通知表所見欄の書き方:「具体的な事実」の記載で成長と愛情を伝える

特集
通知表特集:所見の書き方から「出さない」選択まで
関連タグ

年度末は校務が山のように押し寄せて忙しい! しかし、どんなに余裕がなくても通知表作成には、うっかりやおざなりなどがあってはなりません。子供も保護者も教師自身も納得のいくよい通知表について考えてみましょう。

執筆/西南女学院大学非常勤講師・大庭正美、福岡県北九州市公立小学校校長・宮﨑裕之、福岡県北九州市公立小学校教諭・柳田善信、福岡県北九州市公立小学校教諭・本村英祐、福岡県北九州市公立小学校教諭・岩本未希

三学期の通知表と所見欄の記入文例イメージイラスト

「よい通知表」は所見で決まる

通知表づくりは担任にとって重要な仕事の一つです。手間をかけてつくり上げる通知表ですから、保護者や子供にとって価値あるものにしたいのは誰しも同じでしょう。しかし「所見が抽象的でピンとこない」「ほめる言葉が少ない」「言葉の誤用などが多く誠意が感じられない」と受け取られるなど、いわゆる〈ダメな通知表〉を渡してしまえば、それまでの苦労も報われず、教育効果も上がらないという残念な結果になってしまいます。そうならないようにするためにも、作成には十分な配慮が必要です。

よい所見をつくるためには、〈取り上げるエピソードや内容の厳選〉〈簡潔でわかりやすい記述〉〈温かさが感じられる言葉や表現〉など、いくつかの留意すべき点があります。まずは〈よい通知表〉にとって欠かせない基本的なことを改めて確認した上で、三学期の通知表づくりに取り組むことが必要です。

三学期の「よい通知表」とは

三学期の通知表は、この1年を総括する最後の通知表になります。一・二学期とは違った三学期ならではの所見記入上の留意点を踏まえ、受け取る保護者にとって〈よい通知表〉を作成していきましょう。

では、三学期の〈よい通知表〉とは、どんなものでしょうか。子供の伸びが具体的な事実をもとに記述され、次への学びの意欲を喚起するものがよい通知表であることはこれまでと同様ですが、それに加えて1年間を振り返って成長が確認できるとともに、進級へのエネルギーとなるものにすることが求められます。

三学期は期間が短く、授業日数も50日弱しかありませんが、学年のまとめと進級への準備をする重要な学期です。そのため、三学期のカリキュラムに沿った指導とあわせて、1年間を振り返り、まとめの指導をしなければなりません。

子供にも、一・二学期を通じて成長したことを自覚させながら1年間の仕上げをするといった構えをもたせる必要があります。通知表もその指導の一環として位置付け、所見を通して1年間の成長を確かめ、次の学年への展望をもたせるためのツールにしたいものです。

所見についても、例えば「今学期は計算が速く正確でした。これは一学期から続けてきた家庭学習の成果の一つです」などのように、三学期のカリキュラムに関する内容と1年間を通した総括的な内容の二段構えで記述することなども考えられるでしょう。

通知表を見て喜ぶ子供たちイラスト

成長の足跡を事実で伝える

どの子供にも一・二学期を通じて様々な課題があり、その解決に取り組んできたプロセスがその1年間の学校生活そのものです。ですから、三学期はその結果がどのようになったのかを教師は説明する責任があります。その際に大事なのは、具体的な事実をもとに説明することです。それは、保護者懇談会であれ通知表の所見欄であれ同じです。そしてその事実をもとに、子供や保護者と共に成長の結果や今後の課題を確認し合うことが大事なのではないでしょうか。

例えば、少し大げさな言い方ですが、一学期から三学期までの所見を通して読むと、まるでその子を主人公とした成長のドラマのように読める場合があります。事実に基づかず抽象的な表現ばかりが並んだ所見ではそうはならないと思います。また同様に、通知表は一人ひとりの子供を励ます構えで作成されるべきものですが、だからと言って根拠のない抽象的なほめ言葉だけを並べても心に響く励ましにはならないでしょう。

いずれにしろ大切なのは、所見に書ける事実を確実につかんでおくことです。短い三学期ですが、その構えで子供を見取り、記録していくことは一段と重要になると言えます。その際、教師の観察のみに頼り過ぎず、子供の作品や成果物、日常の言動や自己評価結果などの資料を活用することが大切です。

担任からの愛情メッセージ

所見欄は限られたスペースですが、この1年間の担任としての一人ひとりへの愛情のこもったメッセージを伝える場としての機能もあると思います。長々とは書けませんが、その子供のよさや今後期待したいことなどを言葉にしたいものです。

つい「がんばれ」とだけ言ってしまいがちな励ましメッセージを、「○○さんの○○をまた見せてほしい」「〇年生では○○する姿を楽しみにしている」など、その子供が具体的なイメージをもてるようなキーワードを用いて、最後のメッセージにするといいでしょう。これは、1年間かかわった担任としての愛情の表現でもあります。〈よい通知表〉とは、そのような愛情メッセージが込められた温かい通知表だとも言えます。

【愛情メッセージ例】
◇最後の授業参観での発表は、みんなの涙を誘いました。『立派な〇年生だ』という声がたくさん聞かれ、私も本当にうれしかったです。
◇係のメンバーと続けた「モルモットとのふれあいタイム」は学級を明るくしました。新しい自慢を増やした○○さんに脱帽です。
◇休みがちだった○○さんが明るく登校できるようになったのは、○○さんの声かけのおかげです。〇年生になってもその優しさを忘れないでください。
◇クラス替えには不安もあるでしょうが、一学期に友達とのケンカを解決したときのがんばりがあれば大丈夫です。私は○○くんを信じています。
◇〇学期に立てた読書の目標を見事に達成しました。その努力の甲斐あって、学習の成績も上がりました。これからも続けてほしいと願っています。

渡し方の工夫

通知表の渡し方イメージイラスト

学年最後の通知表です。学年末の慌ただしさのために事務的に渡してしまうのは非常にもったいないことです。子供がこの1年間を振り返るとともに次学年への励みにすることができ、しかも将来的に通知表を大事にしていきたいと思えるように、渡し方にもひと工夫してみてはどうでしょうか。

例えば、「保護者からの手紙」「友達からのメッセージ」「先生からの贈り物(絵やイラスト、焼き物、歌など)」「学習の成果物や作品」「成長の記録が分かる個人カルテ」などを添えて渡したり、思い出のスライドショーを流した後に渡したりするなど、子供が感動するような演出をするのも効果的でしょう。

また、ミニ感謝集会などを開いてありがとうの気持ちを表す場を用意し、丁寧に振り返りを行うことで、自分自身の成長や友達との関係の大切さなどを実感できるようにした上で通知表を渡すのも、1年間を振り返るツールとしての通知表の価値をいっそう高めることになると思います。

イラスト/松本剛

『小二教育技術』2019年2/3月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号