• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

思春期を迎える高学年女子の体の変化を楽しく伝える方法とは?

2019/10/8

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちへの性教育はとても大切。高学年の担任は、気持ちのコントロールが複雑になってくる女子の成長を把握し、上手な接し方を考えていきましょう。ここでは、「からだ」について解説します。

執筆/熊本市初任者養護教諭指導者、学校心理士・澤栄美

高学年女子の体の指導法

高学年女子の大人になっていく体を考えよう

指導のポイントは「男女で楽しく性を語り合うこと」

多くの研究から、思春期の時期に自尊感情が低くなることや、男子より女子の方が低いことがわかっています。思春期の自尊感情低下の理由の一つに、「二次性徴に伴う身体イメージ受容の困難さ」が挙げられます。特に女子の場合、月経や将来の出産体験への不安が大きいようです。

日本では、長い間、性の話はタブー視され、その傾向は今でも残っており、不安が払拭できないまま大人になっていく女性も多いと考えられます。思春期に男女共修で体の変化ついて楽しく学ぶ機会を持つことは、女性としての健全な自己イメージ形成に良い影響を与えるでしょう。

男女楽しく性教育1
クリックすると別ウィンドウで開きます
男女楽しく性教育2
クリックすると別ウィンドウで開きます

大人への変化は、基本的には思春期に誰もが経験することです。子供たちは、4年生の体育科保健領域で「思春期にあらわれる体の変化」を学びますが、実際にどんなことが起こるのか、具体的には知りません。「自分の身に起こること」について、きちんと知ることは不安を払拭することにつながります。また、女子の負担が男子より大きいことに注目し、以下の流れで子供の思考を深めていきます。

①「黒板を見て気づくこと」→女子の方が大変。
②「男子(女子)に生まれてよかったか」→男子は多く、女子は少ない。

以上の事実を確認後、「人生の先輩」として男女の役割について、次のようなことをポイントとして語っていきます。

Point1. 出産は、女性にしか経験できない素晴らしいものであること

Point2. 男子には、高まる性衝動のコントロールや、男女が一緒に生活する上で、女性の辛さを理解する力が求められること

高学年女子の体の成長の悩みには、肯定的に答えよう

自分の体や性のことを自然に話せる場があることは、女性としての自分の体の変化を肯定的に捉えることにつながります。

体の成長の悩み1
クリックすると別ウィンドウで開きます
体の成長の悩み2
クリックすると別ウィンドウで開きます

指導のポイントは、不安に寄り添い、正しい情報をつたえること

これまでに経験したことのない体の変化を迎えるにあたり、子供たちは大きな不安を抱え、そのため、間違った情報を信じることもあります。乳房の発達などの見た目の体の変化や初経の起こる時期には個人差があるのですが、子供たちの希望を聞くと、「体の変化は、他の人より早くも遅くもない方がよい」と答えます。特に早く起こることについては、抵抗があるようです。

そこで、集団での指導の中で、個人差についてしっかりと取り上げ、「早く始まった人は、先輩として、皆にアドバイスをしてあげよう」と、前向きに捉えるように指導していく必要があります。また、「体のことをともに学んだのだから、互いの成長を喜び合える仲間になろう」と語り、教師もまた、同じようにその時期を越えてきた先輩であることを伝えるようにします。そうすることで、子供たちは自分の体のことについてオープンに話ができるようになると考えます。

特に最近では、女子が周りの情報に流されて無理なダイエットをしてしまい、過度な「痩せ」に陥る問題が心配されています。「痩せ」が進むと、無月経となり、将来に向けて骨粗鬆症の危険等も出てきます。

思春期のこの時期に、教師が、子供たちに体や性の正しい情報を与えていくことは、子供たちが生涯にわたり、自分の性を健全に生きていくことにつながります。教師自身が、正しい知識を身につけ、子供たちにきちんと答えられるようにしたいものです。

 イラスト/斉木のりこ

『教育技術 小五小六』2019年10月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

クラス記事一覧

イワオジ先生、教師力を見せつける!【4年3組学級経営物語18】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。活動過程をしっかりふり返り、客観的に評価して改善する。その取り組みが、輝く未来に…

折り紙で教室を華やかに【1月編】お正月
折り紙で教室を飾ろう|お正月飾りと鏡もちの簡単な折り方

折り紙は、子どもたちが幼少期から親しんできたものです。友達と協力して完成する大作は、教室に飾ることで、華やかな雰囲気になり、教室の一体感も感じられるでしょう。何…

子どもの自己肯定感を引き出す「評価カード」ちょっとしたコツ

評価活動を進めていく時、まずは多様な評価資料を収集することが求められます。大別すると「教師による評価」と自己評価や相互評価カードなどを活用した「子どもによる評価…

子ども同士がつながるアクティビティ
学校のお楽しみ会で「子ども同士をつなぐ」手軽なゲーム2種

異学年との交流や、お楽しみ会など、子どもたちが同調して楽しめます。準備物も不要で、どこでもできる、子ども同士がよりつながるゲームを2つ紹介します。

小学校の年末お楽しみ会を盛り上げる!楽しいゲーム5選

絶対盛り上がるお楽しみ会のアイディアを紹介します。一年生にとって二学期は、初めての行事をたくさん経験し、集団生活にも慣れてきた頃かと思います。残り三学期を楽しく…

小学校お楽しみ会演出の3ステップ

子どもたちが夢中になるお楽しみ会。そこでの学びを充実させるためには、事前の「自治的な計画」、当日の「楽しい演出」、事後の「主体的・対話的な振り返り」が必要です。…

2019/12/7

通知表わたしの成功談&失敗談

担任の誰しもが、自分の学級の子供たちの成長を願いながら作成する、学期末の通知表。この方法がオススメ! というテクや、受けとった子供や保護者を落ち込ませてしまった…

疑問も解決!盤石の小一二学期通知表記入例
通知表所見クレームゼロの法則

残業ゼロ、しかも保護者からのクレームもゼロになる通知表所見を書くコツを伝授!現代の教師が身を守るための「誰にどう読まれても誤解されない」「次学期への意欲につなが…

保護者面談で信頼を得る8つのポイント

「保護者と何を話せばいいのかわからない」、「会話が続かず気まずい雰囲気が流れる」など、保護者面談に苦手意識を持つ先生も多いのではないでしょうか。ベテラン教師も昔…

保護者クレーム対応に効く!誠実でやわらかい教師のフレーズ13

保護者からのクレームに対しては、まずその気持ちをよくきき、受けとめることが第一です。かっとして言い返したり、理屈で封じこめようとしてはいけません。よくある保護者…

2019/11/30

もっと見る