小1体育「跳び箱を使った運動遊び」指導アイデア

執筆/東京都公立小学校主任教諭・石井敬比古
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、東京都品川区教育委員会統括指導主事・唐澤好彦

授業づくりのポイント

跳び箱を使った運動遊びは、支持、回転、手足での移動などの基本的な動きができるように、意図的につくられた場において、子供たちが遊び方を工夫したり、それらを友達に伝えたりする学習です。

本単元は器械・器具を使っての運動遊びのなかでも年間指導計画の後半に行われることが多く、固定施設を使った運動遊び、鉄棒を使った運動遊びなどで身に付けた運動感覚や安全な遊び方のきまりを生かせる単元です。しかし、跳び箱の準備・片付けについてははじめてなので、特に安全指導が重要です。安全指導を徹底したうえで、まずは子供たちが「遊んでみたい」と思える魅力的な場であり、かつ、子供自身が遊び方を工夫できるシンプルな場を提示することが大切です。また、運動遊びの場は子供たちが思い思いの場で遊びに取り組めるように、同じ場を複数並べて設置するなどの配慮も必要です。

さらに、場や遊び方の工夫は子供の思いや願いを基にしながらも、教師が子供の創意工夫した動きのなかから三年生以降の器械運動の学習につながるものを意図的に取り上げ、広めていくことも大切です。

単元計画(例)

単元計画(例)

器械運動の授業においては、器械・器具の準備や活動中に教師が全体を見渡し、危険がないか常に注意しておくことが大切です。器械・器具の配置に関しても安全に配慮した場を設定するよう心掛けます。下記の記事に事故防止の指導例があるので、参考にしてください。
高学年の用具の準備はどうしたらいいの? 【使える知恵満載! ブラッシュアップ 体育授業 #9】

楽しむ①安全な遊び方を知り、いろいろな場で跳び箱を使った運動遊びをしよう

運動遊びとの出合い

子供たちにとって魅力的でシンプルな場を提示します。子供の「遊んでみたい」と思う欲求を大切にしながら、それぞれの場で楽しく安全な遊び方を身に付けさせていきます。

また、今もっている力で安心して楽しく取り組める手軽な運動遊びを行うことで動き方を身に付けるようにしていきます。

手軽な運動遊びの例

ケンパー遊び

●ケンパー遊び
●かえるの足打ち
●うさぎ跳び
●馬跳び

場づくりの例

●ぶたい

ぶたい
支持で跳び乗り・跳び下り

●ふわふわ

ふわふわ
支持での跳び乗り・舞台からの跳び下り

●だんだん

だんだん
踏み越し跳び、支持で跳び乗り・跳び下り

●ながなが

ながなが
支持でまたぎ乗り・またぎ下り、支持で跳び乗り・跳び下り

〈安全のPOINT〉
準備・片付けのしかた
○2人で「せえの」と声をかけ合って持ったり下ろしたりする。
※子供の実態に応じて、事前に跳び箱の1段目だけ運ばせると安全です(指を挟む恐れがあるので、2段目以降の上げ下ろしについても、十分に安全に配慮しましょう)。
○場づくりの順番を提示する。
①すべり止めマット ②跳び箱 ③マット ④踏切り板

遊びのきまり
○前の人が合図をしてから、次の人が遊びを始める。
○跳び箱に手を着くときはパー(もみじの手)で着く。
○着地するときは両足で行う。足の裏全体で着地する。など

〈指導のPOINT〉
○跳び箱を使った運動遊びが苦手な子供や、怖くて意欲的に取り組めない子供には、跳び箱の高さを低くしたり、向きを変えたり、跳び箱の横にもマットを設置したりするなど配慮しましょう。

遊び方の広がり

今もっている力で安心して取り組める遊び方で、すべての場で十分に遊び込むことができるようにします。また、いろいろな遊び方を増やせるように言葉がけをしていきます。

何が楽しかったかな。どんな遊び方があるかな?

遊び方の広がり

※危険な遊び方については、すぐに止め、全体に指導しましょう。

楽しむ②遊び方を工夫して、もっと楽しく運動遊びをしよう

「とびばこランドで工夫して遊ぼう」というめあてをもち、グループで活動を行うなかで、考えた楽しい遊び方を紹介し合い、遊び方を広げていくことができるようにします。教師が子供のよい動きや遊び方の工夫を賞賛・価値付けすることで、よい動きに対する認識を深め、遊び方をさらに広げていきます。

また、異なる場や遊び方を選んで遊んでいた友達と一緒に遊ぶことで、経験していない運動遊びの楽しさに気付くことができるようにします。

遊び方の工夫・紹介

どんな遊び方を考えたの?

楽しそうな遊び方だね。友達にも教えてあげよう!

遊び方の工夫・紹介

ほかの場でもやってみよう!
もっと楽しい遊び方はあるかな?

遊び方の工夫・紹介

よい動きの称賛・価値付け

上手に跳び乗れたね。どんなふうにしたの?

よい動きの賞賛

上手な友達はいたかな?

よい動きの賞賛・価値付け

イラスト/栗原清、横井智美

『教育技術 小一小二』2021年10/11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号