• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

『児童心理』の記事一覧

1 / 3 ページ

一年生の担任必読!4月までの準備まとめ7選

初めて小学校一年生の担任をすることになったら、かわいい子供たちと触れ合えることの期待以上に、不安な気持ちの方が大きいかもしれませんね。ここでは、入学式の段取りや…

担任の悪口を言っている子どもにどう接したらいい?【保護者相談】

子どもが話す担任への「悪口」をよくよく聞いてみれば、至極まっとうなことを言っている…。そんなとき、保護者は子どもにどう話していけばいいのでしょうか。「親塾」を主…

忘れ物の指導をやめてみませんか?かわりにできる2つの代替案とは?

教師をしていて最も悩むことの一つに、「児童が忘れ物をしたときの対応」があるのではないでしょうか。クラスに必ず一人はいるであろう、頻繁に忘れ物をする子。この子にど…

小学生のケンカ仲裁:質問箱に一日平均30件の人気教師の答えとは?

インスタグラムの質問箱には、全国の先生方から一日平均30件の質問が寄せられるという、京都教育大学附属桃山小学校教諭の樋口万太郎先生に、よく聞かれる質問と、その答…

ここまでできれば担任合格?一年生担任検定【生活編】スライドつき

いよいよ学年末が見えてきました。子どもたちの評価とともに、自分のふりかえりもしてみませんか?
ここでは、小一担任向けの「一年生担任検定」をご紹介します。ページ…

いざという時にしっかり叱れる教師になるための極意【教師の人気学】

教師という仕事は、人気はないよりあったほうが楽しいというのが正直なところ。しかし、人気を得たいがために、子どもを叱らないのは、結局、本末転倒となります。
そこ…

思考を刺激し整理する教師のしかけと問いかけ14【♯三行教育技術】

♯三行教育技術(Twitterで【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュタグをつけてつぶやくだけ!)より、子どもたち同士のコミュニケー…

子供への「二人組になってね」という声がけに潜む問題点とは?

当たり前の教育活動の中に、子どもを傷つける要素が潜んでいるかもしれないと考えたことはありますか? 例えば、「二人組になってね」。なんの悪気もない、当たり前のよう…

「自分を笑顔にしてくれた人を好きになる」鉄板メソッド【教師の人気学】

教師という仕事は、子供や保護者から嫌われているよりも好かれている方が、圧倒的に楽しく、そして効率的に仕事ができるものです。
そこで、今回はザ・めちゃモテ教師、…

教室の空気をあたたかく変えたい時に使える技24【♯三行教育技術】

Twitterで募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュタグをつけてつぶやくだけ!詳しくはこちら)。今回は…

1 / 3ページ