小5社会「貿易や運輸」指導アイデア

関連タグ

執筆/東京都公立小学校主任教諭・清水隆志
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登、東京都大田区教育委員会統括指導主事・木下健太郎

目標

我が国の工業生産について、交通網の広がり、外国との関わりなどに着目して、地図帳や地球儀、各種の資料で調べてまとめ、貿易や運輸の様子を捉え、それらの役割を考え、表現することを通して、貿易や運輸は原材料の確保や製品の販売などにおいて、工業生産を支える重要な役割を果たしていることを理解できるようにする。

学習の流れ (6時間扱い)

問題をつくる(1時間)

○貿易や運輸についての疑問や調べたいことを基に、学習問題や学習計画を立てる。

〈学習問題〉
日本はどのような貿易をしており、貿易や運輸はどのような役割を果たしているのだろう。

追究する(4時間)

○貿易相手国や主な貿易品など、日本の貿易の特徴について調べる。
○船、飛行機、鉄道、自動車、輸送手段それぞれの特徴について調べる。
○国内外の交通網の広がりについて調べる。
○貿易や運輸に携わる人々の工夫や努力について調べる。

まとめる(1時間)

○船や飛行機での輸送ができなくなったら、日本の工業はどうなるか考える。
○学習問題について自分の考えをまとめ、貿易や運輸の役割について考える。

導入の工夫

自分たちの身の回りにたくさんの海外製品があることをおさえ、自動車工業の学習を振り返り、関連付けることで、貿易や運輸について関心を高めます。

※宿題として家庭内の海外製品を調べておくと、より輸入品の多さに気付くことができるでしょう。

自分たちの身の回りには、どのような海外製品があるでしょうか。

服は、ほとんどの物が外国製だった。

電化製品も、外国製の物が多かったよ。

僕たちの身の回りには、海外でつくられた物がたくさんあるんだね。

自動車工業では、外国とどのようなやり取りがあったでしょうか。

原料は、大部分を輸入していた。

完成した自動車は、船で輸出されていたね。

自動車以外でも、外国との物の売り買いは盛んだと思います。

では、外国と物を売り買いする「貿易」の時、何で多く運ばれているでしょうか。

遠いところに運ぶから飛行機じゃないかな。

えっ? ほとんどが船で運ばれているんだ。

飛行機で運ばれているのは何かな。

どんな物が輸入されているんだろう。

日本の貿易や運輸についての疑問や、知りたい、調べたいと思うことなどを基に、学習問題をつくりましょう。

問題をつくる(1/ 6時間)

身の回りに多くの海外製品があることや、自動車工業における原材料等の輸送及び輸出入などを関連付け、学習問題をつくり学習計画を立てます。

学習問題
日本はどのような貿易をしており、貿易や運輸はどのような役割を果たしているのだろう。

●学習問題に対する予想を基に、学習計画を立てる。

まとめる(6 /6時間)

学習してきたことを基に、学習問題について自分の考えをまとめ、日本の工業における貿易や運輸の役割について考えます。

多角的に考える

「船や飛行機での輸送ができなくなったら、日本の工業はどうなるだろう」という問いを設定することで、日本の工業にとって貿易や運輸がいかに重要な役割を果たしているかについて捉えられるようにします。

世界地図やグラフを示しながら多角的に考える

もしも、船や飛行機での輸送ができなくなったら、日本の工業はどうなるでしょうか。

貿易ができなくなってしまい、製品をつくっても輸出することができなくなると思います。

原料が輸入できなくなってしまうので、工業生産が止まってしまうと思います。

日本の工業に、とても大きな損害が出てしまうと思います。

私たちも日本の工業製品が使えなくなって困ってしまうと思います。

学習問題について、自分の考えをまとめましょう。

四方を海に囲まれた日本にとって、運輸の果たす役割はとても大きい。

原料をたくさん輸入している日本にとって、貿易はなくてはならないものだ。

貿易や運輸は、日本の工業にとってとても重要な役割を果たしていると思います。

単元づくりのポイント

新学習指導要領にて、新たに独立して示され、「貿易や運輸」が工業生産を支える役割を考える単元です。貿易額などのグラフや統計資料の読み取りにとどまらず、運輸業や倉庫などの物流に関わる人々の働きや、港湾や空港などの施設に触れるなど、学習が“活きたもの”となるよう工夫しましょう。

本計画では、追究段階の第5時に、運輸に携わる人々について調べる時間を設定しました。教科書や日本船主協会によるDVD「暮らしを支える日本の海運」などを活用し、運輸に携わる人々の思い、安全に貨物を運ぶための工夫や努力について触れられるようにしましょう。

また、国土(四方を海に囲まれている)の学習や自動車工業(原材料の輸入、製品の輸出)の学習など、既習事項と関連付けることも大きなポイントです。


イラスト/横井智美、栗原清

『教育技術 小五小六』2020年10月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号