小6国語「狂言 柿山伏」指導アイデア

関連タグ

教材名:「狂言 柿山伏」 光村図書

指導事項:伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項ア (ア)

執筆/千葉大学教育学部附属小学校教諭・青木大和
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈 千葉大学教育学部附属小学校副校長・大木圭

小6国語「狂言 柿山伏」指導アイデア

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

日本の文化・伝統に対して関心をもち、音読を通して狂言の面白さを表現する力を育むことを目指します。「柿山伏」は、主人公「山伏」が柿を盗もうとするところを、柿の持ち主「柿主」に見つかり、猿や鳶などのまねをさせられ、自分の罪を覆い隠そうとする姿を面白おかしく描いている作品です。

日本の伝統文化である狂言というものを、「柿山伏」の物語を通して理解することで、物語や伝統芸能の面白さ、昔の人々の生き方を気付かせていくことができます。

②言語活動とその特徴

本単元で取り組む言語活動は、音読劇をすることです。音読劇とは、教材「柿山伏」の音読を通して、狂言独特の調子のよいリズムを実感し、登場人物のせりふややりとりの面白さを想像しながら読む活動です。

狂言は、独特なリズムや言い回しが随所に見られ、音読の難易度としては高く、その特徴をしっかりと確認する必要があります。また、「劇」にすることで、ただ文字を追っていくだけではなく、登場人物の心情や言葉の意味を理解して、演じる必要があります。

そのため、子供は主体的に言葉の意味を調べたり、発音やリズムの特徴を読み取ったりすることができるでしょう。これらの活動を通して、狂言に関心をもち、古典に積極的に触れていくことが期待できます。

単元の展開(5時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

①学習の見通しをもつ。
・「柿山伏」の朗読CDを聞き、感想を交流する。
・「狂言を楽しみ、音読しよう」という学習課題を設定し、学習計画を立てる。

②「伝えられてきたもの」を読む。
・様々な伝統文化についての知識を得る。
→アイデア1

【学習課題】「柿山伏」の音読劇をしよう

第二次(3・4時)

③「柿山伏」と「『柿山伏』について」を読む。
→アイデア2
・狂言独特の表現と「柿山伏」の話の筋を理解する。
・狂言の面白さについて考える。

④グループに分かれ、「柿山伏」の音読練習をする。

第三次(5時)

⑤音読発表をし、感想を交流する。
→アイデア3

アイデア1 様々な伝統芸能の種類と、その内容のすみ分けをする

日本の伝統芸能とはいってもその種類は様々で、子供にはそれぞれの伝統芸能がどういった種類であり、どう違うのかを理解させることが大切です。単元の導入で写真を提示し、クイズ形式で行うと親しみやすくなります。

■狂言…猿楽の滑稽な部分を劇化した最古の喜劇です。能と併せて行われますが、能とは異なり、物まねの要素を含んだ写実的なセリフ劇です。
【類似】コント

■能
…能面と呼ばれる面を使用し、能舞台で「シテ」と呼ばれる演者が演じます。「謡」という声楽と、「囃子」という楽器演奏にのせて、舞踏的な動きで劇を進めていきます。
【類似】ミュージカル

■歌舞伎…台詞、主に三味線を使った音楽、舞踊の各要素が混然一体となった庶民的な古典演劇です。奇抜な身なりをする意味の〈傾く(かぶく)〉が語源で、時代物を取り入れて路上で演じたことが始まりです。
【類似】ストリートパフォーマンス

アイデア2 実際の映像を見て、特徴を知る

導入では、朗読CDで「柿山伏」を聞かせ、内容の大体を理解させていますが、「音読劇」を意識させるために、映像を活用します。映像を見る際、イントネーション・リズム・身振り手振りの3つの視点で、注意して見るように伝えます。

その後、グループごとに感じた特徴を話し合う時間を設けます。音読の工夫を自由に書き込めるように、教科書のコピーを子供に配付してもよいでしょう。話し合って気付いたことや工夫できる部分を書き込むように促していきます。

グループごとに感じた特徴を話し合う時間を設けます

映像視聴→グループ共有をすることによって、グループ内の音読の創意工夫がそれぞれ見られるようになるでしょう。しかし、特徴をうまく見取れない子供もいるかもしれません。そのため、子供にはしっかりと見通しをもって学習に取り組むように促す必要があります。

自分たちの学習が何に生かされるのかを常に意識してから授業を始めるようにしましょう。『音読劇』を意識することで、子供は自然と意味を調べたり、読み方に注意を払ったりするようになっていきます。

柿主は、山伏に対して命令しているような口調になっているね。

柿主は山伏の呪文にひっかかったようにしているよ。

山伏は動物のまねをしているね。

アイデア3 鑑賞カードを使ってお互いの音読を聞き合い、狂言師になりきっている子供を見つける

発表会では、ただ練習の成果を発揮するのではなく、お互いの発表を「狂言師」として見ていくことを伝えます。そして、グループごとの発表を見ながら、イントネーション・リズム・身振り手振りの視点で見ていくように伝えましょう。

鑑賞カードには、子供の個人名やグループ名を記入し、先に挙げた3つの視点で、どこが、どのように、よかったのかを具体的に書くように促しましょう。発表が終わった後に書かせ、何名かの子供に発表してもらいましょう。

発表が終わった後に書かせ、何名かの子供に発表してもらいましょう。

クラスの実態によっては、ほかのクラスや先生に見せる場合もあります。しかし、独特なリズムやイントネーションのため、子供にとっては恥ずかしさが優先してしまい、練習の成果が出せない子供もいます。同じ教材で学習してきた仲間だからこそ、全力で発表できることもあるかもしれません。

〇〇さんは、山伏になりきって動物のまねをしていました。

□□さんは、狂言師のように力強く、リズムを考えながら音読していました。

イラスト/畠山きょうこ 横井智美

『教育技術 小五小六』2019年11月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号