、「話す・聞く」のトレーニングを学…

発表に挑戦できる学級の雰囲気づくり5ステップ【動画】

クラスの子供たちが積極的に発表するためには、子供が「発表するのは心地よい」と思う雰囲気が教室にあることが大切。そうなるために、教師はどのように導いてあげればよい…

休校あけの学級開きを盛り上げるびっくりマジック!【動画】

休校あけの学級開き、久しぶりに会えた子供たちに、先生からのとっておきのマジックで楽しんでもらいましょう!教育技術動画に初登場の土作彰先生が、学級開きを盛り上げる…

教室でソーシャルディスタンスを守って遊べるゲーム3つ【動画】

世界中でソーシャルディスタンスが問題になっています。人との間に距離をとることは学校の中では難しいところです。教育技術本誌でもおなじみの小学校教諭・佐々木陽子先生…

授業の流れを止めずに”聞く雰囲気”をつくれる「いい耳メーター」とは?【動画】

子供たちがざわついて、教師の話を聞いてくれないことはよくありますね。そんなとき、流れを止めずに学級全体の「聞く雰囲気」を自然につくれるアイテムがあります。それが…

起爆剤になるか!自由参加の異学年交流活動【5年3組学級経営物語4】

通称「トライだ先生」こと、2年目教師・渡来勉先生の学級経営ストーリー。児童会活動で提案した異学年交流活動にコンセンサスがとれず、まずは学級独自の自由参加活動とし…

メールと動画で子供との心の距離を縮めるアイデア【動画】

コロナ休校が長引く中、公立校ではなかなかオンライン授業を進めにくい実情があります。でも学級担任としては、子供たちとの心のつながりを保ちたいもの。小学校教諭・佐々…

子どもの意欲が高まる「自習の練習」の効用とは

自分のクラスを自習にさせることは意外と多いものです。校内の研究授業の参観、断れない研修会、急な体調不良などなど。自習体制にするのは、担任の先生としては不安なこと…

ミッションは草の根異学年交流!【5年3組学級経営物語3】

通称「トライだ先生」こと、2年目教師・渡来勉先生の学級経営ストーリー。今回は、思いやりの心や参画意識等を育む異学年交流をテーマにしたお話が展開されます。

子供たちの自己肯定感が育つ ライフスキルの本

日本の子供たちは、世界に比べて自己肯定感が低いと言われています。しかし、これからの世の中を生きていくために伸ばしていかなければならない、重要な能力です。「自己肯…

もっと見る