小4国語「あなたなら、どう言う」指導アイデア

教材名:「あなたなら、どう言う」(光村図書四年上)

指導事項:〔知識・技能〕(1)ア 〔思考力、判断力、表現力等〕A(1)オ
言語活動:ウ

執筆/鹿児島県錦江町教育委員会参事兼指導主事・尾﨑裕樹
編集委員/文部科学省教科調査官・大塚健太郎、大妻女子大学准教授・樺山敏郎

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、対話を通して自分と相手の意見の共通点や相違点を捉え、考えをまとめる力を付けます。対話は、相手の思いや考えを汲み取ることが大切であり、そのために相手の状況や立場、背景についても理解しようとしないと相手との行き違いが起こり得ます。

そこで、本単元では立場を変えながら対話をすることで、感じ方の違いを捉え、よりよい対話のしかたについて考えていきます。自分とは違うさまざまな立場になって考えることで、よりよい言い方が見付かることを実感できるようにします。

② 言語活動とその特徴

子供たちの生活の中で、自分の思いがうまく伝わらなかったり、自分の意に反して相手に嫌な思いをさせてしまったりすることはよくあることです。そこで、本単元では、子供たちが共感しやすい身近な生活の場面を取り上げ、よりよい対話のしかたについて考えます。

生活の場面をロールプレイで追体験し、互いの立場で何を考え、どのように言葉にして伝えればよいのか、その言葉で相手がどんな感情になるのかをグループで考え、共有していきます。

子供たちは、立場を変えれば主張が変わること、その主張のしかたで相手の受け止め方が変わることに気付くことができます。他者の考えや自分の考えの共通点や相違点に着目させ、いろいろな考えに触れることができるようにすることで、よりよい対話についての考えを深めていきます。

単元の展開(3時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

◎これまでの対話の経験で、自分の思いがうまく伝わらなかった経験やそのときの気持ちを話し合い、対話のしかたについて学習課題を焦点化する。

【学習課題】自分とはちがう立場になって対話し、考えたことをまとめよう。

◎教科書の挿絵から、どのような場面の対話について考えるのかを確認するなどし、見通しをもつ。
→アイデア1 主体的な学び

第二次(2時)

◎姉の立場になって、弟になんと言うか考える。
・姉の思いだけを知らせ、理由とともに姉の気持ちを考える。

◎それぞれの立場でやり取りをする。
・姉、弟、やり取りを聞く人の役割を交代してやり取りをし、なぜそのような言い方をしたのかを考える。
→アイデア2 対話的な学び

第三次(3時)

◎よりよい言い方について考える。
・グループで、どのように言えばよかったのかを話し合う。
→アイデア3 深い学び

◎全体で考えを交流する。

アイデア1 話合いの見通しをもつ

主体的な学び

子供たちが主体的に話合いを進め、考えを深めていくためには、何についてなんのために話し合い、どのように話合いを進め、収束(意見をグループで一つにまとめる)させるのか否かについて検討し、確認するようにしましょう。そのためには、話合いのポイントを教師が整理して指導していくことが大切です。

▼話合いのポイント

  • 話合いの目的………立場を変えてやり取りをして、どのように感じるかを共有し、よりよい言い方ができる。
  • 話合いの内容………姉と弟の会話から互いの思いをどのように言葉にしたらよいか考える。
  • 話合いの進め方……役割(司会、記録など)、話合いマニュアルの活用の有無、時間、形態(グループ、全体)などを設定する。
  • 話合いの収束………グループでどのような考えが出たのか集約して、全体に報告する(グループで一つの考えにまとめる、ではない)。

アイデア2 ロールプレイによる言葉の働きの理解

対話的な学び

本単元では、姉と弟の対話をロールプレイすることにより、互いの思いを実感していきます。対話を実体験する場合、自分の発した言葉や相手の言葉によって感じたことを客観的に捉え、言葉が思考や感情を表出する働きがあることを理解する必要があります。話し言葉は、流れていってしまい自己評価が難しいものです。

そこで、対話をする人(姉、弟)、それを見る人に役割を分担して、全員が三つのすべての役割を経験できるようにします。その際、姉と弟の対話の内容をシナリオ化したワークシートを準備し、感じたことを書き込めるようにしておきます。

自分が行ったロールプレイを友達に客観的に評価してもらうことで、それぞれの立場への自分の考えをもてるようにします。そして、互いの考えの共通点や相違点に注目していくようにします。

姉の役をしたけど、こっちは急いで片付けてほしいのに言いわけされたような感じがした。やり取りを見ていたAさんから、「とっても困っているように見えたよ」と言われたので、本当に困った弟で、弟を非難するような気持ちだったと思う。

弟の役をしたけど、なんだか姉に命令されたような感じがしたんだ。やり取りを見ていたBさんから、「どうしてそんなことを言うの、という不満そうな感じが出てたよ」と言われ、自分のしていることを分かってほしいと強く思っていたことを確認できた。

アイデア3 学習課題に即したまとめ

深い学び

感想をまとめるという活動は、課題に対する自分の読みを自分の言葉でまとめることです。ここで必要なのは、どのようにまとめるとよいのかを指導することです。まとめた後には感想の交流を行うので、相手意識、目的意識を明確にもって、相手に分かるようにまとめることが大切です。

本単元のねらいは、なぜこの題名になったのかを考えることが中心です。そのため、まとめにはこの課題に沿った自分の感想をまとめることが必要となります。そこで、次のようなワークシートを活用し、子供たちが思考を整理しながら感想をまとめることで深い学びを実感できるようにしましょう。

▼ワークシート例

ワークシート例

このワークシートは、立場を変えながらよりよい対話について考え、記述できるようにしています。自他の対話を比較し、自分の考えと友達の考えの共通点や相違点について話しながら、よりよい対話にするにはどうすればよいのか考えをまとめていくことができます。

学習課題に即して考えをまとめられるよう、子供の思考に沿ってワークシートの構成を考えていきましょう。

イラスト/やひろきよみ(ワークシート) 横井智美

『教育技術 小三小四』2021年8/9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号