二学期のめあての決め方のポイント

特集
夏休みあけの学級経営リスタート特集

気持ちを新たに、よりしっかりとした二学期のめあてを決めるためのポイントを紹介します。

執筆/東京都公立小学校教諭・小田友美

二学期のめあての決め方のポイント
イラストAC

「めあて」は「願い」ではありません

二学期は気持ちを新たに、よりしっかりとしためあてを意識して学校生活が送ることができるよう、モチベーションをもたせることが大切です。苦手なことを克服するめあても大切ですが、得意なことをさらに伸ばすめあてを設定してもよいでしょう。

一学期の課題を直接声かけし、めあてをもたせる指導ができると効果的です。

特に生活面での改善が必要な子供には、具体的なめあてを決めるとよいでしょう。ただし、特別支援の必要な児童には配慮が必要です。

めあては、「願い」ではありません。

「漢字テストは百点をとる」は「願い」です。これをめあてにするには、「漢字テストを百点にするために、毎日漢字を練習する」となります。「めあて」をつくるときには、「願い」との違いも意識させたいものです。

「2学期のめあて」

「忘れ物をなくす」ではなく、「忘れ物をなくすために、帰ったらすぐに翌日の準備をする」というように、具体的な行動をめあてにしましょう。

イラスト/山本郁子

『教育技術 小三小四』2020年9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
夏休みあけの学級経営リスタート特集

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号