• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

学級経営の記事一覧

1 / 6 ページ

二学期で学級経営のリスタート!成功の手立てとは!?

アメリカでは9月が新学期です。学級経営で、一学期にうまくいかなったことがあっても、アメリカ人になった気分でもう一度やり直せばよいのです。元気にレッツ リスタート…

どの子も活躍できる学級にするため、どのような手立てを講じてますか? 

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。 今回は、学級の中でのリーダーシップの在…

4年3組学級経営物語(11)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。アンテナを張り、子ども達の悩みに寄り添う大切さを知った渡来先生。泳げないことに悩…

低学年の二学期は万全の事前準備で完璧リスタート!

長い長い夏休みを過ごしてきた、一年生・二年生の子供たち。休暇期間中は家庭だけの生活を基盤として過ごしため、子どもたちは課題の提出状況等、個々に状況が大きく異なっ…

4年3組学級経営物語(10)

アンテナを立て、子どもたちの悩みや願いを的確にキャッチする。そして個に応じた支援に取り組む学級経営―それは教師の最も重要なこと。水泳指導の夏休み、泳げないハジメ…

本気の運動会
【ぬまっち流】教師自ら「勝ち」を目指す本気の運動会

競い合うからには「勝ち」にこだわること。運動が苦手な子供や、争いを避ける子供にも、一生懸命チームで力を合わせて取り組むことの気持ちよさを体験させることは必要です…

苦手意識を持たせない! 感覚でつかむ「10000より大きな数」

3年生で学習する「10000より大きい数」の単元では、数が大きくなり苦手意識をもつ子どもが増えてきます。今までの数の授業より、数の概念や感覚を繰り返しつかませる…

夏休み明けの「荒れない学級づくり」ケース・スタディ

夏休み明けは生活習慣や学習習慣が乱れ、クラスが荒れやすいと言われます。荒れを防ぐために、二学期の学級経営の留意点と、この時期にありがちな不安についてケース別に対…

やる気に火をつける「子供主導のカリキュラム・マネジメント」で二学期開始!

自由な長い夏休みの後、二学期の初日から通常授業を始めると、子供たちの体も心もギャップに悩まされることがあります。子ども主導のカリキュラム・マネジメントで、子ども…

二学期の保護者参観授業 鉄板アイディア

出席者が減る二学期以降の保護者参観。保護者にクラスの応援団になったもらうための、ちょっとした「こつ」と「授業案」を紹介します。

1 / 6ページ