かけ算九九練習が楽しくなる!九九ゲーム9選

関連タグ

かけ算九九を覚えるためには、何度も繰り返し唱えて練習するより他はありません。しかし、ただ単調に唱えるだけでは、子供にとって辛い苦行になってしまいます。後編では、目先をちょっと変えるだけで九九練習が楽しくなるゲーム要素を取り入れたアイディアを紹介します。楽しい活動が、子供の主体的な姿を生み出します。

執筆/富山県射水市公立小学校教諭・前田正秀

かけ算九九のイメージ

■「かぞえ対決」「決まり見つけ」のゲームを紹介!→かけ算九九はゲームで指導【前編】

九九修行の旅

〈やり方〉
①自分の席で5回九九を唱えて、ドアの前に移動する。
②ドアの前で5回九九を唱えて、廊下に移動する。
③廊下で5回唱えて・・・というように、移動しながら九九を唱えていく。

単に場所を移動しながら九九を唱えるだけなのですが、こうしたちょっとした目先の変化が子供には嬉しいようです。子供たちは夢中になって取り組みます。旅の途中に「先生の前で唱えてチェックする関門」を設けたり、「4×9→4×8→4×7・・・と下から唱える関門」を設けたりしても面白いでしょう。子供の実態に合わせていろいろな工夫を凝らすことができます。

九九相撲

九九相撲イメージ

〈やり方〉
①子供2人が向かい合う。
②行司(教師)が「はっけよい、のこった」のかけ声と共に、九九カードを見せる。
③早く答えた方が勝ち。

単に九九を素早く答える活動なのですが、「にぃしぃ、〇〇山~」「ひがぁしぃ、○○海~」「はっけよい」と、相撲っぽく演出するだけで、子供は盛り上がります。個人戦だけでなく、列ごとにチームをつくって団体戦を楽しむこともできます。ちなみに私は以前、授業参観で「大人vs子供」の対決をしたことがあります。子供も保護者も、すごく盛り上がりました。

九九ビンゴ

九九ビンゴのイメージ

〈やり方〉
①3×3マスのビンゴの枠をノートに書く。
②その日に学習した段の答えをマスに記入する。
③教師が式をランダムに読み上げる。
④子供が答えを言いながら、○を付けていく。
⑤縦か横か斜めの1列がそろえば、ビンゴ!

ビンゴをつくる際には「4の段のビンゴを20秒でつくりましょう」など、時間を制限するのもいいでしょう。9マス埋まらないと損をするので、子供たちは素早く書こうと必死になります。ビンゴをする際には、大きな声で答えを言いながら丸をつけさせます。声に出すことで、九九を覚えやすくなります。

九九パンパン

九九ぱんぱんで遊ぶこどもたち

〈やり方〉
①教師が九九の式を言う
②「せーの」で、子供が答えの数だけ手を叩く(十の位の数だけ拍手、一の位の数だけ机を叩く)。

例えば、7×8なら、答えが56なので、5回拍手をして、6回机を叩きます。クラス全員がぴったりそろうと気持ちいいものです。教室が何となくざわついた時に、このゲームをやると、ぐっと集中力が高まります。

九九表パズル

九九表パズル

〈やり方〉
①数字の書いていない九九の表の枠を用意する。
②九九表をパズルのようにばらばらに切ってピースを作る。
③数字の書いていない九九表の枠に、ピースを当てはめていく。

友達と一緒に遊べば「このピースは4ずつ増えてるから、4の段だ」など、楽しく対話しながら九九のきまりに目を向けていきます。

九九ぐるぐる

九九ぐるぐるイメージ

〈やり方〉
①九九を唱えながら、一の位の数を図のように順に線で結んでいく。例えば、4の段なら「4→8→2→6→0・・・」と結ぶ。
②素敵な模様ができ上がる。

素敵な形ができ上がると、子供から歓声があがります。九九の数の並びの美しさを実感することができるのです。全部の段を試すと「1と9の段、2と8の段、3と7の段、4と6の段は、同じ模様になる」というきまりが見つかります。九九の見方をちょっぴり変えて、「9の段は10進んで1戻る、8の段は10進んで2戻る」というふうに考えれば、同じ模様になる理由が分かります。

九九たんけん

九九たんけんイメージ

校内を探検して、九九で表して数えることができる場面を見つける活動です。掲示物の画鋲が4か所ずつ留めてあったり、水道の蛇口が六つずつ並んでいたりするのが見つかります。それらを九九を使って数えるのです。そのうちに、九九の範囲を越えるものも見つかります。例えば、縦に3個、横に14個並んだロッカーの数は、3×14となり、一見計算できないようにも見えます。しかし、これも、3×7+3×7と見れば、九九を使って求めることができます。

3×14は3×7を2回足せば求められる

教科書の世界を飛び出し、生活の場面を探検すれば、理想的に並んでいない物がいっぱいあります。それらを工夫して数える中で、かけ算を使える場面が拡張されていくのです。

チョコの数は?

一見かけ算で数えられなさそうな、菱形に並んだチョコレート

上図のような、一見かけ算を使えなさそうなチョコの数。しかし、提示の仕方を工夫すれば、子供は様々な数え方を工夫します。例えば、最初にちらっとだけ見せて「何個あった?」と尋ねます。そうすると、子供は素早く数えようとする中で、同じ数のかたまりに目を向けて、かけ算を使おうとしていきます。

菱形を斜めに見ると、かけ算できる配列が見つかる

例えば、端から、少しずつめくって提示します。そうすると、チョコが4個、3個、4個・・・と順番に見えていき、「7×4-3」といった発想が生まれます。例えば、チョコの色を、黒色と茶色のチョコにしておけば、「黒+茶色」で「4×4+3×3」という発想が生まれます。また、箱入りのチョコにすれば、チョコの入っていない所が強調され、「箱全体の数-食べた分」で「7×7-6×4」という発想が生まれます。

新幹線の乗り方は?

子供が大好きな新幹線。その座席は、上図のように2人がけと3人がけの席になっているタイプが多いです。実は、この座席にもかけ算が隠れています。みんなで旅行に行く時は、自分だけ一人ぼっちの席になったり、隣に知らない人が座ったりしたくないものです。そうならない座り方について考えていきます。

3人がけと2人がけがならぶ新幹線の席

例えば、25人で旅行に行くなら5人ずつ5列にすれば、うまく座ることができます。この座り方は「5×5」と、かけ算で表すことができます。座り方は、それだけではありません。中には、次の図のような座り方を思いつく子も出てくるでしょう。

大人数に対応しやすい新幹線の席

これらの座り方は、「3×3と2×8で25人」「3×7と2×2で25人」と表すことができます。さらに、25人ではなく、13人、17人など、他の人数ではどうでしょうか。調べてみると、どんな人数でも、必ずうまく座れる座り方が見つかります。

さすがは日本が世界に誇る新幹線。よく考えられた座席ですね。

イラスト/設樂みな子

『小二教育技術』2018年10月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号