• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

リコーダー嫌いをなくし、子どもの心をつなぐミニゲーム

2019/4/26

3年生から学習するリコーダー。初めて手にした時はうれしくて、時間を見つけては音を鳴らしている子どもがたくさんいます。しかし、学年が上がり、思うように音を鳴らせなくて「リコーダーなんか嫌いだ」という子どもも、学級に数人いるかもしれません。そんなリコーダー嫌いの子どもを減らすには、リコーダーを吹く機会を増やすことが一番です。思わず吹きたくなる、そして子ども同士の関係が深まるリコーダーの活動を紹介します。

リコーダー
写真/PIXTA

♪まねっこリズム①(シの音を使って)

最初はシの音で試してみましょう。

シは、きれいな音色の出しやすい音です。先生が、8拍分のリズムを考え、シの音で演奏します。(楽譜1参照)

シの音だけを使った、まねっこリズム楽譜

2分音符、4分音符、8分音符、4分休符、8分休符などを使ってリズムをつくるといいと思います。

先生の演奏に続けて、子どもたちがまねをして演奏します。

慣れてきたら、子どもがリズムをつくって、ペアやグループで真似し合う活動に取り組んでいきましょう。

この活動を行うときに、注意する点が1つあります。

それは、困ったときの「お助けリズム」(楽譜2)をつくって、苦手な子どもも安心して取り組めるようにすることです。

お助けリズム楽譜

自分の順番がきてもリズムが考えられない時は、これを演奏したら大丈夫というようにしておきましょう。

♪まねっこリズム②(3つの音を使って)

シの音でまねっこリズムを楽しんだら、次は、使う音を増やしていきましょう。

比較的きれいな音が出る、「ソ、ラ、シ、ド、レ」から3音くらいを選んで活動することをおすすめします(楽譜3)。

3つの音を使ったまねっこリズム楽譜

使う音が増えると当然難しくなります。

成功させるために、教師や友達の運指を、ジッと見つめる子どもが増えてくるはずです。

その空気を大切にしたいですね。

♪リコーダーでしりとり

ぼくはシの音から始まるんだな。
イラスト/伊原シゲカツ

まねっこリズム①や②の活動を、音楽の時間や、朝の会・帰りの会などで少しずつ取り組んでいくと、知らず知らずのうちに子どもたちは、8拍の感覚を身につけていきます。

まねっこリズムを発展させて、リコーダーしりとりに挑戦してみてはいかがでしょうか?

まず4人くらいのグループをつくります。1人目の子どもが「ソ、ラ、シ」の音を使って8拍のメロディーを演奏します。2人目の子どもは、1人目の最後の音から始まる8拍のメロディーをつくって演奏します。3人目の子どもは、2人目の最後の音から始まる8拍のメロディーを演奏するというように、音楽でしりとりをしていきます。

どれだけ長く続けられるか、使う音が増えてもできるか、友達の運指を見ないで、音を聞くだけでしりとりができるかなど、様々な方法で取り組んでみてください。

大阪府大阪市立公立小学校教頭 今村友美

『小四教育技術』2016年5月号より

関連する記事

クラス記事一覧

学級レク≪後半≫

荒れ対策に!今すぐできる「学級レク」【パート2】

6月はの学級は、荒れが出てくる時期です。「荒れ始めたかな」と感じることがあったら、学級レクリエーションで子ども同士の信頼関係を温めましょう。前号記事大好評につき…

クラスにリーダーは必要か?

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 目次 誰もが活躍できる「場面リーダー制」を そのグループ学習は学び合いになっているかスポーツ以外の学級集会を…

「清掃活動をゲーミフィケーション」で主体的なお掃除に

文/フリーランスティーチャー・田中光夫 目次 「ゲーミフィケーション」ってなんだ?ゲームに内在する素敵な力ゲーミフィケーションを教室に 「ゲーミフィケーション」…

朝の会・帰りの会

朝の会・帰りの会で学級に活気と潤いを

忙しい時期はついつい、朝の会・帰りの会が疎かになっていませんか? 子どもたちの1日の始まりをスムーズにしたり、学級への帰属意識を高めたりするためにも、朝の会・帰…

学級レク≪前半≫

荒れ対策に!今すぐできる「学級レク」5選

「最近、指導が入りにくくなった」「荒れ始めているかも」と感じたら、すぐ対策に打って出なくてはなりません。荒れ防止に有効なのは、何と言ってもクラスの信頼関係。その…

熊アート

指導の型で見失う『子どもありき』の視点

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 目次 金太郎飴的な指導方法の気味悪さタイマーで時間管理する授業への疑問多数決によらない集団決定とは? 金太郎…

2019/5/19

支援が必要な子どものトラブル解決法

ゴールデンウィーク明け、1年生は入学してそろそろ一か月が過ぎ、子どもたちも学校生活に慣れ始めてきたころでしょうか。今回はそんな時期だからこその視点で、考えていき…

異年齢交流活動で子どもは育つ

違う学年同士の交流は、子どもの成長に欠かせないものです。特別活動を柱にした教育活動によって、子どもの自尊感情を高め学級崩壊のない学校づくりを実現している東京都八…

沼田晶弘先生

ぬまっち流「アナザーゴールで子どもの学ぶ意欲を引き出す!」~計トレ編~

高学年になったら、自ら学ぶ子どもになって欲しいと期待しますが、子どもは興味がないことはやりたがりません。子どもたちが学ぶようになる仕掛け「アナザーゴール」を編み…

教室で輪になる子どもたち

一年生一学期のクラス会議初期指導のコツ

子どもたちが輪になって座り、議題箱に投じられた学級の課題、個人の課題を、対等な関係性のもとで話し合って解決していくクラス会議。学級に民主主義を育み、子どもたちに…

もっと見る