小3国語「たから島のぼうけん」指導アイデア

教材名:「たから島のぼうけん」(光村図書三年下)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)オ 〔思考力、判断力、表現力等〕Bイ、オ
言語活動:ウ

執筆/東京都公立小学校指導教諭・髙桑美幸
編集委員/文部科学省教科調査官・大塚健太郎、東京都公立小学校校長・加賀田真理

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では既習事項を生かし、「はじまり」「出来事(事件)が起こる」「出来事(事件)が解決する」「むすび」という構成に沿って物語を創作することを学びます。その際、場面の様子や人物の気持ちの描写に用いる言葉を工夫する力や、書く内容の中心を明確にしてまとまりのある文章を書く力、自分の文章のよいところを見付ける力を育成することをめざします。

物語を創作するにあたっては、「誰に読んでもらうのか」「なんのために読んでもらうのか」といった相手意識・目的意識を子供に明確にもたせることが大切です。読み手が元気になる物語をつくるという思いを学級内で共有しながら、書き手が楽しく学習を進めていくことが重要です。

②言語活動とその特徴

本単元における言語活動は、一枚の絵地図を基に物語を考えるものです。絵地図にある情報から「想像」することと、作品として「創造」していくことの両輪が、子供の活動を支えていきます。これまでの読書経験や既習事項を大切にしながら進めていきます。

ここでは、読んだ人が元気になるという目的を意識し、冒険の物語の中心となる「たから物」や「解決方法」などを意識しながら、物語を「はじまり」「出来事(事件)が起こる」「出来事(事件)が解決する」「むすび」といった組み立てに沿って書いていきます。

段落相互の関係を意識しながら物語を組み立てられるように、構成を練る時間を十分に保障する必要があります。また、“ぼうけん”をキーワードに、どんな出来事が起こるのかを想像したり、登場人物の性格を考えたりしていきます。

さらに、読み手を引きつけるために会話を考えたり、場面の様子を豊かに想像したりするなど、子供の自由な発想を大切にしていきます。

単元の展開(10時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①学習の見通しをもち、学習計画を立てる。
・「物語のもつ力」について考え、「読んだ人が元気になるぼうけんの物語」を書く意欲をもつ。
・好きな冒険物語(まんがやアニメでもよい)や登場人物について話し合い、「冒険」についてのイメージを共有する。
・教科書にある「たから島の地図」を見て、物語をつくることへの見通しをもち、学習計画を立てる。
・これまでの学習をふり返り、活用への意欲をもつ。
→アイデア1 主体的な学び

【学習課題】読んだ人が元気になるぼうけんの物語を、組み立てにそって書こう。

第二次(2~8時)

②③地図から想像を広げ、物語のおおまかな内容を考える。
・教科書の地図を見て、グループごとに描かれている内容の言語化を図る。
・「たから物」の内容や出来事(事件)の解決方法について考えることで、物語の中心について意識する。
→アイデア2 対話的な学び

④おおまかな内容を基にして、書きたいことの中心を意識して構成を考える。
・登場人物の性格や地図のどのルートを通るのかなど、想像したことをメモする。
・集めた材料を基に、構成メモに組み立てを整理する。

⑤⑥⑦組み立てに沿って物語の下書きをする。
・「言葉のたから箱」を参考にしながら、場面の様子や登場人物の行動、気持ちが伝わるように下書きを書く。
・「読んだ人が元気になるぼうけんの物語」となっているか、確認する。

⑧下書きを読み返し、物語を完成させる。
・分かりやすい表現になっているか、主述は合っているか、文字の間違いはないかを読み返す。

第三次(9・10時)

⑨完成した物語を読み合って互いに感想を伝える。
・付箋を活用し、感想を書いて伝え合う。

⑩単元の学習をふり返り、自分の文章のよいところを見付ける。
→アイデア3 深い学び

アイデア1 単元のゴールイメージの共有と相手意識・目的意識の設定

主体的な学び

この学習の直前に、「組み立てをとらえて、民話をしょうかいしよう」という「読むこと」の単元で、『三年とうげ』の物語を通して

「①はじまり」
「②出来事(事件)が起こる」
「③出来事(事件)が解決する」
「④むすび」

という民話や昔話に多く当てはまる組み立てについて学習しました。そして、「民話をしょうかいしよう」という活動を通して、「民話のおもしろさ」を見付けて友達に伝えることも経験しています。ここで学んだ力を活用して、本単元でオリジナルの物語を書くことに取り組みます。

今、学校のなかでも社会的にも直接触れ合うことや対面する交流活動にさまざまな制限が加えられている状況があります。そこで、「読んだ人を元気にするために、組み立てにそってぼうけんの物語を書こう」という課題を設定し、書くための目的意識の明確化を図ります。

「ぼうけん」というキーワードから、まんがやアニメ、ゲームなど、ジャンルを問わず、自分の好きな物語についてグループで互いに出し合い、前単元での学習を生かし、改めて好きな物語の「おもしろさ」について確認していきます。

冒険ならではの心が元気になる〝ドキドキわくわく〟を想起することで、書くことへの意欲を引き出します。また、子供の粘り強い学習の姿勢を維持することにつながります。

また、このときに、

「学年で互いに読み合う」
「学校図書館に置いてもらって、校内の児童に読んでもらう」
「一年生に読んでもらう」
「学区のお年寄りの方々に読んでもらう」

など、誰に読んでもらうのかの読み手を想定して確認すると、より相手意識が明確になります。一年生が対象の場合は、難しい言葉はできるだけ使わない、お年寄りを対象とした場合は、流行語や若者だけが使うような言葉はできるだけ使わないなど、物語を記述する際に使用する言葉に対する意識を高めることにもつながります。

アイデア2 交流することで想像を広げる場の設定

対話的な学び

物語の内容については、「たから島の地図」をヒントに想像をふくらませます。『ミッケ!』などの視覚探索絵本の読書体験などを想起させながら、地図を見て発見したものを付箋に書き出し、グループで互いに話し合い、物語を書く材料の取材を行います。

「トラ」「恐竜の骨」「難破船」などについて一つずつ確認し、言語化することで物語のなかで使える材料を増やしていきます。ビジュアルによる地図の存在は、東西南北などの方位やキロメートル、キログラム、トンなどの他教科で学習した用語を活用する機会としても生かすことができます。

そして、広げたイメージや語彙に基づき、

「ぼうけんするのはどんな人物か」
「どのように地図を手に入れたか」
「登場人物はどんな行動をしたか」
「どんなたから物を手に入れたか」
「登場人物は、その後どうなったか」

などの、物語の大まかな内容を考えます。その際に、「たから物」の設定により、物語の展開における中心を意識することができます。一般的な「金銀財宝」ではなく、「薬」「時間の流れを変えられる道具」といった「たから物」の設定によって、登場人物の行動の動機や「その後どうなったか」を意識して物語の構成を行うことができます。

なぜ「たから物」が必要なのか、得た「たから物」で何をするのかが明確になることで、物語の内容を広げすぎずに精査することもできます。また、起こった出来事(事件)を解決する方法を考える際に、「努力」「協力」「勇気」「信頼」などのキーワードを想定するよう促すと、物語の一貫性を保つことができます。

そのうえで、前単元で学習した「①はじまり」「②出来事(事件)が起こる」「③出来事(事件)が解決する」「④むすび」という組み立てを基本として物語の展開を考えます。

場合によっては、②と③をくり返すことも考えられます。子供は、これまで『おおきなかぶ』の学習や、「桃太郎」「三匹のこぶた」などで、同じような場面がくり返されるという読書体験をしています。

読むことでは、同じような場面のくり返しのなかで、少しずつ変化しているところに着目させることが有効ですが、書くことでは、同じような場面をくり返すことにより、書くことが苦手な子供でも一部の書き換えだけで物語を整えることができるため、教師の作成する完成見本の手引きなどとともに、有効な手立てとなります。物語が長くなりすぎないように意識することにもつながります。

場面の様子については、教科書巻末の『言葉のたから箱』を参考にさせるほか、

「どんな○○?」(色、形、におい、音、声、様子、雰囲気)
「どれくらい□□?」(大きさ、数、時間)

といったヒントの言葉を掲示することで、より具体的な描写の表現を高めることができます。この段階での相互評価も有効です。

アイデア3 自分の文章のよいところを見付け、次の学びへとつなげる

深い学び

「読んだ人を元気にする」という目的を単元の冒頭で意識させたことにより、単元の途中でも「読んだ人を元気にする物語となっているか」という大きな観点からのふり返りを行うことができます。具体的には物語のはじめと終わりで変化した人やこと、その変化をもたらしたもの・ことなどが明確になるように物語が組み立てられているかどうかを確かめます。

また、前単元での学習を生かし、「出来事とその解決などの、物語の組み立て」だけでなく、「登場人物の行動や様子の表し方、また、その変化」「言葉の使い方や文の調子」などの観点も、記述や推敲の段階で活用を図ります。この単元での学習に見通しをもち、適宜ふり返りを行うことで、自らの学習を調整する態度の育成を図ります。

「同じ学習課題」「同じ地図から発想を広げて」書いた物語であっても、言葉の選び方や物語の組み立ては一人ひとり違います。「読んだ人を元気にするための工夫」を互いに読み合うことで発見し、共有することで、友達だけでなく、自分の文章のよさを見付けていきます。「自分のよさ」の発見と自覚は、力の定着を確実にしていくだけでなく、次の単元で発揮し、活用することにもつながっていきます。

『教育技術 小三小四』2021年10/11月号より

【関連記事】
小3国語「たから島のぼうけん」指導アイデアシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号