小6国語「世界に目を向けて意見文を書こう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「世界に目を向けて意見文を書こう」東京書籍

指導事項:〔知識及び技能〕(2)ア 〔思考力、判断力、表現力等〕B(1)イ・ウ・エ 
言語活動:ア

執筆/京都府公立小学校教諭・加藤理沙
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈 京都市総合教育センター研修主事・藤本鈴香

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、これまでに意見文や報告文など様々な文章を書いた経験を振り返り、世界や社会の出来事を取り上げ、資料を活用して、説得力のある意見文を書く力の育成を目指します。また、目的や意図に応じた書き方を身に付けることをねらいとしています。

説得力のある意見文を書くためには、資料から様々な情報を見いだし、その事実に対して自分がどう考えたか、事実と意見を区別して明確に書くことが必要です。

自分の意見を述べる際には、考えの理由として、資料に挙げられている数値を具体的に取り上げたり、事実や事例を関係付けたりするなど、自分の意見に説得力を持たせる工夫をすることが大切です。

また、自分の考えや主張が読み手によく伝わるように、論の組み立て方を考え、筋道の通った文章を書くことができるようにします。

②言語活動とその特徴

本単元では、「資料を活用して、事実と意見を明確にした説得力のある意見文を書く」という言語活動を位置付けます。説得力のある意見文を書く活動を単元のゴールとすることで、どのような資料を活用し、どのように表現して書くとよいか、目的や意図に応じた書き方について理解を深めることができるようにします。

書いた意見文を友達と読み合うことで、表現の工夫に気付き、獲得した言葉の力をこれからの表現活動につなげられるようにします。

単元の展開(7時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①国語科や社会科等で意見文を書いた経験を振り返ったり、意見文のモデルを参考にしたりして学習の見通しをもち、学習課題を設定し、学習計画を立てる。
→アイデア1 主体的な学び

【学習課題】資料を活用して、論の組み立てを考え、説得力のある意見文を書こう

第二次(2~6時)

②教材文「世界に目を向けて意見文を書こう」の意見文のモデルを読み、説得力のある意見文の書き方について考える。

③教材文の資料や自分で調べた資料から読み取ったことを基に自分の考えを深める。
→アイデア2 対話的な学び

④自分の考えや主張をどのように述べるか、資料から読み取ったことを関係付けながら理由や事例を挙げて論の組み方を考え、構成メモを書く。
→アイデア3 深い学び

⑤⑥構成メモを基に、表現を工夫しながら意見文を書く。

第三次(7時)

⑦書いた意見文を読んで、友達と感想を伝え合う。

⑧説得力のある意見文を書くために工夫したことや、これからの書く活動に生かせることを確かめ、学習を振り返る。

アイデア1 既習学習で書いた文章や意見文のモデルを見て、学習の見通しをもとう

主体的な学び

説得力のある意見文を書くために

複数の意見文のモデルを読み比べ、良さや課題を話し合う活動を設定することで、本単元で身に付けたい説得力のある意見文を書くためのポイントが見付かり、主体的に書く姿につながります。

▼黒板例

黒板例

どの意見文が良いと思いますか。良いところや課題を見付けてみましょう。

Aの意見文には資料が必要だね。

Bの意見文は、資料から分かる数値を書くと説得力がでるね。

Cの意見文は、論の組立てが分かりやすいね。考えの理由が資料の事実から分かるから説得力があるね。

目的や意図に応じた書き方について

今までに感想文や紹介文、報告文、意見文など、様々な文章を書く経験をしています。五年生の学習で作った「文章見本帳」を見て振り返ったり、学習したことを付け加えたりするとよいでしょう。文章の種類を意識して書いたり、文章を書き換えたりする力を育成することができます。

文章の種類を意識して書いたり、文章を書き換えたりする力を育成することができます。

アイデア2 複数の資料を活用して、自分の考えを深めよう

対話的な学び

資料を活用する際には、資料から分かった事実とそれを基に考えたことを区別することが大切です。

資料を読むときに気を付けよう
・見出し
・図表の中の語句
・数値や単位
・発行年や出典など

▼資料から事実を得て考えを整理する

資料から事実を得て考えを整理する

一つ一つの資料から読み取った事実とそこから考えたことを簡単にメモしておくと、自分の主張したいことに合った、効果的な資料選びに役立ちます。資料は複数あると説得力が増すでしょう。

教材文にある「児童労働」や「フェアトレード」の他にも、「環境問題」「紛争」「グローバル化」「国際協力」など、社会科や総合的な学習の時間と関連させ、児童の興味・関心に合ったテーマを取り上げることもよいでしょう。

学校司書と協力して、国際理解に関連する本を用意しておくと、世界に目を向けるきっかけとなり、学習意欲につながります。

学校司書と協力して、国際理解に関連する本を用意しておくと、世界に目を向けるきっかけとなり、学習意欲につながります。自分で課題を見付けたり、効果的な資料を選んだりすることもできます。

アイデア3 論の組み方を考えて、構成メモを書こう

深い学び

説得力のある意見文を書くために、「構成メモ」を書いて、読み手によく伝わる「論の組立て」を考えましょう。

▼構成メモの例

構成メモの例

この資料から分かる事実の後に、もう一度、自分の考えを書くと、主張したいことがはっきりと読み手に伝わるよ。

○○の数値と○○の数値を比較しながら意見を述べると、もっと説得力が出ると思うよ。

「構成メモ」が書けたら、友達と読み合い、考えや主張がよく伝わるように資料が活用できているか確かめ合うと、表現を工夫して書くことにつながります。

友達と読み合い、考えや主張がよく伝わるように資料が活用できているか確かめ合うと、表現を工夫して書くことにつながります。

イラスト/斉木のりこ 横井智美

『教育技術 小五小六』2020年11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号