• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

小学生が座ったまま遊べるレクまとめ【新型コロナ対策】

2020/4/7

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から子どもたちの密接な交流を避けながらも、学級内で楽しい雰囲気を作れる「自分の席に座ったままでも遊びながら楽しめる」学級レクをまとめました。

写真AC

語彙が増える!一体感が高まる!「ふやしりとり」

語彙が増える!一体感が高まる!「ふやしりとり」
イラスト/佐橋慶彦

字数制限を加えて、高学年でも楽しむことができるようなアレンジを加えたしりとりです。

【やり方】

2文字の言葉から始めて、次は3文字、4文字というようにだんだんと字数を増やしていきます。8文字くらいを目途に折り返し、今度は7文字、6文字と減らしていきます。

例えばこんな感じです。

②りす→③するめ→④めんぼう→⑤うしがえる→⑥ルールブック→⑦クライマックス→⑧ストップウオッチ→⑦ちょうないかい・・・

少人数のグループ遊びとしても楽しめますし、挙手制にして学級全体で行うこともできます。みんなで頭を抱えたり、見事な回答をした友達に驚いたりしているうちに学級の一体感が高まってきます。

この遊びはこちらの記事で紹介しています。→ 特別な準備物ゼロ、ルール説明も簡単!「お手軽すきま遊びベスト3」

みんなが笑顔「後出しじゃんけん」

いつでもできる「じゃんけん」で、教室の空気をパッと明るくしましょう!

【やり方】

教師が「じゃんけんポン」でグーチョキパーのどれかを出した後、ワンテンポ遅れて子どもたちが「ポン」と言いながらグーチョキパーを出す後出しじゃんけん。じゃんけんの前に、教師が勝つ条件を言ってからはじめます。

「後出しじゃんけん」
イラスト/田中光夫

1.「あいこ」が勝ち
教師が「あいこになりましょう、じゃんけんポン!」と言ったら1テンポ遅れて、子どもたちが「ポン」とじゃんけんを行い、あいこになれば勝ち。

2.「勝ち」が勝ち
1と同様に「勝ちましょう、じゃんけんポン!」と言って後出しじゃんけんをし、勝った人が勝ち。

3.「負け」が勝ち
1と同様に「負けましょう、じゃんけんポン!」と言って後出しじゃんけんをし、負けた人が勝ち。

【発展】

■かけ声を変える
勝ち負けのルールは変えず、次のようにかけ声を変えていきます。
教師が「じゃんけんポン」と言ったら、子どもは「パン」
教師が「じゃんけんパン」と言ったら、子どもは「ポン」

■クラス全員vs.教師で目標を決めて行う
「連続で何回勝てるかな? 全員で先生に勝つ連続回数を増やしましょう」と言って後出しじゃんけんを行い、回数を数えます。「【みんなで】を意識して、心を一つにしたからこんなに先生に勝てたのですね。みんながみんなのことを考えることは、素敵なことですね」と仲間意識を高めます。

平常時に戻ったらやってみたいレクもたくさん…!→ 荒れ対策に!今すぐできる「学級レク」5選

だれが どこで 何をした

おなじみの「だれが どこで 何をした」ゲームも、席を立たずにできますよ。

【やり方】

3枚のカードを配ります。3 色に分けておくとわかりやすいでしょう。1枚の紙に書いて、あとで切って集めてもいいのです。シートはその一例です。

学級レク_だれが どこで 何をした
イラスト/林 幸
  • 黄色い紙には「だれが」にあたる言葉をかきます。
  • 黄緑の紙には「どこで」にあたる言葉をかきます。
  • ピンクの紙には「何をした」にあたる言葉をかきます。

それでは、やってみましょう。黄色い「だれが」のところには「動物の名前」をかきます。「どこで」と「何をした」の紙には、なるべく楽しいことをかきましょう。

たとえば、「にわとりが」「富士山のてっぺんで」「走り回った」というようにかきます。

  • クラス全員がつくります。
  • 色ごとにカードを集めます。
  • 先生が3色のカードをランダムに読みます。
学級レク_だれが どこで 何をした
イラスト/林 幸

パンダが 学校で おどった。
アリが 国会で あくびした。

などと思いがけないつながりの文になって、大笑いになります。

「だれが」のところを芸能人にしたり、「どこで」を学校の中にしたり、「何をした」のところに制限を加えることもできます。

文字やことばを並べる 「言葉遊び」をもっと知りたい方はコチラ!→ 学級レクにおすすめ!ことばのセンスを磨ける「言葉遊び」8選

「言葉遊び」いろいろ

子どもが楽しく取り組むことうけあいの、ダウンロードして使える「言葉遊び」プリントの紹介です。

名前ことば

名前ことば
クリックするとPDFがダウンロードできます

「階段ことば」とは、
・あり
・たまご
・しろくま
・しんごうき
・コンピュータ
・しょうがっこう
のように、並べたときに階段状になる言葉あそびです。

「アナグラム」とは、「すずきはなこ」を並べ替えて「はこなきすず(箱無き鈴)」のような意味のある言葉をつくる手法です。

回文をつくろう

回文をつくろう
クリックするとPDFがダウンロードできます

「言葉遊び」で使える資料が他にもたくさん!→ 確実にウケる学級レク『シリーズ資料編』【ことば遊び】


自席にいてもできる楽しいレクを取り入れて、子どもたちのストレスを少しでも軽減できるといいですね。大変な時期ですが、みんなで乗り越えていきましょう!

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

朝の会の「日直クイズ」が子供の話す力・聞く力を養う【動画】

日直の子供に「簡単なクイズ」をやってもらうだけで、毎朝の学級の雰囲気が変わります! どの子にも回ってくる日直という仕事を使って、「話す・聞く」のトレーニングを学…

発表に挑戦できる学級の雰囲気づくり5ステップ【動画】

クラスの子供たちが積極的に発表するためには、子供が「発表するのは心地よい」と思う雰囲気が教室にあることが大切。そうなるために、教師はどのように導いてあげればよい…

休校あけの学級開きを盛り上げるびっくりマジック!【動画】

休校あけの学級開き、久しぶりに会えた子供たちに、先生からのとっておきのマジックで楽しんでもらいましょう!教育技術動画に初登場の土作彰先生が、学級開きを盛り上げる…

教室でソーシャルディスタンスを守って遊べるゲーム3つ【動画】

世界中でソーシャルディスタンスが問題になっています。人との間に距離をとることは学校の中では難しいところです。教育技術本誌でもおなじみの小学校教諭・佐々木陽子先生…

授業の流れを止めずに”聞く雰囲気”をつくれる「いい耳メーター」とは?【動画】

子供たちがざわついて、教師の話を聞いてくれないことはよくありますね。そんなとき、流れを止めずに学級全体の「聞く雰囲気」を自然につくれるアイテムがあります。それが…

起爆剤になるか!自由参加の異学年交流活動【5年3組学級経営物語4】

通称「トライだ先生」こと、2年目教師・渡来勉先生の学級経営ストーリー。児童会活動で提案した異学年交流活動にコンセンサスがとれず、まずは学級独自の自由参加活動とし…

メールと動画で子供との心の距離を縮めるアイデア【動画】

コロナ休校が長引く中、公立校ではなかなかオンライン授業を進めにくい実情があります。でも学級担任としては、子供たちとの心のつながりを保ちたいもの。小学校教諭・佐々…

子どもの意欲が高まる「自習の練習」の効用とは

自分のクラスを自習にさせることは意外と多いものです。校内の研究授業の参観、断れない研修会、急な体調不良などなど。自習体制にするのは、担任の先生としては不安なこと…

ミッションは草の根異学年交流!【5年3組学級経営物語3】

通称「トライだ先生」こと、2年目教師・渡来勉先生の学級経営ストーリー。今回は、思いやりの心や参画意識等を育む異学年交流をテーマにしたお話が展開されます。

子供たちの自己肯定感が育つ ライフスキルの本

日本の子供たちは、世界に比べて自己肯定感が低いと言われています。しかし、これからの世の中を生きていくために伸ばしていかなければならない、重要な能力です。「自己肯…

もっと見る