• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

表紙の絵本画家リレーエッセー 村上康成さん

2019/5/15

雑誌『教育技術  小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本画家に表紙用のイラストの作画をお願いしていきます。本コーナーでは、その絵本画家さんに、小学生の頃の思い出を当時の写真とともに綴っていただきます。2019年6月号は、村上康成さんの思い出です。

教育技術2019年6月号表紙
『教育技術』2019年6月号3誌の表紙に使用された、村上康成さんの絵

無限大の楽園

5年生、一泊二日の臨海学校。海に圧倒された山の少年たち。 前列右が村上康成さん。

海のない岐阜県は、郡上市に生まれ、瑞浪市(みずなみし)と中津川市で少年時代を過ごした。

毎日、そばにあるのは、池や田んぼ、そして川。それは少年には無限大の楽園だった。

夏の日に温まった田んぼの水に足を突っ込めば、ムニュっと泥が摑んで引きずり込む。

タガメやトノサマガエルがスーイスイ。足が取られて四つんばい、「たすけて〜」。

瑞浪市を流れる土岐川は、高度成長期真っただ中で、陶器工場からの排水で、真っ白だった。

雪の降る日、底の見えない白い川に魚をすくいに行って、深みにはまり、流された。どんぶらこ、どんぶらこ。

幸い一緒にいた友達が河原を走って、ぼくを引き上げてくれた。

それでも、川には知らない生命が潜み、少年の心は躍り続けた。初めて、ミミズでオイカワを釣った時、大人になっちゃったと、心が震えた。

デビュー作へとつながる水中体験

ため池の岩の上から、麦わら帽子でフナ狙い。

ときどき連れられて出かけた中津川市の付知川(つけちがわ)は、青く澄んだ流れで、魅惑の水の色。

父がまだ泳げないぼくの水泳パンツを摑んで、「潜って見てみい」と教えてくれたのが、アマゴの群れだった。

エメラルドグリーンに差し込む太陽の光に、ゆらめく魚体の美しさたるや!

絵本のデビュー作『ピンク、ぺっこん』へとつながる衝撃だった。

潜ったり、流れたり、釣りしたり、アユやニゴイと泳ぎ、瀬や淵の水の流れを知った体は、今もなお突然に疼き出し、都会のアトリエから、無限大の楽園へと脱走する。

村上康成
1955 年 岐阜県出身。絵本作家。エッセイスト。1986 年に絵本『ピンクとスノーじいさん』でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。以後、『プレゼント』『ようこそ森へ』で同賞受賞。また1991 年『ピンク!パール!』でBIB 展金牌受賞。2003 年『なつのいけ』で第8 回日本絵本賞大賞受賞
http://www.murakami-museum.co.jp/

関連する記事

その他記事一覧

保護者会で信頼を得る話の聴き方、進め方

小学校の保護者会で、相手のことを思いやるあまり援助的・指導的な話し方になると、かえって自分の話をしっかり聴いてもらっていないと保護者は感じてしまいます。個人面談…

2019/7/16

おじぎ 分離礼
正式な礼の仕方「分離礼」を指導しましょう

一学期が終わるころ、4月から始まった新しい学級はシステムが定着し、安定してくる時期です。高学年は、委員会活動、クラブ活動や異年齢交流活動など、学級の外で頑張るこ…

夏の研修会
ベテラン教師直伝!夏の研修会200%活用術

夏休み期間は、各地で「研修会」が目白押し。どの研修会に行き、どのように学び、どう活用すればよいのか、そのハウツーをご紹介します。

2019/7/13

プラスチック色鉛筆 自由課題
想像力と創造力を鍛える自由課題「色鉛筆ドロップス」

「プラスチック色鉛筆」は、ちょっとした空き時間と相性抜群の文房具です。芯が折れにくい、手が汚れにくい、などの特長があり、片付けも容易。机の中に常駐させ、いつでも…

2019/7/12

映画『風をつかまえた少年』で、学びの本質を考える

学校にも行けず、食べるものもない。アフリカの貧しい地域での過酷な状況の中、14歳の少年が一冊の本と出会い、独学で作り上げた風力発電で飢饉から村を救い未来を切り開…

2019/7/11

中野信子
「キレる」をスキルに!戦略的活用でコミュニケーションに活かそう!

「キレる」という感情は、人間にそもそも備わっているものーーそう語るのは『「キレる!」脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』の著者である脳科学者の中野…

この夏、注目の研究会(2019年7月下旬から4本)

まもなく夏季休業、教師力アップのために有効に使いたいですね。7、8月は研究会も多数開催されるので、参加して自らの学びにつなげてはいかがでしょうか。そこで7月下旬…

2019/7/3

菊池先生と林先生
この夏、見ておきたい「学ぶこと」の本質を映し出す教育映画2作品

教育の本質とは何なのか?を考えるよい機会となる教育映画『ニッポンの教育 挑む(第二部)』『林竹二の授業 ビーバー』の上映イベントを紹介します。教師の力量をどう高…

EQイメージ
保護者も気にする「教師のEQ、高いか低いか」【保護者座談会】

昨今、注目されている教師のEQ(Emotion Intelligence Quoient/心の知能指数)。EQが高い先生でよかったこと、反対に低い先生で残念だっ…

2019/7/2

ぬり絵
心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】7月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。
7月は朝顔や花火など夏にぴったりなぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご…

もっと見る