小6 国語科「私たちにできること」板書例&全時間の指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小6国語科「私たちにできること」(光村図書)の各時の板書例、発問、予想される子供の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

小六 国語科 教材名:私たちにできること(光村図書・国語 六)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/山梨大学大学院准教授・茅野政徳
執筆/長野県駒ケ根市立中沢小学校・原 猛

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、身近な事象を取り上げ、それに対する解決法を提案する文章を書きます。
分かりやすく説得力のある文章にするためには、記述する前に構成をよく検討する必要があります。
個人に対しては、これまで学習したことを活かして、考えとそれを支える理由や事例、原因と結果、問題と解決方法との関係を整理しながら構成を考えられるようにしていきます。また、グループでよりよい文章に練り上げていく活動を通して、一人一人の資質・能力を高めていきます。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元では、「B 書くこと」の言語活動例「ア 事象を説明したり意見を述べたりするなど、考えたことや伝えたいことを書く活動」として、身近な資源や環境をテーマに取り上げ、その問題点や解決のために自分たちにできることを考え、提案する文章を書きます。

言語活動を設定する上で、あらかじめ環境問題を扱った書籍や新聞記事等をコピーしておき、子供の目につきやすい場所に掲示するなどして、テーマについての興味・関心を高めておくとよいでしょう。
また、子供自身が興味のある書籍や新聞記事等を集める時間を設けることも有効です。身の回りの自然や環境をテーマにすることで、子供にとって現状の把握や問題の発見がしやすくなります。
また、解決方法についても、無理なく取り組める方法を提案することで、実際に行動して達成感を味わったり、新たな課題を発見したりすることが期待できます。

提案文は子供にとっては初めて書く文種であるため、読み手に対して自分の提案内容を十分に理解・納得させるようにすることが必要です。そのため、子供がどこでつまずきやすいかを想定するためにも、できれば教師が事前に自作してみるとよいでしょう。
また書いた提案文を実際に発表したり、提案した方法を委員会や学級の活動で実践したりする場を設定することで、子供にとって目的意識が生まれ、分かりやすく説得力のある書き方を工夫しようとする意欲につながるでしょう。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 身の回りの事象に対して問題意識をもつ

主体的な学びを生み出す上で大切なことは、事象に興味・関心をもち、目的意識をもって学習を進められるようにすることだと考えます。そのために子供にとって身近な事象を取り上げ、その問題点に対して具体的な解決方法を提案する、という課題意識をもてるような単元の導入を考えました。
自然や環境に関するニュースを目にする機会は多いと思いますが、それらの問題が自分の身の回りに関係していることを意識できることで、生活に即したテーマや具体的な解決方法を考える姿につながるでしょう。
また、書いた提案文を発表したり解決方法を実際に実践したりするなど、学習後の見通しがもてるようにすることで、より課題意識をもって活動に取り組む姿につながることが期待できます。

〈対話的な学び〉 グループで協力し分担して提案文を書く

グループで協力し分担して提案文を書くという活動は、テーマを決めるところから提案文の完成まで、書くことのプロセスに沿ってグループ内で情報を共有し、考えを整理しながら進めることになります。そこでは対話による練り上げが不可欠です。
具体的な活動としては、提案内容についての話合いや文章の構成を考える場面、推敲の場面が中心になりますが、課題を見つけ解決方法をグループで考えていく中で、身近な事象と自分のもつ知識や情報とのつながりに気付いたり、様々な人の考えを関係付けたりすることが期待できます。

グループでの活動の中で、個々に集めた情報から読み手が納得するような事例を話し合って選んだり、それらを並べる順序を考えたり、意見を出し合って推敲したりしますが、それらが活発に行われればよいというわけではありません。そこには自分でじっくりと考えることも必要です。
話合いの前に、一人で調べたり考えたりする時間を確保するとともに、ノートやワークシート等に各時間の振り返りを書くようにすることで、書くことの各プロセスにおいて、各自がどのように考え、その結果どのように書いたのかを評価することができます。
それによりこれまでの自分の考えと、調べた資料やグループでの話合いによって生じた新たな考えとをつき合わせて、自分自身の考えをまとめ直すこともできます。

〈深い学び〉 事象と自分の知識とを結び付け、情報を関連させながら考えを深める

子供たちはこれまでの学習で国語科に限らず、他教科等においても事実に基づいて自分の考えを書くという活動を重ねてきています。
本単元では、自然や環境についての事象と自分の知識とを結び付け、調べた情報を関連させながら、自ら解決方法を考えたり、構成や表現方法を工夫しながら表現したりする活動をおこないます。
その過程で自分の考えを形成したり、言葉による見方や考え方を深めたりすることが期待できます。
そしてその学びは、提案したことを実践に移したり、さらなる課題を見つけたりして、自分たちの力で生活を変えていこうという意識に発展していくことも期待できます。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)提案のための資料を収集する

テーマが決まったら提案するために必要な資料を集めます。
学校図書館の書籍や新聞で調べる、学校やお家の人にインタビューするなど、テーマによって適した情報収集の手段は異なりますが、「どんな資料が必要か」という観点で考えると、子供自身で調べる方法や対象が決めやすくなるでしょう。
その一つとしてインターネットで調べる方法も有効です。集めた資料は、画像やデータとしてタブレットに取り込み、保存しておくと、いつでも見返すことができて便利です。

インタビューをする際には、音声録音機能や動画撮影機能を用いることも有効です。
子供たちは「話すこと・聞くこと」の学習を通して、大事なことを落とさずに聞く力や必要なことをメモすることを学習してきていますが、それがうまく発揮されないこともあります。これらの機能を用いることで話を聞くことに集中したり、後で再生することでインタビューの様子を正確に確認したりすることもできます。

(2)個に合わせた言語活動の充実のために

原稿用紙やノートを使った下書きだけでなく、ICTを活用した文字入力も可能なクラスが多いでしょう。またワープロ機能の中には音声入力ができるものもあります。文章を書くことが苦手な子供にとっては、音声入力で下書きをすることで、抵抗感なく文章を書けることが期待できますし、下書きにICTを用いることで、グループで共有し合うこともできます。下書きの方法を子供が自ら選択できるようにすることも考えられます。

(3)協働的な学習の充実のために

① デジタルホワイトボードアプリを用いて、書く内容の共有・構成をする
収集した資料を項目ごとに付箋に書き出し、それを入れ替えながら文章構成を考える、という活動はよく行われますが、ホワイトボードアプリを用いることで、複数の子供が同時に付箋を共有し、操作することができます。
提案内容を考える場面では、ホワイトボードをグループで共有し、調べたことを書いた付箋を貼っていきます。このとき、「調べて分かったこと」「考えられる問題点」「解決に向けた取り組み」など、資料の内容ごとに付箋の色を変えておくと分類がしやすくなりますが、端末上ならそれも容易です。書き出す際には出典も併せて記録するようにしましょう。

② ワープロソフトで下書きを共有して推敲し合う
上記のように、ワープロソフトを使って下書きをすることで、グループ内で同時に共有することができます。グループで見合いながら文章全体の構成や内容、書き方などを検討し、画面上で加除修正していくこともでき、多様な見方から説得力のある文章を考えるのに有効です。

6. 単元の展開(10時間扱い)

 単元名:具体的な事実や考えをもとに、提案する文章を書こう

【主な学習活動】
・第一次(1時2時3時
① 書籍のコピーや新聞記事など、自然や環境に関する記事から興味のあるものを集め、画像やデータとしてタブレットに取り込んだり、画用紙に貼って新聞スクラップをつくったりする。
② 取り込んだ画像やデータ、新聞スクラップなど、集めた資料をもとに、身近な自然や環境から問題点(テーマ)を考え、自分たちにできることを提案する文章を書くという見通しをもつ。
③ 教科書や教師の例文を参考に、提案文の特徴を考え、書く文章のイメージをもつ。

・第二次(4時5時6時7時8時9時
④ 提案のための資料を収集する。〈 端末活用(1)
⑤⑥ グループで具体的な提案内容について話し合う。必要に応じてさらに資料を収集する。〈 端末活用(2)
⑦ グループで提案する文章の構成を考える。
⑧ グループで分担して下書きを書く。〈 端末活用(3)
⑨ グループで下書きを読み合って推敲する。〈 端末活用(4)

・第三次(10時
⑩ 提案文を読み合い、感想を交流してよさを共有し、学習を振り返る。

各時のワークシート例、板書例と全時間の指導アイデア

【1時間目のワークシート例 】

1時間目のワークシート例
▶︎ワークシート例のダウンロード

〇 第1時は、自然や環境に関する書籍のコピーや新聞記事から、興味をもった記事を選び、画像やデータとしてタブレットに取り込んだり、記事を貼って新聞スクラップを作ったりします。教師が事前に用意しておいたものに加えて、子供自身も社会科での学習を想起し、興味をもった書籍や新聞記事を集める活動を行うと、課題意識や見通しをもつのに有効です。 

記事を集めるにあたっては、

『考えよう!地球環境 身近なことからエコ活動』シリーズ(財団法人環境情報普及センター・監修,竹内聖子、他・文/金の星社)
『地球のためにわたしたちにできること』シリーズ(ポプラ社)
『調べよう ごみと資源』シリーズ(松藤敏彦・監修/小峰書店)
「こども環境白書」(環境省ウェブサイト)
「環境問題を考えよう」(Yahoo!きっずウェブサイト)

などを参考にすると集めやすいでしょう。

同じ内容の記事を集める必要も、この段階でテーマを絞る必要もありません。
まずは子供自身が自然や環境の問題点について考え、課題意識をもち、そこからテーマを決めていけるようにするために、テーマ設定までの時間は十分に確保したいと思います。それが子供の主体的な学びにつながっていくでしょう。

集めた記事を読んでどんなことを思いましたか? 自然や環境について、ここが問題だ、心配だと感じたことを書きましょう。

電気が足りなくなって、節電注意報というものが出たんだ。電気を使いすぎるのはよくないんだ。学校や家でも電気がつけっぱなしになっていることがよくあるよ。

世界にはたくさんの絶滅しそうな動物がいるんだね。

地球温暖化のせいで異常気象が起こるようになって、災害が増えているんだ。地球温暖化はCO2が関係しているんだって。

水や資源の無駄づかいをなくすことなら、自分たちにもできるかもしれないね。

ゴミや電気の無駄づかいを減らすと、CO2が減らせるって本に書いてあったよ。


【2・4時間目のワークシート例 】

2・4時間目のワークシート例

〇 第2時は、集めた資料から思ったことや問題だと感じたことをもとに、提案文のテーマを決めます。テーマを決めにくい場合は、例えばゴミ問題なら学校や家庭から出るゴミの量など、身の回りの事象を具体的にイメージすることで、解決方法が考えやすくなり、テーマも決めやすくなるでしょう。
テーマが決まったら同じテーマを選んだ子供同士でグループを作ります。または事前に生活班などのグループを決めておき、資料を読んで感じたことを発表し合いながらテーマを一つに絞っていってもよいでしょう。

〇 第4時は、テーマについての現状や問題点、解決方法などの資料を集めます。現状について詳しいデータや統計が必要なら図書館、タイムリーな情報が必要ならインターネット、具体的な事例や身近な人の意見が必要ならばインタビューなど、テーマや必要な情報に応じた資料の集め方を考えましょう。個人で進めたり、グループで分担して集めたりするやり方もあります。

集めた資料は、「現状」「問題点」「解決方法」等、種類によって色の違う付箋に書き出すようにすると構成しやすくなります。資料を集めている中で考えた問題点や解決方法も、色分けして付箋に書き出していくようにします。この時間だけでは十分に資料が集められないこともあるでしょう。5・6時にグループで提案内容について話し合い、さらに必要になった資料を集める時間をとることも必要です。十分に資料を集めることで、提案内容が考えやすくなります。

主体的な学びのために〈端末利用の方法と効果〉

付箋に書き出す活動を、ホワイトボードアプリを用いて端末上で行うこともできます。
教師が「現状」「問題点」「解決方法」などと記入したワークシートを作成し、個人やグループで共有できるようにしておくとよいでしょう。集めた資料をグループで共有しながらまとめたり、提案文の構成を考えたりするのに有効です。

テーマについての現状や問題点、解決方法などを明らかにするために、どんな方法で資料を探せばよいでしょうか?

図書館で本や新聞の記事を探したい。

学校の電気の使い方について、先生や友だちがどう考えているかインタビューしたいです。

インターネットで調べれば詳しいことが分かると思います。

調べたことは、内容ごとに色の違う付箋に書いていきましょう。


【3時間目の板書例 】

3時間目の板書例

〇 第3時には、提案文の特徴や書き方を確認します。
提案文では「提案のきっかけ」や、「提案することの具体的な内容」「その提案が実現するとどんな効果があるか」が具体的に書かれていることが大切です。
また、提案内容ごとに段落を分けたり、見出しを付けたり箇条書きにしたりすることで、読み手が提案の内容を捉えやすくなります。これらの特徴を教科書や教師が作成した例文を読みながら考えられるとよいでしょう。5年生で学習した意見文等との違いを考えることで、提案文の特徴に気付きやすくもなります。

評価について

本時は、〔知識・技能〕を評価項目としています。
提案文の特徴や書き方を確認する中で、教科書や教師の例文から「提案のきっかけ」や「具体的な内容」「提案が実現した時の効果」など、提案文の特徴に具体的に気付いている姿、見出しや箇条書きなど、書き方の工夫に気付いている姿。このような姿をBの状況とします。

提案文の特徴は何でしょう? 例文を読んで考えてみましょう。

新聞で読んだことや経験したことが書いてあるから、どうしてそういう提案をしたのか伝わりやすいね。

そのことについての現状や問題点、そうなった原因が書いてあります。

5年生では意見文を書きましたね。そのときの文章と違うところはどんなところですか?

意見文は自分の意見を書いただけだったけど、提案文では具体的な解決方法を書いています。

提案する内容ごとに番号を書いたり、段落を分けたりしてあるから、何をすればいいか分かりやすいです。


【5・6時間目のワークシート例 】

5・6時間目のワークシート例

〇 5・6時では、個人で調べた資料をグループで見合い、具体的な提案内容を考えていきます。
集めた付箋をグループで色ごとに分類し、同じ内容ごとに分けて見出しを付けていくなどすると、内容を整理しやすくなります。具体的な提案内容や実現したときの効果については、グループで話し合って考える必要が出てくるかもしれません。グループでの協働的な学習が中心となる時間ですが、個人で自分の考えを整理するために、必要に応じて個別学習の時間を設けましょう。

評価について

本時は、〔思考・判断・表現〕を評価項目としています。
グループで話し合ったり個人で考えたりする中で、提案したい内容に応じて集めた資料を分類したり関連付けたりしている姿、伝わりやすい文章にするため、伝えたいことを明確にまとめている姿。このような姿をBの状況と判断します。

対話的な学びのために 〈端末活用の方法と効果〉

付箋の整理や提案内容の検討を、ホワイトボードアプリを用いて行うこともできます。
画用紙やノートに付箋を貼っていくよりも、端末上であれば各自で操作ができ、複数の子供が同時にシートに書き込んでいくことができるため、一人の子供が進めてしまったり、話合いに参加できない子供がいたりといった心配がなく、全員が話合いに参加することが期待できます。
新たに付箋を書き足したり、必要のない付箋を削除したりといった操作も端末上でできますし、端末の画面をスクリーン等で映し出すことで、進捗状況を全体で共有したり、話合いが進みにくいグループにとってのヒントになったりする効果も期待できます。


【7時間目のワークシート例 】

7時間目のワークシート例
▶︎ワークシート例のダウンロード

〇 第7時は、提案文の構成についてグループで話し合い、構成メモを作成します。
前の時間に検討した内容について、教科書や教師の例文を参考に、書く内容と順序を整理していきます。どの内容をどこに位置付けるか、付け足すべき内容などもあわせて考えていきます。
教科書にもあるように、ここでは書く内容を端的なメモで書き、文章では書かないということを確認しておくとよいでしょう。あわせて誰がどこを下書きするかも決めておけるといいと思います。

子供たちはこれまでの学習で「序論・本論・結論」という文章の三段構成を学習していますが、今回の提案文も「きっかけ・提案・まとめ」の三段構成になっていることに気付けるようにしたいものです。文章の種類は違っても、三段構成にすることで、書く側も内容を整理しやすく、読む側にとっても分かりやすい文章になることを実感できるとよいでしょう。

評価について

本時は、〔思考・判断・表現〕を評価項目としています。
提案文の構成についてグループで話し合ったり構成メモを書いたりする中で、筋道の通った文章になるように、文章全体の構成や展開を考えている姿、どんな内容をどんな順番で書いたら伝わりやすいかを考えて構成メモを書いている姿。このような姿をBの状況と判断します。

分かりやすくて説得力のある提案文にするためには、どんな内容を、どんな順番で書いたらいいでしょう?

最初に提案をしようと思った理由を書いた方がいいと思います。

提案内容は二つくらいあった方が取り組みやすいと思います。

「こんな取り組みをしたらこんな効果が期待できる」というところを分かりやすくした方がいいね。

まとめに、読んだ人に呼びかけるような言葉を書くと説得力が出ると思います。


【8時間目の板書例】

8時間目の板書例

〇 第8時では、構成メモを元に下書きを書きます。
最初に下書きをする際に意識したいことを確認し、板書しておくと書きやすくなります。
その際に内容のまとまりごとに段落を分けたり、見出しを付けたり、箇条書きにしたりするなどの工夫や、「提案するときにつかう言葉」を選んで書くなど、読み手視点をもちながら書くよう促すことが大切です。教科書に挙げられている言葉を参考にしたり、どんな言葉を使えばいいかをグループで話し合ったりするとよいでしょう。

主体的な学びのために〈端末活用の方法と効果〉

文章を書くことを苦手としている子供には、端末のワープロ機能を用いるよう促すことも有効です。
文章を教師と一緒に考えたり、書きたいことを音声で入力したりすることで、抵抗感なく下書きをすることができるでしょう。
また、ワープロ機能を用いると、各自が書いた下書きをつなぎ合わせることもできるので、段落同士の意味がつながっているかどうかを確認しやすくもなります。子供の実態やその後の活動の展開に応じて下書きの仕方を工夫できるとよいでしょう。


【9時間目の板書例】

9時間目の板書例

〇 第9時では、下書きをグループで読み合って推敲をします。
最初にどんな観点で検討したらよいかを確認しておくと、その観点に沿って下書きを読むことができ、修正点を明確にしやすくなるでしょう。文章の推敲はこれまでも経験していますので、それを思い返しながら観点を考えるよう促しましょう。

評価について

本時は、〔主体的に学習に取り組む態度〕を評価項目としています。
下書きを読み合って推敲する中で、より筋道の通った文章になるように粘り強く文章全体の構成を考える姿、試行錯誤しながら提案文を仕上げようとする姿。このような姿をBの状況と判断します。

対話的な学びのために〈端末活用の方法と効果〉

下書きを端末上で書いた場合は、グループで共有し、修正点に直接書き込んでいくことができます。その際は、修正した部分を赤字にするなどの工夫をすると、どこを直したのかが分かりやすくなり、推敲の効果を実感しやすくなります。

清書を何に書くかは、書いた提案文をどのように発表するか、共有をどのようにするかによって、適した方法を考えます。教室内の子供同士で発表し合うなら画用紙で十分でしょうし、体育館などの広い所で大勢に対して発表するなら模造紙等の紙に清書するのがいいでしょう。スクリーンに映して発表したり、様々な場所で何度も発表したりするのなら、端末を用いて清書をするのも有効です。

分かりやすく説得力のある提案文にするために、どんな観点で下書きを見直せばいいですか?

テーマについて、現状のどこがどのように問題なのかが詳しく書けているかどうか。

提案の内容が分かりやすくて、取り組みやすい内容になっているかどうか。

見出しを書いたり、提案する内容を箇条書きにしたりして、書き方が工夫できているかどうか。

下書きを分担して書いたから、それぞれの文章がつながっているかどうかを確認した方がいいね。


【10時間目のワークシート例 】

10時間目のワークシート例

〇 第10時には、他グループの提案文を読み合ってよい点を伝え合います。
提案文を読むにあたって、最初に読む観点を明確にしておくと、感想交流のイメージが湧きやすくなります。「分かりやすい」「説得力がある」の二点を観点にして、文章の内容と書き方の両面について具体的な着眼点を確認しておくとよいでしょう。
読んでいて分からない点があったら質問をしながら読むように促しましょう。よいと思った点は付箋に書いて他のグループに渡します。もらった付箋を読むことで、自分たちの提案文のよかったところを振り返ります。
最後に各グループのよかったところを全体で共有することで、提案文を書く際のポイントを振り返ることができます。

他のグループの提案文を読んで、よいところを伝えましょう。分かりやすい提案文、説得力のある提案文とは、どんな文章だと思いますか?

提案内容が分かりやすい文章だと思います。

その提案をやってみたら、どんな効果があるか、はっきりしていると説得力があります。

文章の書き方には、どんな工夫があるとわかりやすい文になりますか?

内容ごとに段落を分けてあったり、見出しを使ったりしていると読みやすいです。

ポイントを意識して、他グループの提案文を読んでみましょう。

深い学びのために

他グループの提案文を読むことで、自分たちの提案との共通点や相違点に気づいたり、新たな情報を得てさらに考えを深めたりすることができます。それがより実践に力を入れようとする意識の高まりにつながることが期待できます。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア①
・小6 国語科「狂言 柿山伏」「柿山伏について」板書例&全時間の指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 7「This is for you.」指導アイデア
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア①
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア①
・小3体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号