• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

仲のよい学級づくりのために! 自己紹介&係決めでの「子どもへの声かけ」ポイント

2019/4/18

新学期、中学年を受けもつ担任として、子どもを成長させながら子どもと仲よくなれる「声かけ」とは? 東京都江戸川区立公立小学校主任教諭 佐々木陽子先生から、子どもへの「声かけ」についてアドバイスをもらいました。

自己紹介で子どもの心をつかむ
自己紹介で子どもの心をつかむ イラスト/藤井昌子

【1】自己紹介の挨拶

初めての中学年担任や転勤したばかりの場合、経験は浅いけれど、親しみを感じてもらいつつ、子どもたちとつながるような自己紹介をしたいものです。どんな声かけが効果的でしょうか。

×言いがちなNGワード

「三年生(四年生)の担任になるのは初めてなので、いろいろみんなに教えてもらうこともあると思います。みんなと一緒に成長していきたいので、先生のことを助けてくださいね」

初任の先生など、経験の浅い先生ほど、子どもたちと一緒に成長していきたいという気持ちから、「初めてなので」と自分の経験のなさをアピールしがち。また転任したばかりの先生も、「先生はこの学校に来たばかりなので、この学校のことをみんな教えてね」などと、助けを求めるようなフレーズを使いがちです。しかし、新学期の子どもは新しい先生にどのようなことを期待しているのでしょうか? 最初の挨拶では、子どもたちに助けを求めるのではなく、子どもたちをワクワクさせ、期待度を高めるようなことを「宣言」したいものです。

◎言い換え例

「先生は遊ぶのが大好きだから、曜日を決めて毎週先生と遊ぼうね」
「先生は誰かの長所を見付けるのが得意なんだ。みんなのよいところ、どんどん見付けるからね!」

子どもたちは先生と遊ぶことが大好き。初日に「みんなと遊びます」と宣言してくれると、子どもたちの期待度が高まります。また中学年では、進級をきっかけに「自分を変えたい」と思っている子も多いものです。特に前年度に先生からマイナス面ばかり指摘されてきた子ほど、今年こそ変わりたい、先生に自分のよいところを見てもらい認めてもらいたいと思っています。だからこそ、「みんなのいいところを見付けるよ」と伝え、その場で「○○さん、姿勢がいいね」など、初日からどんどんほめていきましょう。

こんな言い方もOK!
「先生の好きなものは○○です」

自分の好きなものをたくさん話すこともよいでしょう。共通や共感は、子どもたちに好きになってもらうキーワードです。先生と共通の好きなものがあると子どもは安心感を持ち、「この先生にはなんでも話せそう」という印象を持ちます。さらに、子どもたちの好きなものもたくさん聞いてあげるとよいでしょう。子どもに人気のYouTuberやお笑い芸人などをチェックしておくと話題も広がります。

【2】居場所をつくる声かけ

学級開きで行う係決め。中学年からは、係活動はお手伝い的な活動ではなく、学級のために役立つような活動内容や役割を自分たちで考えられるように「声かけ」も工夫しましょう。

係決めは自主的な活動に
係決めは自主的な活動に イラスト/藤井昌子

×言いがちなNGワード

「係を決めます。学級に必要な活動はわかりますね」
「自分のやりたい係を選んで、リーダーと役割分担を決めてください」

学級開きの段階では、子どもたちに「このクラスには自分の居場所がある」という安心感を与えたいもの。そのためにも、子どもたちそれぞれが持ち場を持って活躍できる、「場所」と「システム」をつくることが肝心です。その一つが係活動です。でも、中学年ではリーダー的存在がある程度決まっているので、その他の子は、そのお手伝い的な存在になってしまいがちです。そこで、係活動を決める際には、自分たちが活動をつくっていくという意識を高め、自発的・自治的な活動になるような声かけが必要です。

◎言い換え例

「クラスはみんなでつくるものだよね。先生は、一人ひとりが学級のために輝けるようなクラスにしたいと思っています。係もそんな活動にしたいよね。みんなも自分たちが学級のためにやってみたいことを考えてみよう」

最初に係活動を決める際、「一人ひとりが活躍できるクラスにしたい」という目標を掲げ、さらに中学年からは、誰かの指示で動くのではなく、自分から動くことが大事であることを伝えます。「会社活動」などとネーミングを変えて、より創造的な活動にするのもよいでしょう。例えば、「歌が好きなので歌で学級を盛り上げたい」という係や会社ができたら、朝の会など、活動できる場を提供し、ほめて価値付けしてあげます。すると、「好きなことを表現してほめられる」→「クラスに自分の居場所ができる」→「自信が付く」→「学習や学校生活にも意欲的になる」というプラスのサイクルが生まれ、「一人ひとりが輝く」というクラスの文化となります。

POINT 子どもの後ろに保護者あり!

新学期は保護者も新しい担任への関心が高いもの。帰宅後、子どもたちに「今度の先生どう?」と必ず印象を聞きます。だからこそ、初日から数日間の言葉がけは重要。自己紹介で自分の経験のなさをさらけ出すのは、そのまま保護者に伝わるのでNG。保護者からの信頼を得るためにも、学級開きの段階では、子どものよさを引き出し、徹底的にほめることが大事です。子どもたちが自宅で、「今回の先生は私のこんなところをみんなの前でほめてくれたよ」などと報告すると、保護者は必ず好印象を持ちます。

取材・文/出浦文絵

『教育技術 小三小四』2019年4月号より

関連する記事

クラス記事一覧

朝の会・帰りの会

朝の会・帰りの会で学級に活気と潤いを

忙しい時期はついつい、朝の会・帰りの会が疎かになっていませんか? 子どもたちの1日の始まりをスムーズにしたり、学級への帰属意識を高めたりするためにも、朝の会・帰…

学級レク≪前半≫

荒れ対策に!今すぐできる「学級レク」5選

「最近、指導が入りにくくなった」「荒れ始めているかも」と感じたら、すぐ対策に打って出なくてはなりません。荒れ防止に有効なのは、何と言ってもクラスの信頼関係。その…

熊アート

指導の型で見失う『子どもありき』の視点

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 目次 金太郎飴的な指導方法の気味悪さタイマーで時間管理する授業への疑問多数決によらない集団決定とは? 金太郎…

2019/5/19

支援が必要な子どものトラブル解決法

ゴールデンウィーク明け、1年生は入学してそろそろ一か月が過ぎ、子どもたちも学校生活に慣れ始めてきたころでしょうか。今回はそんな時期だからこその視点で、考えていき…

異年齢交流活動で子どもは育つ

違う学年同士の交流は、子どもの成長に欠かせないものです。特別活動を柱にした教育活動によって、子どもの自尊感情を高め学級崩壊のない学校づくりを実現している東京都八…

沼田晶弘先生

ぬまっち流「アナザーゴールで子どもの学ぶ意欲を引き出す!」~計トレ編~

高学年になったら、自ら学ぶ子どもになって欲しいと期待しますが、子どもは興味がないことはやりたがりません。子どもたちが学ぶようになる仕掛け「アナザーゴール」を編み…

教室で輪になる子どもたち

一年生一学期のクラス会議初期指導のコツ

子どもたちが輪になって座り、議題箱に投じられた学級の課題、個人の課題を、対等な関係性のもとで話し合って解決していくクラス会議。学級に民主主義を育み、子どもたちに…

アクティビティ

学級の空気を切り替える! ミニゲーム&アクティビティ

授業中や活動中などに、ちょっとした時間でできるミニゲーム&アクティビティをご紹介。子どもたちが落ち着かないときや、集中力が切れてしまったときに行えば、学級の空気…

荒れ防止記事のキャッチ画像です

10連休!GW明けに困らない!「クラスの荒れ」防止策

今年のゴールデンウィークは10連休! 長い連休明け、落ち着かない子供たちの生活リズムを元に戻すために、学級経営や授業をどのように工夫すればよいのでしょうか。 神…

リコーダー嫌いをなくし、子どもの心をつなぐミニゲーム

3年生から学習するリコーダー。初めて手にした時はうれしくて、時間を見つけては音を鳴らしている子どもがたくさんいます。しかし、学年が上がり、思うように音を鳴らせな…

もっと見る