小4算数「2けたでわるわり算の筆算」指導アイデア

執筆/福岡教育大学附属小倉小学校教諭・小川毅彦
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、福岡教育大学教授・清水紀宏

本時のねらい

本時5/11時 

(2、3位数)÷(2位数)の筆算で仮商が大きすぎた場合の筆算のしかたを考える活動を通して、仮商の修正のしかたを理解し、筆算で計算することができるようにする。

評価規準

仮商の修正のしかたを理解し、筆算で計算することができる。(知識・技能)

問題1
252 ÷ 36 をしましょう。

前の時間と同じように考えて計算しましょう。最初はどうしますか。

商の見当を付けます。

商の見当を付けるとどうなりますか。

25÷3=8です。

では、続きをやってみてください。(計算させる)

36と8をかけると288になってひけません。

困りましたね。どうしたらよいか、隣のお友達と相談しましょう。(短時間で相談させる)

本時は、仮商が大きすぎた場合の筆算のしかたを考えながら、仮商の修正のしかたを理解し、筆算で計算する技能を身に付けさせていきます。はじめに、除数と仮商の積が、被除数より大きくなる場合の筆算のしかたについて話し合うことで、仮商の修正のしかたの見通しをもつことができるようにしましょう。

学習のねらい

見当を付けた商を直す筆算のしかたを考えよう。

見通し

  • 商の見当を付けて筆算をする。
    25÷3=8
  • 1小さい商を立てる。

問題2
168÷28をしましょう。

この「8」をどのように直せばよいでしょう。

商を減らしたらよいと思います。

付け加えます。商を減らして7にすればよいと思います。

では、商を7にして計算してみましょう。(商を7とすればうまく計算できることを確認する)

次は、問題2をやってみましょう。

自力解決の様子

A つまずいている子
仮商を修正して筆算をすることができていない。

B 素朴に解いている子
仮商を1小さく修正するが、積が被除数より大きくなり、行き詰まっている。

C ねらい通り解いている子
1小さくした仮商をさらに1小さく修正して、正しい筆算をしている。

Aの子供については、授業の導入の計算をふり返らせ、商を減らす必要があることを確認しましょう。

Bの子供については、1小さくしてもうまいかないことを確認したうえで、商をもっと小さくしてみるよう促してもよいでしょう。すべての子供に、最後の正しい結果だけをノートに書くのではなく、商の直し方について、考えたことをノートに残しておくよう促しましょう。

学び合いの計画

自力解決の後は、全体の場でそれぞれの子供の仮商の修正のしかたを共有する場を設定し、「割る数と見当を付けた商の積が大きすぎること」「見当を付けた商を1小さくすること」についての気付きを価値付けて、自力解決で不十分だった点を改善しながら商の修正について探究します。

ノートの例

ノートの例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

見当を付けた商が大きすぎた場合の処理のしかたについて、考えたことを全体で出し合います。

最初の商の見当を教えてください。

16÷2=8だから、8です。

続きを教えてください。

28×8=224なので、商は8ではないと思います。

じゃあ、問題1のように、商は8から1引いた7にするとよいですね。(ゆさぶり発問)

商を7にしたら、28×7=196で168より大きくて計算できません。

困りましたね。この問題は計算できないのですか。

商をさらに1小さくすればよいと思います。(商を6にすれば、計算できることを確認する。)

今日の授業のふり返りをしましょう。

見当を付けた商を引けないときは、商を減らします。

商を1減らしても計算できないときは、2減らします。

見当を付けた商を引けないときは、商を1ずつ小さくしていきます。

学習のまとめ

見当を付けた商を、1ずつ小さくして、筆算をすればよい。

なお、28を30と見積もって商を5と見当付ける子供もいるかもしれません。このときは、28×5=140、168-140=28であり、商を5から6に増やす必要があることを確認します。まとめは「見当を付けた商を1ずつ小さくしたり大きくしたりして、筆算をすればよい」などとなります。

評価問題
①143÷28
②324÷36

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿
・仮商を2回修正して、筆算で計算している。【評価課題①】
・仮商を10から9に修正して、筆算で計算している。【評価課題②】

感想例

  • 商を直す回数を少なくする見方ができるようになりたい。
  • 商が2けたになる筆算のしかたを考えてみたい。

『教育技術 小三小四』2021年6/7月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号