• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

リコーダー嫌いをなくし、子どもの心をつなぐミニゲーム

2019/4/26

3年生から学習するリコーダー。初めて手にした時はうれしくて、時間を見つけては音を鳴らしている子どもがたくさんいます。しかし、学年が上がり、思うように音を鳴らせなくて「リコーダーなんか嫌いだ」という子どもも、学級に数人いるかもしれません。そんなリコーダー嫌いの子どもを減らすには、リコーダーを吹く機会を増やすことが一番です。思わず吹きたくなる、そして子ども同士の関係が深まるリコーダーの活動を紹介します。

リコーダー
写真/PIXTA

♪まねっこリズム①(シの音を使って)

最初はシの音で試してみましょう。

シは、きれいな音色の出しやすい音です。先生が、8拍分のリズムを考え、シの音で演奏します。(楽譜1参照)

シの音だけを使った、まねっこリズム楽譜

2分音符、4分音符、8分音符、4分休符、8分休符などを使ってリズムをつくるといいと思います。

先生の演奏に続けて、子どもたちがまねをして演奏します。

慣れてきたら、子どもがリズムをつくって、ペアやグループで真似し合う活動に取り組んでいきましょう。

この活動を行うときに、注意する点が1つあります。

それは、困ったときの「お助けリズム」(楽譜2)をつくって、苦手な子どもも安心して取り組めるようにすることです。

お助けリズム楽譜

自分の順番がきてもリズムが考えられない時は、これを演奏したら大丈夫というようにしておきましょう。

♪まねっこリズム②(3つの音を使って)

シの音でまねっこリズムを楽しんだら、次は、使う音を増やしていきましょう。

比較的きれいな音が出る、「ソ、ラ、シ、ド、レ」から3音くらいを選んで活動することをおすすめします(楽譜3)。

3つの音を使ったまねっこリズム楽譜

使う音が増えると当然難しくなります。

成功させるために、教師や友達の運指を、ジッと見つめる子どもが増えてくるはずです。

その空気を大切にしたいですね。

♪リコーダーでしりとり

ぼくはシの音から始まるんだな。
イラスト/伊原シゲカツ

まねっこリズム①や②の活動を、音楽の時間や、朝の会・帰りの会などで少しずつ取り組んでいくと、知らず知らずのうちに子どもたちは、8拍の感覚を身につけていきます。

まねっこリズムを発展させて、リコーダーしりとりに挑戦してみてはいかがでしょうか?

まず4人くらいのグループをつくります。1人目の子どもが「ソ、ラ、シ」の音を使って8拍のメロディーを演奏します。2人目の子どもは、1人目の最後の音から始まる8拍のメロディーをつくって演奏します。3人目の子どもは、2人目の最後の音から始まる8拍のメロディーを演奏するというように、音楽でしりとりをしていきます。

どれだけ長く続けられるか、使う音が増えてもできるか、友達の運指を見ないで、音を聞くだけでしりとりができるかなど、様々な方法で取り組んでみてください。

大阪府大阪市立公立小学校教頭 今村友美

『小四教育技術』2016年5月号より

関連する記事

クラス記事一覧

サンマをきれいに食べるためPDCAサイクルを回す
サンマをきれいに食べて学ぶこと【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。10月は旬のサンマをキレイ食べ…

2019/9/21

芸名を考えてみる
想像力と創造力を鍛える自由課題★自分の別名を考えてみよう

『自分の別名』なるものを、テストや宿題の氏名欄に書いて出す子に出会ったことはありませんか。テストに違う名前を書くこと自体は確かに問題ですが、その豊かで面白い発想…

2019/9/19

子供同士のトラブル時の保護者対応ポイント

新学習指導要領で取り上げられたガイダンス機能の充実。子供が自らの考え方や学び方を主体的に確立していくことの支援を強化する目的があります。ここでは、子供同士がトラ…

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

気になる子の月経や生理、どう支援する?~発達障害と思春期の子供の性

発達障害が気になる子の生理を理解して支援したいけれど、性の話は難しい。小学校高学年は思春期の入り口です。女性は男性に比べて、ホルモンの変化をきっかけとした 月経…

4年3組学級経営物語(13)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標…

やってみよう!学級会の基本とコツ

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導…

子供の心を伸ばす特別活動「キャリア教育」

二学期は成長の時期です。一学期のうちに固まってきた、それぞれの集団が十分に活動するときです。昨年度と同じ活動をするにしても、「何をするか」ではなく「どのようにす…

4年3組学級経営物語(12)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ダレている子、心が疲れた子、自信のない子…、先生はだれ一人見過ごさない。元気を出…

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成…

もっと見る